総集編/今更やる夫たちはキャラ紹介をされるそうです。
649 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 14:50 ID:o2FEpnIw
お久しぶりです。
最近キャラ紹介書き始めたんですが、キャラ多すぎて1話分の分量になってしまうかも・・・

まあ気長におまちください。時間もあんまりないんで。

650 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/21 17:07 ID:IehlQECo
把〜握

651 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 19:12 ID:o2FEpnIw
あかん、やっぱり長くなりそう・・・・

ということで、すこしずーつ投下していっていいでしょうか?

652 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/21 19:17 ID:RLsm14KE
いいともー

653 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 19:18 ID:o2FEpnIw


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

            ロマンシング・サガ/やる夫は皇帝ではなく 王様のようです

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






              総集編/今更やる夫たちはキャラ紹介をされるそうです。





               fミ.、
               ミ;;、:\
      ミ:\       };; ';.: ヽ
      ミヽ: :` 、 , -‐─L;;_ ';: : ヽ、
      ';. ヽ/´: : : : : : : 、: : ヽ: :ヽ` 、
       ゝ´: : : : : : : : : : : ヽ: : ヽ: : : :ヽ
      //: : /: : :ハ: : l: : : l:ハ : : :ヽ: : : ハ
      /イ: ://: :/ }:i: l: : :i:l: :}: : : ハ: : : : i  父上? ナニをさっきからやってるのかや?
      |:l{: l:{:l从i  jハノjハi从:} : : : !:!: : : : !
      i!li::从lrぅ示  ´f示テァ: : : |:|: : : : l
      j!|リ: :ハ込ソ   弋zソ|:: : : |:|: : : : :!
      l: : : :ハ  〈      i: : : :j:|: : : : ::| 最近地上に干渉できなくなって暇してるのはわかるが・・・
      |: : : :l人  マ ̄ノ  j: :,´⌒ヽ: : : ::l
      l: : : :||: :l>、`   イ: : i  , -┴─、!
      |: : : :|: : |: : :`ニ彡/: : 」'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:!
      l: : : :l: : :|:, ‐7´-/: : : |:.:.:.r‐──〈::i
      l: : : :|: : :f 〃 /: : : イ,'"´    /:::|
      |: : : :|r‐'´ア`/: : : /´|      /:{::::!
      l: : :r'´ ̄ ̄/: : : /  i     { ハ:::!
      |: : :|\,イ´:/: :/  }     // ∧:|
      l: : :l: ::/: :/: :イ  } | /   {/   \
      |: : :|: :{ : :{: :/{  ヽ | /   リ  「  ヽ
      l: : :l: :l: : :i: :{八   !'    {  |   \
      |: : :|: :|: : !: j :::\ j    :/  l     \
      l: : :|: :j: : ハノ :::|  7    リ   l     /´ ̄ ̄ ` 、‐ ._
      |: : :l: :jノ|   ::l  l     :|   !   /         ヽ  ` 、
      |: : :|: : : |   ::| |     :ハ  |  ./           ヽ   \
      l: : :l: : : :!   ::| /     { ヽ  l  /             ハ    ヽ
┌──────────────────────┐
 *女神エリス 勇者達の仲間だった狼/シルベン・ホロ
└──────────────────────┘




             ___
          r ,ニ-、. ,r―-、` ー 、
         r ´ /    i     i   ヽ、
         /  ,. !  '`j、0   ノー 、    i   干渉できないわけじゃないよ。
       l r'ー-ニー(__.ノ` ニ-―'' ヽ  .!
        !/ r三ニ  l  _三三_   i   !
        !l. `-r―‐ '''´ ̄_..........._ !   l  i   父さんと遭遇したら僕でも精神汚染されちゃうからね・・・
    ,r―、 l!  ヽ  ,r'´     /  l  i
.   !   ,トヽ.   ヽ !   _,/   / /   向こうがこっちに目が向かなくなるのを待ってたんだ。
    `ヽ'´  ヽ     ` ''''´     / ,r'
     ヽ   ⊂ニニrニヽニニニニ⊃、            ヒミツドウグ
      ヽ   /   ヽ!ノ    ヽ     ヽ   それに、僕が伝説装備出してあげなくても今のところ自力で
         ヽl┌――――‐┐ !   ,.ヽ._
         ! l         ,! l. `Y    !  みんな何とかしてるみたいだし・・・・
          lヽヽ _     _/ /   `!-- '
         l ヽ、 二二  -'     !`)
         j____.ヽ          .l´   今やってるのは、いざってときのために、活躍してる人達の
        (´     r' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
          ̄ ̄ ̄ `ー-----― ''´    記録を編纂してるのさ。
┌────────────┐
 *太陽神エロール/ドラえもん
└────────────┘

654 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 19:19 ID:o2FEpnIw


 ∨> : : \\/::::/::::::::::::::::::::::::::::.. :.:.:.:.:.:.:. \/: : : <∨
  ∨> : : :.У::::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. :.:.:.:. ハ  \: : <∨
  ∨>: ./::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ::l:.:.: l:.:.:.... `<∨
   ∨!;/::7::::/二ニニ=|==: ハ====ニllニl::.  ∨ヘ
   ∨ /:.:7:::::::7:::::::::: l:::::::|::| |:::::::.|::::::|::.:.:リ:::::!:::..  .|:::|
   / ∧ :{:.:.:.7 ::::::: /|:::::::|::|:. |::::::::|: |:从レ'!:::::|.:.:.:.:.. |:::|  創造神マルダーか・・・歯痒いのう。
   |:::/ ::::::::|.:.:ハ::::::: / .|:::::::j::|:. |l::::::il:::|:|ハ:::i|::V.:.:.:.:.:.: !:::|
   |:::{:::::::::::|.:.:ト::Nメ、 l::::::リ | |i川斗七~V:|/.:.:.:.:.:.:.:.l::::|
   |:::|:::::::::::::YリV ̄>-ト_.  -リvィチう寸.!:.:.:.:.:.:.:.:l::::|  お陰で、50年前のクローディアの時のように
   ∨!:::::::::::::::|ト/才たうァ、    ´V辷rリ ノ !:. |:.:.:. : l ::|
    ∨:::::::::::::::|∧_弋_ク'    ,    ー─'′|:: |::.:.:.:. |:::|  わっちも、ただのわん娘としてパーティーに
    ∨ ::::::::::::|    ̄´    l         |:: |::.:.:.:. |:::|
     ∨:!::::::::::ハ          , -‐v、    .l::::}::.:.:.:.:.l:::|  加わるわけにもいかん。
     |:::l::::::::::::∧     /    ハ  ./::V::::.::.:.:.:!::|
     |:::|::::::::::::|::!:\   /      .j/ :|::::リ:::::l.:.:.:..l::|
     |:::|::::::::::::|::l::::::`:>ト、     / Ll__j:イ.!:::::|.:.:.:.:|
     |:::|::::::::::::|::l:::::::::|:::_| ` ー '′ .| ̄7 .|:::: |::.:.:.:|::∧





                 ____
            .  // ⌒ ⌒ヽ  `\
             //|/’ |,\|ヽ    ヽ っ  いや、そこは自重しようよ。
        (( _/ ヽ ー● ー ´  \  ヽ っ
          ヽ  二  /   三     ヽ   l
            `ー⌒ー⌒ヽ、__/⌒ヽ  |   |
                  )      |  l /⌒ヽ  君神様なんでしょ?
          /⌒ヽ __(二二二)__ノ / >、_ ノ
         (( ヽ _ ノ`━━O━━━━/   / ノノ 
       .     \/ /     \     /



           卜、                  /i^}
             ト、_>、    ____     / / {/
           Vi\  >'´: : : : : : : : : : : `<  / {V
           V} >'.:. : / : : : : : : : \: : :`く {V  父上もあの頃は色々工作したではないか。
               ∨.:. : :/: : :/ : : : : : : : : ヽ: : :∨
               ,':.:.:.: /:. : /:/ : : l: : : | : : : : : ヾ\
           |:.:.:.: :|l: :/|: { : : j:|:. : :|: : l: | : :小⌒
           |:.:.:.: :|l:/<ハ: : ハ: :/|: /|: |:.: : リ  ちまちま暗躍するくらいなら、わっちのように
             /|:.:.:.: :|レ‐z必Y j斗z孑∨:.: :│
             ,': |.:.:/゙)lヾ弋rソ  :! 弋rソイl:.: : :│  力を封じて一緒に戦えばよかったでありんす。
.           l.:.:∨ ( |   ̄   ′  ̄´ |:(ヽ八
.           _j/    ̄¨ニマ⌒¨¨⌒rV-┴-ゝ ヾヽ _  
       __/│     _ト、`ー─‐一'才7      `く \_
    _「 ̄    {____/|- 个 、__, イヽ∧      │    |‐-- 、 で、今の勇者はどんな連中かや?
-一''´ |      ∨  |:.:.:. ト、      _ /.:.:.`‐ァ┬‐-/   │   \
    \    /l  |:.:.:.:.l==┐ r=≦《|.:.:.: :/  L∠._   /      \
     __>ー'´ 厶 ∧:.:.:.ト、 └='   │.:.:.,'   /  `ー'^ー-、     ヽ
二ニ -――ァ¬./.:.:.:| ∧:.:.| \      |.:.: :|  ∨ー─<_    \    〉
.      /.:/.:,'.:.:.:.:.| / l:.:.|         |.:.: :|  |  \  \ー─ ---一'´

655 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 19:20 ID:o2FEpnIw




    ───────騎士団領の人々──────






         /: : : : : /:./ : : : : : : : : : :,.: : : : :./: : : :/: /!: :':ヽ、_.. __/ |
        {: : : : /.イ/: : : : ,.: : : : : : /: : : :/: : : :,./: : :/.{: : : : :ヽ.``ー'
        j: : : : :'´,.-/: :,/:.:/: : : : : :::/: : :.イ: : : :〃/: : : }..} 、 : : : : ゝ.
       j.:.:.:.:.:./う{.:.:./:.:/: : : : :/// / :.:///: : : : .}.} : \` ^ヽ ヽ
       j: : : : { ,.-{: :/:./: : : / 、/'_ヽ、/:/ /ィ : : : ::://: : : : :`ヘ,、 、 ヽ
      ノ: : : : :ヘ 、 レ |/i: : :./   |ス心イヘ /イ: : : : ://: : : } : : : :: ヽ}\\
     ノ,: : : : :.:.:.t.ゝ  { {: :/    `"< !' ヘ j:: : :/ノ/ : : :./: : : : : : : i  ` `、
    '´/:/:, :.:.:.:ン `j   ヽ{           l: :/_'メ.j.: : :./: : : : :!: : :.j
    ノ:,イ.:{: :.:.:{   i               レ;;タ`》': : /: : ,: : ./: /:.!
   ',,ィ-{.:.{::::/|:|  ハ                  i ` /: : /.: : /: :./: /'|.j
  /  \::{ {|         iヽ、.     _」  /.:.:.:/.:.:/.: /}.:./ l:|
 -、      \   , 、     ヽ.、`ヽ,  ´ .イ:.:.:.イ:.:イ:.:. .:/ |/  リ
´  :`ヽ      `ヽ!  ヽ、    ヽ`"´ , '  // // |:.: ./  ノ'
: : :. ヽ       ` 、 ヽ、    , '´   '´  'イ r' ̄`ヽ、
: : : : `.         ヽ〈  、, <`. ー----、__   \   〉.、,、-‐'" ̄
: : : : : 、         ゝヽ  ヽ: : : : : 、ヽ.   \/::::/  ヽ::::::::,.
: : : : : .ヽ        / /   , ヘ: : : : ヽ .}   ヽ:::::/ : : : :〕/:::
: : : : : : ヽ      /  /   /  | : : : : } : :|    〉:::::ヽ、/ヽ::::::
: : : : : : :  、   /  /   /  l : : : : .l : .|   {:::::::::::(   ヽ/
┌────────────┐
 *騎士団領の新王/柊 蓮司
└────────────┘

 ミルザブール領主の息子。数少ないツッコミ役の1人。

 最初は旅の剣士としてのパーティー参入、というかワグナスのオマケだった子。
 しかし第二部で出自も完全に明らかになり、騎士団領反乱軍の頭に出世する。

 剣を両親から、術をミリアムから学び、反乱に失敗した父を失い魔物化の時限爆弾を抱え、
 国を出て長旅で冒険者の経験も積んだ、何この主人公的設定な人。
 そう思ってたら第二部の主人公になってたという・・・・

 ちなみに出合った女性と次々とフラグを乱立して、しかも特に回収する意思がない。
 そのため、必要以上に入れ込むそぶりを当初は見せていなかった。
 故にかどうか知らないが、発言にカマトトぶったところが見られ、散々叩かれることに。

 柊が叩かれるのは作者である私の描写が悪かったのだと、一時期怖くて続きが書けなくなった。
 でも元ネタセッションもあんな感じでNPCを落としていったのでたぶん私のせいではない。

 中の人のせいだと作者が開き直ってからは、次々と表裏の設定を頻繁に取り入れ、
 気付けば質・量共にやる夫を超えるハーレムを構築した。
 ちなみに母親のカリムが過去やる夫と関係があったようなので、やる夫と親子関係が
 あるのではないかという説が、一部において有力視されている。

 故郷に戻ってきてからは反乱軍を率いて戦い、ミリアムから火のルビーを継承。
 騎士団領を恐怖支配していた盟主ネロ・カオス=魔戦士公アラケスを倒し、新国家を築く。
 8人前後という嫁を迎え、今後増えていくかは未定。

 キャラの性能は片手剣士/火術使い。大幅に戦士よりの魔法戦士。
 七星剣を手に入れるまでは完全に極めたガーラルソード一本で戦っていたため、熟練LVが
 「武器系統ごと」ではなく「武器名ごと」であるシステム上、分身剣が猛威をふるった。

 同じ理由で、ずっとパンチで戦ってるやる夫同様、強い技を一番ひらめきやすかった。

656 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 19:20 ID:o2FEpnIw
            _   _  - ―― - 、_
          _⌒>`'´: : : : : : : : : : : : : : :`>- 、
         〈ー、/: : : : : : : : : : : : : : : :、: : : /:.:.:.:.:∧ _
         ∨:/ : : : : : : : : : : : : : : : :\: !:.:.:.:./<´:.:.:.:.`7
         /:/ : : : : : : : : : /\: :ヽ: :!ト、: ヾ;.:.:.:.{:.:.:}.:.:.:.:./
         /〃 ; : :/: : : :,ィ:/   ヽ: :トリ ヽ__' ,:.:.:∨.:.:.イ
.        /イ: :/: :/: : : :/ l !    斗!<´ \\:.:.\:.:.:\
        /! /!: /!: :ー/- iL_      リ   _ 斗ト,:`: r‐<ー≦
        〈_| l_l: :! !1 /__       ,.ィf{´::::。|リヾ-、!:.:.:〉__∧
.          レ'ヘ: l : ! {fキ≠=ミ      ∨:::::リ rヘ l`Y: : :l: : \
           `! ∧`、∨::::゚リ         ̄  、'_ノノ::/: : /: : : : \
           /!: : ヘ∧  ̄       __  ' ' '/  ̄l__/: :,.イ : : : : : : ヽ
          //l: : : : : ,ゝ' ' '  < ノ  /!,、/ ,.ィ≦-'、: : : : : : : :'.,   , -、
          // !: : : : :|! : > ‐ ---r ' //: : /./    ` ー-_..__ '/  ノ
         //   !: : : :∧: :l: : | /アl__/ ,./: :〃/      , ´, - /  /
        〃   l: : : / __L.!.ィ´,、/´>、_,//: ://! !      /  / /    .{
        /   /: : /´  /.:./イ⌒>'/.:.:.:.!: :/ l | ト、   ./  / '´      l
       /  /: :/ i/:.:.:7/`V /.:.:.:.:.:.:.l: :l:.:.ヾ!:l \ {  .|!   /`Y´∨ヽ
.        /   /: :/ ./.:.:.:.:.:.!':::::::l/:.:.:.:.:.:.:.:.!: !:.:.:.:.リー-イ丶!  i!  ノ ノ  |  }\
 r 、  i´Y    ! /  /:.:.:.:.:.:.:.:.l:::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.リ.:.:.:.:.:.:.:./   \ ゝ __ '   / /._ \
 ヽ \j |/7 /リ   {:.:.:.:.:.:.:.:.:.l_/:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./        ̄| !`T´`:´ : }\ ヽ
   ',   _>'´      l:.:.:.-‐:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.‐-.:.:.:.:.:.:.:.:./           リ  l : : : : /  丶_ノ
   ノ .//      ,イ.:.:.:.:.:.:.:.O.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./              / : : /
/ _〈  l     _/:/!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./             /: :/
 ¨´  \_>一 ´/: / !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
┌───────────────┐
 *ミルザブール軍司令官/柊 かがみ
└───────────────┘

 柊の妹。柊家長女。
 苗字でキャスティングを選んだが、意外に兄貴に似たツッコミキャラになった。
 開始当初からツッコミ役不足に悩んでいた蒼星石の心友。

 柊のいない間に、ミルザブール軍をまとめていたが、盟主たちの圧力に屈し
 クジャラート侵略軍の指揮官にされてしまった。
 本人は気づいて無いが洗脳を受けて判断力も狂ってたようだ。

 同盟軍との戦いに敗れたあと、ミルザブールを解放した兄と再開する。
 お兄ちゃんっ子だが、近親相姦に興味があるわけではなさそう。

 その後は、ミルザブール軍をまとめて盟主に立ち向かった。
 兵達の忠誠心はとっても高く、アビスゲートの中で都市開放をやってのけたほど。

 性能は片手剣/風術使い。さして目立たないが、HP半減全体技の空圧波が得意。


 ちなみに元ネタでは設定でだけ存在し登場しなかったNPC。

657 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 19:21 ID:o2FEpnIw
           ,/ `  !`‐r^ ̄ ̄`ヽ、
          , ' ,-‐(ノ--ィ^('、ヽ / , 、 ヽ、
      ,  '   ム_, ィ'^‐‐ヽr'^‐f'ヽ`}、  丶、〜♪
    , '    , ': `:l./: : :. :. :/: :. :`〜-lヽ    ヽ
.  /     ィ': :. :. : :|./: :i: :. :个: :、: :. :. :. :.ヽ    \
./    ///: :. :.V |': : :/|: :./ | ヽ:. :|: :. : :. :. :゙>、   〉
{    イ介VI:. :. :. :.V|/フ | :/ |  ヽ:|^ヽ: :. :. :ヽト   {
.ヽ,   //.j'|:.|: :. :. : :.Y: :/ レ  |  、ハ: :. : |: :. :.j、  j
 ∧ /./ /ゝ|: :. :. :. :.|≦ミj'  ノ  ≧ミ、\: :|: : : .|、\.∧
 { V ././/: :|: :. :. : :イ.ノ::ヽ     i.ノ::ヾ ド |: :|: :|、ヽ \l
 | ./ /./〈 /(|: :. :. : 《:|::セj:リ     |:ルi::}リ|.ヘ|: :|: :ト.\\ノ
 レ. // ./`|: :|:ヽ: : : `|ヽ-'     ヽー' ∧: :.∧ jヽ\>'
 ヽン.//ヽ |: λ:. :. | "    '   " {-|: :/ `|ヽイ
  `i‐ '   VW \:. |`丶、 _⊆フ_ , ィtf′|./    ノ
   .{        ヽド、 .ヘ---f  /jjリ  .レ   , ′
   `ヽ 、_     ヽヽ、 ヘ  { /ソ/   , '
       \   j  \ヽ ヘ  | /// i /
         丶/    ヾミ、| |///  .|'
┌────────────┐
 *偽「運命の子」/柊 つかさ
└────────────┘

 柊の妹。かがみの妹にあたる。
 文武両方ともダメで、しかも努力するのが微妙に嫌いなぐーたら妹。
 ジャギに自分の居場所を奪われたが、生活の保障がされていたので、
 特に行動を起こすこともなく隠れていたようだ。

 ・・・・というのは少々弄くられた彼女の記憶での話しであり、実はその間に
 盟主に捕まって人体改造されていたらしい。

 「運命の子」を作る、というかなり無茶ぶりな実験の唯一の成功例であり、
 ロマサガ3のラスボス「破壊するもの」を誕生させる母体であったようだ。

 ちなみに、そんな成功する筈のない実験の唯一の成功例として柊の妹が生き残る。
 あまりに出来すぎた結果に、やる夫たちは某神の介入を疑っている。

 ちなみに元ネタでは設定でだけ存在し登場しなかったNPC。
 第二部ラストバトルが魔戦士公アラケス戦だけでは味気ないと思ってたため、急遽
 最終決戦にて重要キャラとなった。

658 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 19:22 ID:o2FEpnIw
              ,  _..ニ二二二._ ‐- 、
         . ´,ィ´_/ヽ______`x.  ` 、
         / // /        `ヾ、   \
      /  .'   /  /          ヘ   ヽ
      /   ! ム{  lヽ  ヽ、 \!   ハ    ',
      //    ! !^∨ 込\_ト__ヾ、 |    |    |
  { { ./イ  /  N∠ヽ V才云心ヘ !    iヘ   ! } }
    /' .l ,ハ  iィんハ. \{ 弋j孑'" }|    |、}  .|
      !∧.| | 弋,タ////////// /.!    レ′  !
       .{ ヘ!. ヘ {//ヽ ___    /' |    |    !
          |  ヘゝ  く     )   |    ト、   !
          |   \u ヽ-- '     |    |.:.\ |
          ∨    |>.   ..ィ  .|    |.:.:.:.:.〉.!
         ∨  .!.:.:.:.:`千‐、 r―.!    !.:.:.:/ | ゚ O
     O ゚  .|   |__/  V  |    |__/   !
      x.::´ ̄|   |   ` ̄¨|¨ ̄.!    ! 7´ ̄`::....、
    /::::::::::::::!   !   〈´ ̄只 ̄`i\  ヽ./::::::::::::::::::∧
   /::::::::::::::::::::!   !    `7/ |ヘヽ.´  \  \:::::::::::::::::::∧
  .<二二二二ニ!  /     .//.:介ヘヽ    \  ヽニ二二二>
   ∨::::::::::::::::/ ∧   /!」::|.|.|::::L〉   /::::ヽ.  i:.:::::::::::::/ 〃
    ∨::::::::::/ ./::::::ヽ/:::::::::::|.|.|::::::::::\/::::::::::::. .}::::::::::::/
     \::::::{ .,′:::::::::::::::::::::::::!.!.!::::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::イ \
       ∧:::ヘ{::::::::::::::::::::::::::::::|.|.|:::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::!.  \
     ./ ∧:;八::::::::::::::::::::::::::::|.|.|:::::::::::::::::::::::::::::::::八:::::::::ト、    ヽ
    / / .∧::::ヽ:::::::::::::::::::::::::|.|.|:::::::::::::::::::::::::::; く― 、:::::!ハ    ハ
   ./ / ./ ∧::::::`:: ̄:::´::: ̄ ̄::` ー---::<´:::ヽ.  ヽ::!  }   /,}}
   /,イ{ / { ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}}::::::::}   }ノ} /  // {{
┌───────┐
 *柊の母/カリム
└───────┘

 ミルザブール領主の妻にして、柊達の実の母親。
 夫が反乱に失敗し、魔物化して息子に討たれた後、柊家の当主として
 ミルザブールを護ってきた。

 やる夫とは若い頃冒険仲間かつ恋人同士で、最終的には別れて故郷に戻ってきた。
 その主な原因が、やる夫が母子相姦して作った水銀燈の存在だったりしたので、
 微妙に心の底で母子相姦に興味を抱いていた模様。
 その結果柊のDTが失われるという結果に至った。

 柊が自分から女性関係で絶対に押さなかったり、妙にやさぐれてるのは、この人が原因
 かもしれない。ロックブーケ、薔薇水晶に続く自重しない母三人目。
 正体は作者の趣味と柊の中の人の趣味が手を組んだ結果生まれた、元々設定だけのNPC。

 ちなみにデス様と戦ったやる夫パーティーの一員だけあって強い。
 いまや世界にほとんどいない聖騎士(ホーリーオーダー)の1人で、剣・鈍器・術法を使う。

659 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 19:22 ID:o2FEpnIw
        /rヘ廴jl}ヽヘ≧ミ、                                      ____
       〃7rヘミヾ トヘ\ヽハヘVト、 _                             r‐─ '". : : : : : : : :`: : ..、
       {{ 〃¬ブ ̄ ハヽヘハ}トlヽヽ、ヽ\                          ,レ'′. : : : : : : : : : : : : : : : ̄`ヽ
       /l   )厂r三∨ノ}トNいVム }} ト、                        / ..:..:..:..:..:..:,:((: : : : : : : : : : : : :.:.:.:ト、
       /ト、ー=彡' _ノ从ハヘハヽ }小jヘWハノ/ |                     〃 .:.:.:.:.:.:.:.:.:,:':..:..\:.:.:.:..:.:}:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.l.:.:.
      〈人 二ニ彡ィイ小V}ハWVハ! }}!ト-く\/       →           // ,:.:.:.:.:.:.:.:.:/{:..:..:..:..:.ヾ:.:.:.; .:.:.:.:.:.:.:.:.'; :.:.:|
       /77Tエ下{トくハ示ミ、Vlトlハト!-、 X{        ←          //.:.' .:.:.:.:.:.:.:/いl.:.:.:.:.:.:.:.:.:|/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::|:.:.:.|
        〈小从ィ_ヽソ ^7__冰N ハ l|l  l{从!                     .:.:{:.:.:.:.{:_;厶lr‐|{:.:.:.:.:.:.:.:L;_:.:.:.:.:}:.:.:.:.:|:.:.:.|
         }川小-〉     }} l l N!}_ノ八ハ                     { ∧:.:.:.{:.:| i| |∧:.:.: }:.;ハ:l:.:「`メ|:.:.:.:.:|:.:.:.:!
         {ハハ人 `  _  〃ハノノ小7「}川l!                    八::..\:.':.L _,.ニ  }ハjノ/ 丿/ノ.::|:.:.:.从:.:.:.i
         V小、_>、 ´  // /イ///{リ小!リ}            .            \从ヽ` "´     `' =‐ノリ.:ィ'77 :i:.i
          !l川 lN }l>yイ」 / } ハ |lノlハNハ           .             |:.:. ハ ```   :    、、、ノィ / //!:.:|:.:!
          }ハ|从ムノ{ 川〉}/ 〃_八lNノ八从           .             |:.:.::八    r  ,.    / / //;':.:.:|::.:.
           l小{{ハ∨ノレn /'rrfァヘ!{ ノVハ          .             |:.:/.::i::丶   `"   . '゚ / /.'/.:.:.:.:|:.:.:!
         rf冖yくV⌒フ7しl | 八(   ` くノハ                    /|:.:.:.:::i::::rl个 .__ . /     ノ.:.:.:.:.:|:.:.:|
         〉r込rf弌 Zノ 丿厂 {∧       ヽヘ, -‐  ̄>‐┐          /.::|:.:.:.:::i::/ ','.   /      ,.イ:|::.:.:.:.:.:|:.:.:|
        └|{  }{hj/{{ くrノ‐¬} v┐  ∧ V/⌒厂   /  .         /.:.:::|:.:.:.:::i/  ','.   }  ー-rく卜」:|::.:.: .:.:|:.:.:|
          }トyヘ〃   V/    八 トハ ∧ ト、V∧  ノ   /          /,.. '|:.:.:.:::l'    ','.  {   ´ ̄|  |:::.:..:.::|、 |

┌────────────────┐
 *暗黒破壊邪神コスモス/赤羽 くれは
└────────────────┘


 ミルザブール騎士団長にして、元巫女。しかも柊の事実上最初の彼女である。

 しかし、他の嫁たちと違ってガツガツ押す肉食系女子でなかったからか、
 付き合って数ヶ月何の進展もなくいつも通りだったため、ぶち切れて別れた。

 その時の苦い思い出から、キャラを濃くしようと間違った方向に覚醒し、巫女さんから
 みずからを暗黒破壊邪神と名乗るイタイ電波キャラになってしまった。
 「巨乳で不思議ちゃんがいい」という中の人と作者が妥協しあった結果である。

 帰還した柊と和解・・・・というかよりを取り戻し、照れると素に戻るようになった。
 ちなみに、彼女と柊以外の騎士団領キャラは元ネタにおいてみんなNPCである。
 そのため第三部においても出番があることが確定。巻き返しを期待しよう。

 このスレではカリムの直弟子である聖騎士。ちょっとは術も使えるが基本斧殴り。
 しかも、後列に引っ込んでトマホークのような投げ斧技や遠距離でも使える斧技で
 固めている。
 従って閃きもそれに搾られた技ばかりになっている。

 余談だがファイナルストライク使える武器が普通に開発生産できるので、資金源さえ
 あれば無双できる。

660 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 19:22 ID:o2FEpnIw


           . ((-─‐-  .                   ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
         /   ゙`       `ヽ.              /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      -‐彡        {{         ヘ             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
      /        ハ __ .. -==ミ            l:::::::::::::ゝ−−−− ι
.      /     {  |  {  `T } ,ハ }    |           |::::::::::::)  ◯  ○ (
     {ハ /  l|ィ─|-{八.  },ム}-‐リ   |           ,l::::::::::::η  |||||||  ゝ
     { { {   | ィ‐-ミ  Vソ ,.-ミ.|    |           ゝ---η.   |||||||  ゝ
       `ト、,ハ,ゝヒrzノ      ヒrzノj  ハ/              /≦ ヽ .|  | ≧
.        | j} {⊂⊃     ⊂⊃イ /!              { l  l |* *| | l
.        |〃 人      __     ノ ‘. ∧              { .l  l .|  * | .| l
       /《    )≧- ,._,r‐<(   》 ',             /  l  l | * | l l
.      /  ヽr‐v'┐/|::::::::|\ r‐v'‐{.  ',            l ---l  l--  -l l
     / /  レ介vl::| 〈::::::::::〉 l::レ介v}    ヽ          |   `^^    `^
┌─────────────┐
 *柊の姉弟子ジャギ/緋室 灯
└─────────────┘

 柊と共にミリアムの教えを学んだスナイパー。
 ミリアムには大抵弓を持たせる人が多いし私もそうだったので、射撃的な弟子。

 師に憧れ、性的な目的で近づいたという設定から顔を仮面で隠し偽名を名乗っていた。
 もっともミリアムには完璧にバレていたようだが・・・・

 柊ばかり可愛がっていたミリアムを手に入れるため盟主の傘下に入り、アラケスの影として
 の力も授かっていた。
 その力を使ってなのかそれとも別のものがやったのか、人々を洗脳し、つかさの偽者として
 ミルザブールに潜り込んでいた・・・ジャギの姿で。

 ミリアムとHするためには手段を選んでないところがあり、柊には当初嫉妬していたが、
 後に柊と3Pすればいいじゃないという嫁たちの意見に感化され柊の女になった。
 なんだかんだいって柊のことは認めていた様子。

 性能は弓専門。一部格闘技も使える。

 余談だが当初出番はなかったが、第二部開始に一ヶ月以上悩んだ結果誕生した最初のボス。
 もちろん元ネタはミルザブール攻略のときのボスだが、少なくとも書くまでは普通にジャギとして
 殺られる筈だった。

 ジャギと柊に因縁をもたせようとして書いていくうちに、読者への受け狙いで中身を考えていた時
 急遽、嫁追加路線が電光のように閃いたという・・・

 丁度その前の>>1000で、今回登場するおにゃのこ全部柊の嫁ということ言った人がいたんで、
 あかりん参戦に喜ぶ人たちは彼に感謝するように。
 ちなみにおっぱい絵らしきものがあったのでエロに自重しない子になった。

661 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 19:22 ID:o2FEpnIw
                     〃     ___
                     {{_   ‐ァ'´      ̄ `丶、
                   ,r<{L '"          `丶、
                  /                   \ ヽ
                 /   '.                  ヽ '.
                / /   ',                  ヘ }
                ,′/      、     ` ¬ァー- 、 ヽ |    ',
               ′.′i    /丶、  ` <._`/__ \l ト、 } }
               レ' ! !   l  { `` …‐- ィf;心フj人 }ハノ\
               l  |{ j!   |,.斗ャ_'_¨      ‘y炒 ∨ l ヽ  \
               l  いl {   {  ,:fh心         }ノ .   ,.二二 . _ ‐ .
                '.  从ヘ  ヘノ{ゞ゙:炒’     ' _   . ,.  ´        `丶、 、
                、    \ト、  ´    ィ'´`} //                 \ ヽ
  ┏┓┏━━┳━┓┏┓ `|     | ヽ ::..      `' ┘' '                    . ¨"ニ=ー-.┏━━┳━━┓            ┏┓┏┓
┏┛┗╋━┓┣━┛┃┃  .|    '. `ァ‐个ュ .. __/ /                  '. ',_. . ┃┏┓┃┏┓┃           ┃┃┃┃
┗┓┏┛  ┃┣━┓┃┃ /| |   ∨   kメ之z-辷  ′        ,. '"¨ ヽ         '  ─- ミ 、 .┗┛┣┛┃┃┏━━━━┓┃┃┃┃
┏┛┗┳┓┃┣━┛┃┃/ | |     \-‐く,____{ {         {{     }!        } }`丶、 ヽ┏┓┃  ┃┃┃        ┃┃┃┃┃
┗┓┏┫┗┛┃  ┏┛ /  | ト . _     ` ー…─- , .          ゝ . _,ノ          . ,′   ヽ |┛┃┃  ┃┃┗━━━━┛┗┛┗┛
  ┃┃┗┓┏╋━┛ /   | !  { ̄//¨ア7¬…ー- .'                      / 厶     |  ┃┃┏┛┃            ┏┓┏┓
  ┗┛  ┗┛┗━━/ /l  | !  {/////////////, ∧ .                    , ' ′ \     .┗┛┗━┛            ┗┛┗┛
            / / |   |     {/////////////// ヘ.  、            //\    ヽ
           . {  { │  |   /{//////////////////>、 丶、        ,.  '′く.   ヽ   }
           . ヽ ヽ│  |  〃 l////////////////////ハr .`¨二二´ r "////\   }
             \ \  | /   },///////////////////{{込、     └┐//////\ノ
┌────────────────────┐
 *バイゼルハイムの魔女/ミリアム・アンゼロット
└────────────────────┘

 50年前に破壊神サルーインを倒した勇者パーティーの一員。グレイの最初の仲間にして世界最強の火術士。
 バイゼルハイムの魔女の名を継ぎ、町とともにルビーと聖剣を護っていた。

 事実上バイゼルハイムの主として君臨していて、4人の弟子をとっていた。
 ちなみにかなり奔放な性格で、弟子も容赦なく喰っちゃう女傑。
 特に柊はお気に入りで毎日好き勝手調教していたとか。
 それ故に柊にルビーを継承すると発表したとき色事絡みだと皆に勘繰られ、実はその通りだった。

 盟主君臨後もバイゼルハイムの独立を保ちアビスの者達との戦いを続けていた。
 ワグナスのバイゼルハイム帰還時にルビーと聖剣、そして王権をワグナスに返している。
 戦争終了後は柊の妻の1人におさまり、バイゼルハイムは以後も彼女によって治められている。

 ちなみにルビーの力と術力を用いて若さを保っていた。
 今後は普通に老けていくのではないかと思われるがどうだろうか。

662 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 19:23 ID:o2FEpnIw


           / ,1ヽ /  /    / /  /    ヽ ヽ ヽ
    r-、      メ| i. V   く  / 〃 〃   |! !  ',  ',ハ
    └- \   く. i _ゝ  /シ_></ //  / ! l!   !  |! !
       `ヽ  /V ,'   rf7 ̄:::ト< / / |! / !  i}  l l !
 ‐- 、     ィ⌒`ト{V i    { i;;;;;::リ  >'/  _,.!=ヒT´/ | / リ
 ‐-、_\  〈 ー- .._ | {   !ゝニソ /'´  /:;;;;リ ,)lハ ソ ノ
    `ヾゝ、__二=ー- | 1   ! ヽヽ,. - 、   ( ;;ソ / ヽ \
      ``=ー_ ''T「 !  i|   /   `7  `` ∧  ヽ、ヽ
     ,.ィ::´::くく:::::`ヽト、i   !ト、 {     / _,. '゙ ヽ   トい
.   ,ィ _;:::::::::::ヽヽ::::::ヽ::ヽ l L`ヽ、.__,ノ ' ´ _,. - 、_ヽ   i ヽ!
  〈_, ======= 、:::| リ ニー- / -‐<::::::::::::::::`ヽ  !  i}
  ff:::::::::::::::食::::::::::::::::::l| /ヽ!_,... -ヾ介ヾ-...ヽ::::::::::::::::::ヽ } ノ
  |l::::::::::::::::仆::-、:::::::::::l|V /          ヽ::::::::::::::::::V
  |l::::::::{{_:::frくメ、)::::::::l|レ     _,... --─- 、ヽ::::::::::::::::}
  |l::::::::::::ヾリ:::レ,´:::::::::::l|    /  ,.ィ|! 、  ヾ::::::::::::/
  ||::::::::::}三三三{::::::::::l|、 _/   /  l! ヽ   i::;:::::く
  |l:::::::::::::::}k !|::::::::::::::l| T  、  、   _,. ,. i}://
  ||:::::::::::,ィ| 刈Y:::::::::::l|  〉、  ヾヽ ヾ  〃//|:::::/
  |l::::::::::(:::|!  !|ノ:::::::::::l|_V  `ヽ、._ ヾヽ!シ / i|_,.::{
  ||::::::::::::::|!  !|:::::::::::::!|  \  _,....ニー-r'-=- |::::::l!
  ヘ::::::::::::::ヽ 7:::::::::::::7i    i   -'"イ | l!ヾ !::_,..ゝ_    ,.-、_,....,_
   ヘ::::::::::::::::::::::::::::::/__>r────‐ ┬┬‐‐T// r=> 、__く//   \
    ヘ::::::::::::::::::::::::/  /        i i   Y ̄`ヽ  r '7 /    / }
┌───────────────────────────┐
 七英雄「剣騎士(セイバー)」 バイゼルハイム建国王/ワグナス
└───────────────────────────┘

 バレンヌ帝国と戦った伝説の七英雄のリーダー。
 実はミルザの相棒としてサルーインと戦った女騎士。

 七英雄の伝説が歪められたものであり、ミルザと共にサルーインと戦った勇者である
 ことが隠蔽され、最大の被害を受けた人。
 世界を救ったあと同胞に裏切られて地獄のような人体実験の犠牲となり、女性として
 の尊厳と英雄としての矜持をズタズタにされた。

 復活後、その憎しみの矛先はミルザに仇討ちされ滅んでいたため、行き場を失い、
 腹いせに世界を滅ぼそうと本気で考えていたところがある。
 全ては創造神マルダーの手駒であったボクオーンの掌の上のことであったが・・・

 バレンヌ帝国との戦いに敗れたあと、世界再創造に巻き込まれて再度復活。
 その後もボクオーンに扇動されるままに暗躍していた。
 しかし、旅の途中で出合った柊に惹かれ、フラグを構築しておきながら叩き折る彼の
 素行に腹を立てて自らの不幸フラグを叩き割り、嫁の地位を確立した。

 ある意味創造神ざまぁwwwの象徴たる人物。
 作者もワグナスを娶って仲間にするときは元ネタの時も最初予想してなかった。
 全ては柊・・・の中の人のおっぱいのある女騎士に対する情熱の賜物だろう。

 騎士団領攻略の功労者でもあり、妻として自分の王権を柊に譲渡した。

 七英雄としては文武両道の最強戦闘力を誇っており、武術のみではノエルに劣るものの
 ロックブーケをしのぐほどの術力も有してるため手に負えない。

 勇者側に返り咲いてはいるが、長年世界の敵として君臨していたためか、七星剣を変形
 させる術を失っている。そのため七星剣は柊が使うか共同使用することに。

663 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 19:23 ID:o2FEpnIw


           ./ /  /       、    、   \
          / /  /  /  ∧  | ', 、 ∨     ハ
          | ,  ; / /  /  V l  ! !  |  、 ヽ |
          |   l | | ハ _|_|  |_」...」 _| |   :| |
          |   | |:イ:「ヘ∧|   j/l /l./「  |  |  |∨
          |   | | |Vx:==ミ   r=ミ l /|  | ./
          |   | トゝ′     ,    ノ/| |/|/
          |   | |ヘ、     __ _    ハ |
          ,r‐‐'.| | }\       /.|  .|
         /   | i ハ > 、- イ  /|  .i``'‐-.、
         |   / //:::ヘ__ィエ、.  /: |  .ヘ    ヽ
         |  /  /::::::f´/i.i\`'ォ :::: |   ヘ.     |ヽ,
         ', /  /::,.‐'.`¨ 八. `¨ヽ:::::|.    ヘ    |: :ハ
        ./:::| ../'´          ヽV    ハ.  ノV: :i
        {::::〈 i /                 V  ./ル:'´:::::ノr‐:,-、,__.,_
        .\ルイ       ,       V. レ':::::::::::/f'¨´ _ ,、-‐ '
          i::::|      /。        |V:::::::::/:::\    、ヽ
          .Vハ .       i           ハ:,::イ::::::::::ゝ,:\ヽ \ヽヽ,
          ヘ.iゝ、_.   i         / /:::::::::::::::::::/  `'ゝヽヽヘノ
           i:ゝ、ゝ,`¨`''''''‐‐----‐''i´ノi::::::::::::::::/   |    ゙ゝソ
           V:::::``'‐f‐‐‐-- 、, _ ,、' .|_ゝ-‐,'"     |
            V::::::::::::::|⊂⊃    ⊂⊃i >,\ |ゝ、_   ,'
            V::::::::::::|             ヘ__}:::ヽトミ/ ./
            ∧:::::::::::|           ハ--,::::ヽ: : :レ
            /::::V::::::::iゝ、       ,、 '.i-|:::::::::|ル/
           〈:::::::i::::::::::i   `'   - ‐'  / リ::::/i
            .トリ::::::::::ヘ       /`f /´ ,'
            |.〈::::::::::::::/'<-、_,、-‐'"r‐'::/   ,'
            | /ゝ::::/i`‐'ゝ-‐'‐ァ‐'--'´   ,'
             f./i i n. | ゝ、,__,、‐'        ,'
             ~i i i. i. i i.   | |         ,'
              V_i./ .゙' __,.|..|-、,__,、-.,'
              i         i..i.        ,'
┌──────────────────────────┐
 *サルーインを倒した英雄 バルハル族族長/シフ・フェイトたん
└──────────────────────────┘

 アルベルトが最初にモノに・・・・もとい、アルベルトの相棒として50年前サルーインと戦った蛮族の娘。
 当時は幼女だったが、純真無垢な生活ゆえに色々とたぶらかされ、世界を救って故郷に戻った後、
 彼の子を産んだ。
 その子供こそが、シグナムの父親となる。

 しかし・・・・アルベルトは子供を認知しなかった。
 その後のアルベルトの豹変ぶりにどんどん愛情を反転させて憎悪にかえていったようで、
 一時期は本当に荒れていたらしい。
 アルベルトとの間にうまれた息子を性的に虐待するようなことがあったとかなかったとか・・・・
 海の魔王(ぬしさま)なのはとは、荒れてた頃に戦って友情を育んだライバル同士。

 オブシダンソードの使い手で、術士というわけではないが邪気の運命石に精気を吸われ続けて
 成長=老化が極端に遅い体質になってしまった。
 次第は性格はまるくなり、新しい恋に次々とトライしては逃げられることを繰り返していたようだ。

 しかし、アルベルトのことはどうにも許せず、いつか殺そうと今も虎視眈々とその命を狙っている。
 シグナムにオブシダンソードを継承した後もやはりトドメは自分は・・・と思ってる様子。

 テンプレ主人公的なキャラクターにどうにも弱いらしく、今は柊の嫁の1人として騎士団領に移り住んでいる。
 過去騎士団領の危機を何度も救った実績があるので、住民達には崇拝されているようだ。

664 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 19:24 ID:o2FEpnIw
                        ,
       ,1                 /'
       i i _          / ./
       ! ヘ ` 、ヽ.          / ./
    、_,. -'ーヘ,,_ 、i ヽi! ,      | ./  ,. -‐,. >
   /__    `   !V  ̄ ̄ヽ,| ,レ'",.<
   ´ ̄ >'"´ " ,,    、 ゙ ミV/ `丶 ヽ
.    /  /, ´  ,;  、  \゙ ヽ`ヘー、   ヘ
    /  / ./ ,_.!| i ー、-ヘ i  i.∧ ∨  ヘ
.   i /i   i 7|  |丶ト、 \.∨   ! |   |! i  i
.   i/ / | . /| i ===、 ゙ ====トリ  ,i リ  |l |  |
    / i! /,ヘ ト´ト'::!   ト'':::i ! , / /   |! .|  !
    !  ヘ|/∨、!|!,ヘノ///∧ノ/ノ/,,/'     | |  |
    i   i  ∨ヘ!、   、  ./"<      | |  !
    |  .|   \! ` 7ラ》ール_ーi o,i.    | | .|
    |  i!    /  〈=〉rレ'!|〉,丶,ノ、   | | .!
     !  !   ゚    i7'V|K〉〉フ''  ヘ.  .| | !
     ∨ヘ|      (_oラ||ヘioノ。>ノ  | レ'
      \!`     ,イ゙ノ,;\くゝ´三i   |/
       \    / 〉''" \, ''"  ヘ /
           /、 //゙ 。 "ヘ   。i
           └'7ー! ̄Vー' ├一ヘ'!
             L_/ヘへイ ̄7`^\!
             V      L_/
                  レ'
┌───────────────┐
 *海の魔王(ぬしさま)/高町なのは
└───────────────┘

 バレンヌ地方(今でいうフロンティア地方)とローザリア地方の間に在る海の魔物を統べる主。
 世界最強の海洋生物として怖れられていて、アバロンとはバレンヌ帝国時代からの付き合い。

 その正体は、古代人。
 古代文明において最年少の天才研究員であり、その能力故に研究所長であったボクオーンの
 片腕として、七英雄の人体実験の助手を任されることになった。
 しかし本人は余りの非道ぶりに協力を拒否、七英雄を妬むあまり狂気に足を突っ込んでいた同僚
 や上の人間達に吊るし上げられ、自分も人体実験の素体として扱われるようになる。

 七英雄スービエですら合体の叶わなかった最強の海獣・一角鯨と無理矢理合成させられ、自意識
 を消滅させることを目論まれるものの、いろんな意味で覚醒し、研究所を破壊して逃走。

 その後海の魔王として長く君臨していくこととなる・・・。

 いつでも鯨型にも人間型にも変身できるが、戦闘力はさして変わらないため、街中では鯨になる
 つもりは一切ない。
 その圧倒的パワーから繰り出される槍技の威力は並のボスならば一撃で昇天するほど。

 ちなみに人語を普通に話せるため、バレンヌ帝国時代一部イベントがカットされたという。

 今は騎士団領に娘を呼んで、柊の妻として一緒に暮らしている。
 余談だが彼女の存在が騎士団領の、娘の存在がアバロンの、それぞれの領海の平和を長く
 護っていくことになる・・・。

665 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 19:24 ID:o2FEpnIw
                                /}
        ___ __, -‐'"  ̄ ̄ ̄`丶、  /::::/
      〃´ ̄ ̄ ̄>'             ヽ/::::/
    ___   /              //  ∨-―― - 、
  /:::::::::::::::::::\/        /    Y""""ヾ/:/ヘ}<⌒\ \
.     ̄ ̄ ̄ ̄>/ '   /   |     l |    ∨j ∧:: \  ヽ l|
       /, イ :/     |  | /| j  l | '⌒ヽ  Y/ 小 :::::|   | l|
      / / |/| |  | l|/l⌒ | ハ リア斥ハヾ、 K/│ \|   | l|
     | l|  jl│ l  ハl|〃ア斥ハヘ∨ {!::::⊂ }シl  } |       |ノリ
      | l  r┴< |!l: V{ {!::::⊂   弋rク    | ハノ│
      V八 ヽ   ヽ.  \弋rク       イ /{{ l |
    .   ヽ{\\  \ >\  ー'  ,.イ  |)) |
            >、 ___ヽ_/  「 / ⌒ヽ  _((_.八
          -─ァ'       ヽ 丱      Y|/八
       / //    ●   }/      ,.. ! 八|
      / /  { ● r- ┐   /      /=‐ 〉 |
       ̄   八  ヽ._ノ /        / :  l
           />  ___/    (X) /   :. |
           | __,ィiノ 〈/l/l (X) /    :. ├─--- 、
           |/八  {从>、.」/l_/     :. ヽ: : : : : : :`ヽ、
           >'⌒>ァ-rヘ._}::: ̄      :.   ト、: : : : : : :_, >
           /  / /  !        < ヽ、  ! `ャァ‐r<´/
           〉一'  {  |      ー--=ミ>、\:}:::..i    }'
      .    {     ゝr '              ̄ ̄`く    |
           〉、    {{               ___.>rノ
      .    /、_}_    \             \/` っ
          ト、    (:::::)ヽ         |\/   ⊇
           \/|     ノ》        |/`ー-、_つ'
            \!_/\「 イ \ /\/ヽ./
              ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┌──────────────┐
 *魔王(ぬしさま)の娘/ヴィヴィオ
└──────────────┘

 なのはの娘。
 なのはが魔王(ぬしさま)として君臨していた時代、一度恋に落ちて生まれた娘。
 その時にバレンヌ帝国の皇帝が一度代替わりしたという・・・・。

 潜在能力は母以上で、その力を見込んだスービエにバレンヌ帝国時代から狙われ続け、
 何度か捕獲されて悪戯されているものの、同化法までは至ってないようだ。
 年齢は相当だがまだまだ精神的に幼く、自分よりも見た目小さい子供との交流の経験は
 ほとんどなかった。
 アバロンでの暮らしは本当に楽しかった様子。

 騎士団領に移り住むとき、やる太と将来結婚する約束をして惜しみながら別れた。

666 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 19:24 ID:o2FEpnIw
"//;; 彡,、-ー''ア:;、-'/:::::::::::\\::;;、-'7三三 ヽヽ;);/ ̄/_ヽt
从从iii:ノ  ////了;;;;;;;ミ));/ /彡ミミ::;;-ー―" __/ヽヽ
:::::::::リイ  i::/ / / /;;;;;;;;;;;iiiii)/ ,r',,,,,、- ァ/-z''"  /iii从;;;)) |
//;;;/:|  ノ:ノz''"// ,,、-ー ''"  ,、-ー''"::|;i/// /从从;;;;リ|  ヽ
i;;;;i;;;;リ /;;;、-''了  / ,、z''"/| /    :リ;|/,,;/ /イii|/\从从
iii||;;;;i   ,、-ー'i|  "/ / :/ /     /リリ/;//从:::~'-/;;、-'/
リ|ii|/ 「"、リt i|ii|i  ノ /ヽ:/ /  ノ  :{;;| :|ii|从i|;;、-''|;;;、-",、 '从
リリ/ /、,リノ;;|''|;;|ー-|/----レ------ ーリ;;;|''||ii从リ,、;;;;/ /从从
:::::|  |ノノ人ソ''|リ+::、::,,_o;:;:'、o;) ,,、-ー|;;|i|'"iii|从从;| /ヽヽミミミ
:::::|/彡ノ リ ノ ノ ー--、 ̄ ̄ ̄ノ:::::::::t;;tヽヽ、;;ミミ;レ"ヽ、ミ三''ン;;
彡"从从ノ ノノ    ヽ~ j::::( r'  `ヽミ、,,,、='}~'-、、ミ三シ<":
彡彡イ/);;;~"'''ミz;;;;;;;;;;__iz-ノ人t-;;=ニ、ニ,-ーヲ;;;;;;;;;;;;;) ̄ 、;;;;:::::::::
>''"//;;;;;;;;;;;;;;`'ー`=´-''rミ:ァ了彡:~''''''i''ア'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽヽ 、'ー、::::
;;;;;;;;;/|;;;;;;;;;;;;;;;;'''''了""":(ミミi|:::j:::彡::::''"ヽj'''"  ::;;;;;i|ミトトミ ::::::::::::
;;;;;;;;;/|;i|;;;;;;;::::::  |}  :::::(ミ i :|:/リ::::、 ||   ::;;;;;从~'-、ー、、、、r'"
;;;;;;/ |t;;;;;;;;;;):::::::::ij:::::::::::i'⌒ :j :}:::''"ヽ::::: |j   :ノイ;;リ;;;|从::::::::::::::::::
;;;;/从i);;;;;;;t'、:::::::::|i:::::::::::'ー:、( )'"~´  リ  :イ/;;;;|i|i||从ヽヽヽ;;ヽ
ノノノノ;;;;;;;;;;;;t';::::::::::},::::::::::~''ー、;;;/    ij  :::/::|;;; || i 从:::;;;;;;;;;;;;;
 从;;;;;;;;;;;;|;;;;;;'、::::::::ij:ヽー__ニ三三'''=ー''ノ  ノ::::|;;;|i||ii t从;;;;;;;;;;;;;;
リ;;;;;;;;从;;;;j::::::::::ヽ::::::i|::::~ 、" ̄ ̄ ̄"::::ノ  r'::::::リ;;r、(((ヽ't;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;;;;ノ ;;;;;;;|、::::::::::::ヽ:j ":::;;、 '' ~~""ヽ、ノ:::; '::::::::/;;/从ヽヽヽヽ;;;;;;;;;;
;;;;;;/イリ;;;;;;i、_::::::::::::::::ヽ::::(       /::::::::::i;;;;从ii|ヽ)))从);;;;;;;i|
;;;( (i|;;;;;;ヽ、,,,::::::::::::::::ヽ;;:::''''''''''''''ヽ/:::::::::::::::t;;;;i|从ii|;;;))''ノノ、;;;;;;
┌──────────┐
 *天才錬金術師/アミバ
└──────────┘

 かつてトキを名乗り、ミリアムの弟子として錬金術の全てを極めた男。
 騎士団領では大成功し、さらなる夢を求めてアバロン開発室に自分を売り込む。

 しかし、「開発」と「錬金」は微妙に畑の違う分野であり、それを理解せずに錬金一本
 でゴリ押ししようと躍起になり、結果を出せないことに苛立ち暴走。

 ついには、やる太王子に「力を2倍にしてやろう」と人体実験を持ちかけたため粛清された。
 なんとか生きていたようで、その後は盟主に自分を売り込み、侵略の尖兵となる。

 やる夫達に負けたあと、反省と教育のために開発室に入れられ、カズキや蝶野の下僕として
 タダ働きさせられている。

 ちなみに、やる太は命のピンチをなんとか乗り切り、2倍になった力で幼児でありながらゴブリン
 くらいは倒せるようになったという。末恐ろしい将来性の立役者。

667 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 19:25 ID:o2FEpnIw
                     \:::::::ヽ    l:::::l   !:::|.   l:::|
                        ヽ::::::ヘ   l:::::|  ;::::|.  }:::l
                           ',::::::ヘ _ 」::::L _/:::::}.  ,'::::l
                        , ゝ::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:: >' 、/ :::;'
                    ∠:::::iレ:::.:...     ..:.:.::ヽ/
                        /   .:.::゙::::.:.:.:.:..    .:.:.::::::ヘ
                   /.........:.:::ll:::.:.:.:.:.....:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:::::ヘ
                    / __ /~ゝ、::::_____ .:.:.:.:.:.::::∧
                      {::∨//.会目会 Y///∨-、.:.:.:::::;::::ゝ、
                   ,イ:::::∨/∧,目ゝ,////∨ゝく::::::::/::::〆..`‐- _
              ..,ィチ:} l (_jゝ=ニi目/ム== (_ )( _ソ:::::::/:::..     > 、
.             .. < ::::::::::::| tー ( ( Y⌒) ) )ソ -‐=‐」::::::/:::::::.......       ヽ
           /   :::::::::::::::{ rー==ミ'ー彡ィ-三二 ̄ヽ.:::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.....    ヽ
          /................::::::::::::::ム.ヘ弋竺ァゞY ヒ"゙tァテミ ,-ヘ:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:...   ∧
       / ::::::::::::::::::::::::::::Y⌒ヽヘ::: .:.:.| ゙'´ }:.:.:. ̄  { ,込:.ヘ::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.....   |
.       i :::::::::::: _ 三 ={ !{`王ヘ::: .:.:.| ....ヽ:.:..  人|i王}::ゝ丶ー ‐-- _ ::::.:..    |
 .      { ::::::::::∠ __ ゝj`王::∧ :.: ゝ:.レ′ 丶   l王!::::_::::::.:.:.:.:.ヽ ‐-) :.:   ∨
  _ -‐≠込  :::人    _  レi`王::::∧ 'r ‐‐-- 、  :.:.∧}王|:人` ‐ ..._ >'´    /
ィチ /´   > ..  `‐ _〆//lヘ_〉ー'::::::ト, :.:. ̄.:.:.:     | ゙  }:.:... `< ___ ..イ
 ) 弋         ̄  ∨ ゝ__ ノ`':.:.l i  :::    ∠ゝ _.ノ:.:.:.:.>´       ,ト - 、
く _  ゝ ___   -〆 . . : : : : . :.:.:.} ゝ __ /.:.:.:.:..  >' ´        /: : :  ヽ、__ -──-
  )  r ‐-、    >'´ : : : : : : : : ::::〈  :.:` ;:.:.:.:.:.:. > ´               ,イ: : : >チ´v'´ ̄
┌────────┐
 *鋼の後継/ラオウ
└────────┘

  拳王を名乗り、格闘と火術を極めたとされる柊たちの兄弟子。
  またモグリの高利貸も営んでいて、彼に逆らえない人間はとても多いという。
  柊のルビー継承を認めてはいないが、されとて盟主に尻尾をふるということも矜持が許さず、
  バイゼルハイム軍を率いて盟主と戦い続けていた。
  この町が盟主の軍門にくだらなかったのは彼の手腕によるものである。

  ルビー継承の儀で柊を認め、以後は彼の力となることを約束する。
  今は騎士団領に燻る領主の残り香を叩き潰すために意気揚々と暴れまわっているようだ。

668 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 19:25 ID:o2FEpnIw



        /   /       {i                ヘ     ',
.       /   /        ヾ          }     ,   | !    ',
.       ,′  ,′    /           }   |    }  | i   、 ',
      ,′   {      ,′  {       ,ハ _,.斗ャ '7 /    i  !   ′
.    イ /{  {   {  {    八{     r/7「厶r‐ぅ-ミ/    ,′ ! i  、 }
     /,ハ      ,   -─-_-ミ八   /リ '゚ {ト  ノリ ”ノ}  /   ! ヘ  \
     {{ ',  i    '  ヽン'7¨゙`'ト \从'   弋;r少   从/     !   )   丶、
        '. i    {\lハ{弋 rzリ        ´     イ    } ,ハ     ヽ
        ヽi   l八 ヘ   ' ¨´  ,            ノ  ,′ }`ヽ 〉   \  ',
          ヽ \`ト 、      `           /  /   八 i )    \}
          从  ノ ,ハ       <´_ ̄′   /      .イ  `Y ) `ヽ  ヽ
.           丿 /    ト .            〈   _,ノ=イ 乂  { 人    〉  )
            {/       丿 |l  .._     _,. :ヘ   \___」厶ハr=小、─-ト 、, jノ
         〈(    ( /  〈j   ,> r‐ ´  __\____   }レ' ト、 `¨´ リ{ し
            \    `ー┐ ヽ (  |厂 ̄       丿 __ノ`ー┘)`ー-‐'′乂
             `ー-ァ   /「 ̄\─- /        く 厶 -‐ "´ ̄`丶、´
             川/   /八   ヽ /   _,l二ニ彡'  \          \
            jK _,厶 -‐> rヒ{丁\<                     \
              厶‐'\  // /介 、 \ `丶、    -─‐             ヽ
         /    / /  イ│| |\ 丶、  }ヽ                     l
        /     { レ'゛ /〃│l l  \  `¨ /     ヽ              |
          /       \/ /  ノ│ |ヽ  `ー--く       \             |
┌─────────────────┐
 *魔海侯フォルネウス/ベール・ゼファー
└─────────────────┘

  四魔貴族の1人。影ではなく本体。
  アラケスの地上出現とアビスゲート開放に呼応して、面白そうだからと地上に出てきた。
  ボクオーンに協力したり、クジャラート侵略を画策したりと、色々暗躍しているが何処か
  抜けていて、結構簡単に企みを阻止できる。

  目的は「自分がアビスの頂点に立つこと」と「地上を手に入れること」の二つ。
  とてもシンプルな行動指針だが、寿命が無限にあるので、失敗してもいいから何でも
  やるといった暢気なところもある。

  事実今回の失敗もさして痛手に思ってないようで、大人しく魔女の塔に封じられているようだ。
  ちなみに力を奪うために色々とヤられているが、このまま柊の愛人になって子供でも出来れば
  戦力アップかも、とよからぬことを企んでいそうだ。

  なんにしても、四魔貴族の本体が立て続けに魂の消滅レベルで倒されてしまっているため、
  唯一残った完全な四魔貴族として、アビスに君臨していく目的は達成した。

  しばらくは満足して大きな事件は起こさないでくれると、人類としては大助かりである。

669 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 19:25 ID:o2FEpnIw
                         /{ ィ^ ー‐‐‐ ァ
                    ⌒>`Y        <__
                   / . . :.:.:.:.:.:.:.: : : : : : . . .    ` <
                 /. . : : :./.:.:.:: : :!:. : :.:. : : . . . .    `丶、
                //////.:::/.::::l.::ミメ、: :.:}.:::::::`ヽ : : :く⌒
               ノl. . .:.:.:::::////:::厂`丶`ヽハ::::::::::::l::::ヽハ
                ノ. .:.:::::::::::::::::::::::::,:」`ヽ  \  `ヽハl::::l:l:::::ト、
               イ. .:.:::::j`ヽ:::::::::/  ノ `≧:x、\  八从ハj
               |. .:.:::/ ^ヽ }:::/  ⌒ヽ {「 o`ヾ:.、 \l  /
               |: : :.:| こ( 〉'    {  } ゝ==- }::ハ ノ ノ {
               jィ. :/{ ヽ } }:::::.、)人ノノ 厂   ⌒゙゙ 、___,,」
               /}:/ \ゝ'   // / /:::::...  ノ⌒ Y r''"´
             / / / /ゝ  /    二ニ=彡 ヽ.  ||
    /{「三三三三/{// / / 八.:::/  〃´      _   ||
   ///,||:::::::::::::::::::////{ /{ /  ヽ  / /   ̄ `ヽ、r‐―┘
  ,////,∧::::::::::::://从{〃{ // / } ` く //  `ヽ「
  //////,∧::::イ////ハ//V/ / / /   \< /    /´
 ////////∧///////ハ//从〈 ノ / /   /ヽ.__j
 /////////∧/////人ハ//ハ/{/{/{/  /////∧:::ヽ
 //////////∧////イ{/∧//∧{/{/{/イ`ヽ;'///∧::::::.、
┌─────────────────────┐
 *魔戦士公アラケス 騎士団領盟主/ネロ・カオス
└─────────────────────┘
 世界再創造に巻き込まれたとき、手違いで騎士団領内で再生されてしまった四魔貴族本体。
 復活後、瞬く間に騎士団領の軍をなぎ倒してこの地方を掌握してしまう。

 自分が戦ってきた連中と比べてあまりに「弱い」この地方の人間達に絶望し、強者を求めて
 領内を出ようとしたところを、マルダーに一方的ともいえるほどの実力差をもって倒される。

 しかし、マルダーにトドメを刺されずに呪縛を施されて放置され、その屈辱を晴らすために領内で
 様々な試みを行っていた。

 強者を求めていたのは、自身のレベルアップのために強い相手と戦いたかったことが理由の一つ。
 あとは、自分が戦いで倒されることで「破壊するもの」と同化する可能性に賭けていたからである。
 そのため、反乱は適度に叩き潰してはいたが、あえて放置していたものもまた多かったようだ。
            ミ ヅ チ
 柊たちに施した魔獣化侵食や、つかさの「運命の子」改造もその過程での所業にすぎない。


 「破壊するもの」との融合は果たすが、柊達に倒されて果てた。

670 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 19:26 ID:o2FEpnIw
        , --───-  、
      /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\
     /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ  ひとまずは、こんなところかな?
    /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ
    / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐
    |   l.、, -一    |  ー─- lL_
    |  / \./     |  ー-./ !
    、 ' l. /\_   | _/ /\
    ヽ  X        ̄ ̄   /
     /、二二二二二二二二 く
    /      /  ( 〒)\ ヽ
    !  /  /         }   !




                  ,
              / Y
             ノ∧{         ノム
            .: :/ ミハー-- . ._ _. -彡'//
            /: :/,/ ̄: : : : : : : `:< /:/
            _/: :/: : :/: : : : : : : : : : : :`〈
         /  /. . ./, : : : : : : : 、. . . . .  ヽ  ほう、騎士団領からかや?
           '. .:/: : : :l:{:.:/|{: :|!:.:.:/!: : l!: : : : :ハ
        i: :.i: : : : :|:乂」ム从:./ }: :イ|!: } |:i: }!
           i:.:.!: : :!: :|トィrテミ、ヽ{ /ノィ从// }/
         i:.:|: : :|: :.ik 辷ソ    {Jリ〉/イ
            i:.:|: : :i: : i `´    ヽ`¨´ム: }  まずアバロンからいくと思ったがのう。
         i:.:|: : :i: : i      ′ 八:.!
          _}:ハ: : ヽ: :ト.   ´` .,イ: : :/  主役たちの本拠地でありんすからして。
        (三ニヽ: : 、:.∧ ` ァ:イ:.:/. .:./
        _入\三ヽ:丶: \ {_/:.:/: : イ
       /三三\\三ニ=-/)アX⌒Y/ノ-、
     /三三三ニ≧、二>/   /ハソ ヽ三ミ、
     ,'三三三三三三三/    /  /三三ハ
    仁三三三三三三ニ|    ノ  マ三三ニ!
   ,三三三三三三三//^ヽ、/ム  ∧三三i|
   }三三三三三三∨/  ハ__,∧ ∧ マ三三!
   /三三三三三三i/ ′/  }:/ ∧》∧ X三ニ)






           _____
  .    /     /⌒\/⌒ヽ
     /   , −|   ・|・  |、\  メインどころは、最後にもってくるのが粋だろう?
    /   /   ` ー ●ー ′ヽヽ
    /  /     二二 |  二  ̄ノ
    l  /  /⌒\ ── |  ─ /  人数も相当いるしね・・・・・
    |  | /     ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄
    l  | |          / /⌒ヽ
    l | ヽ /⌒ヽ⌒ヽ  |/ヽ__ ノ  最初は、第二部の舞台になった騎士団領から。
     ヽヽ  `ー───┴─7  /
      >━━━━━O━━ /   次はクジャラートやバファルいってみようかな。

671 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 19:26 ID:o2FEpnIw



           / ,r'´
          /_,r'´                   、
          | ム二=-‐'"              、 ヘ
         |                      \ ヘ
.         |                        ゝミ
         |     |_  |  |  |_| | | | |  |      |  それにしても、創造神・・・・
.         |     ||  ̄| ̄| ̄| l | | | |  |      |
        |    ''''''l==-、_L | L| L|L_|'‐-|.,__      |  わっちはよく知らん神だが、
.        |     |O__::::: ゚:ノ      _ __ |       |
        |  |    |//  ̄"      "f :;;; : :ノ>  |   |  四魔貴族を一方的に嬲るとか
       |   |    l    /////////''' ‐-'O|  ハ    |
.       |   |   |゛、      '    ////l  | |   |  どんだけ強いのかや?
       |    |   |. l 、    =ニァ      イ |  | |   |
      /     |   |. ノ \r―-=ヘ、 ‐'"  |  |  |   | 戦闘力のみでいえば、わっちら
     r´ ̄  ‐-.|   |   ///\\ッ.,____|  |、_ |     |
.    /         |   |  / > '´へ 二つ   |  |  ',|    | よりも連中ただでさえ強いのに。









                 _____    /
        \    / ⌒ ⌒ヽ   `\
             / | >|< | ─ 、   ヽ   正直反則の固まりだからねぇ。
           // `ー●ー ′ U \   ヽ
     ─    i⌒  二  |  二      ヽ  ヽ この世界の法則も決めた存在だし、
           ヽ、  ─  |  ─ /⌒ヽ  |  |
               ̄l ̄ ̄ ̄ ̄    |  l  l  あの体の能力だって相当ひどいよ。
      /  /⌒ヽ | (⌒\/⌒) ノ /  /  \
            ヽ__.ノ、┴───── ´  /  /  この世界にない技とかも使ってくるし・・・
           \ `━━,-、━━━━━く
            ヽ|  / ヽフ     \    ヽ





              ___
            ,..イ,r /   __
          / / }/__,イr'"´}
       ,. ´/  /‐''"'   {"、 i}  なんだか不憫になってきたでありんす。
      /  '   /       ヾ}
    /   /   /  ,/ |  | } ,ハ
.   / /  ,′  ,' / |l| | | l| |  ||
     ,′! ′  f' /! _|」 | L」_|  l!  あの糞神を一撃必殺できるような、
      | |    l7テ_」ノノ}ノ _」|! /′
       | |    lr升(``  ハ)ノイ
     ,'│   |ヾzク   マ { ',
     / ,ハ.   | xxx.   '丿 ヽ  都合のいいモノはないものかや?
.    / / ム,  ', -='''"""''''ヽn  ヽ
      /r'": :'.  ヾー 、    |ノ`!、 '.
   //: : : : :ヽ  ヽ_......___   し'ノ': ,'.
.   rく__: : : : : :.\  \-‐く      ':,
    ′  `ヽ : : : : :\  ヾつ、   , ,',',',':,





      , ──── 、
   /   / ⌒ヽ⌒ヽ\
  /   , -|   ・|・  |ヽヽ   あるよ。創造神を一撃で倒せる武器。
 /   /   ` ー ●ー′ ヽl
 l  /   二    | 二  |
 |   l    ─   | ─  -、  過去にも実績がある確かなものが。
 l   |         |    __ ノ
 ヽ ヽ /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
   〉━━━━━O━━〈
  /    / ___ ヽ  ヽ  でも、向こうもそれを知ってるだろうからね。
 /    |  ヽ    ノ | l◯
 ◯/   `ー‐<⌒ヽ─  ヽ  出したはいいけど奪われたり壊されたりしないように。
   l      |  |     l
    ` ー──く __ノ── ´  直接対決が見えてきたら渡そうかと思ってる。

672 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 19:27 ID:o2FEpnIw

  イ`ヘ
 /: :| ヽ
: :/  ヽ ___   _,,,:. .-: :´彡フ
_ノ\_∠: : : : : : : : :`: :-: :,:_:/彡 /
      ( : : : : : : : : : : : : : : `ゝ  /
  マ  r::/: /: : | : : : : : : : : ::\ /  そんないいモノがあるのかや!?
      //: /: : : |: : | |: : |: _: : : :ヽ
  ジ  {/ 7|`\/i: /|:|/|´: : : : :|ヽ
     〉 ,‐-‐、`|7 || |_::|,_|: : :|:::|: |
  で / r:oヽ`    /.:oヽヽ: :|: | :| ちょっとは希望が見えてきたでありんす!
     { {o:::::::}     {:::::0 }/: :|N
  っ  | ヾ:::ソ     ヾ:::ソ /|: : |
 !? ヽ::::ー-.. /ヽ ..ー-::: ヽ::| r--ッ
-tヽ/´|`::::::::::;/   `、 ::::::::::: /: i }  >
::∧: : :|: |J   \   /   /::i: | /_ゝ
\ヾ: |::|` - ,, ___`-´_ ,, - ´|: : :|:::|
   ヽ: |::|\     ̄/ /|  |: : :|: |




             ________
           //⌒ヽ/⌒ヽ    `\
         / , /   v/v    ノ 、      \
        //  `ー/⌒ヽー ´   \      ヽ  だから、その時に備えてみんなの状況を
       /  ─  ヽ_ノ __    ヽ    ヽ
     /⌒ ──  /  __    /l ヽ   丶  ようく監察してまとめてるのさ。
     ヽ  ──   /  __   / /   l    |
      \ ___/____ /   /   |   |
       | ヽ                /   |    l
       l  \          _  /    l    !
       ヽ  \   /⌒/⌒| |ヽ/    /    /
     / ⌒ヽ、   ヽ/       | |/     /   /  さあ、ちょっと休んだらまた続きを書くとしよう。
     l     | |   ` ー──⊂| |二⊃ /  /
      >−、ノノ`,─────|⊂/⌒ ヽ──l
     l    l─l ̄ ̄/⌒ヽ ̄| ol     l ̄ ̄|
     ヽ_ ノ  l /  ヽ_T_ノ  .| 。ヽ __ ノ    l
          ̄ | |┌───‐‐l_ー─_l\     |
           | ヽヽ  , ─ 、  ̄ノ ノ     l  _
          / ̄ ̄/   / ̄ ̄ ̄     ノ-(_ )
   / ̄ ノ_  l     |     |         /
 _/ //__ ヽ ` ー─ ヽ、_ノ──── ´
( 'ー ´゙ ー─ ´)

673 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 19:29 ID:o2FEpnIw
ということで、ここまでとりあえず投下。

安心のエロール登場。
主役たちの前に現れて伝説装備を与えていくのにこれだけ相応しい人はいない。
シルベンこと女神エリスがホロなのは前からきまってましたけど・・・

アバロンは数が多いので最後にまわす。つーか騎士団領の解説だけで20レスかい。
いつアバロンに入れるかも不安になってきた・・・

ところで、この犬女神はエロールと交尾してると思いますか? 近親相姦的に考えて(こら)。

674 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/21 19:35 ID:D7Qk4n7c
神殺しと言えばチェーンソー


675 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/21 19:38 ID:RLsm14KE
乙ー

シルベンはブラウと交尾していると個人的にはいいとおもうの

676 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/21 19:39 ID:9dS0pOGE
乙!!
>の犬女神はエロールと交尾してると思いますか?

え? してるだろ!! 当然!!
神話の世界じゃ近親相姦はナンボでしょーが!!

677 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/21 19:50 ID:vZrVKOWA

どう考えてもチェーンソーwwwwww

678 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/21 20:36 ID:qFesGRdE
え、むしろ50年前のメンバーと獣姦してたんじゃ

679 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/21 20:44 ID:TPLQcPRg
>>677
ロマサガ的にはビルキースと言ってやりたい所ではあるなw<チェーンソー

680 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/21 21:59 ID:9oS55VQ2
おつー
このコンビは某スレを思い出して友愛したくなっちゃう

681 ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 23:08 ID:o2FEpnIw
さーて、筆が乗ってきた。紹介の続きいくよー。

682 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 23:09 ID:o2FEpnIw
        /: : /: :.|     /: : : : : :/: : : : : : : : : : : \: : : :\
.        /: : /: : : !   /: : : : : : :/: : : :/: : : : : : : : : : ヽ: :ヽ: \
        ,': : : : : : : i:  /: : : : : : :/:l: : : :|: : : : : : :\: : : : : : :l: :ド:ヽ
       i: : : : : : : :i / : : : : : : ,': :|: : : :|: : :l: :ヽ: : : ヽ : : l : |: :|  l|
       |: : : : : : : :∨ : : : : : : :ハ: :|: : : :|: : :| : ハ : :|_\:l : |: :l  ||
       |: : : : : : : : | : : : : : : : |: l: |: : : :|: : :|: :| | ;.イ∨从:∧/  リ
       |: : : : : : : : | : : : : : : : |: l: |: : : :|: : :|:八 j/Vィて_/ : !
.        i: : : : : : : :.| : : : : : : : l: :斗七:丁厂⌒`  fト::゚リ イ: : :|   さて父上。
       l: : : : : : : :l : : : : : : : | ∨ィチてヾ     ゞ='^ | : : |
.        l : : : : : : : i:.: : : : : : :|Y圦iド:;イリ     、   } : : |
         l: : : : : : : : : : : : : : : :Vヾゞ辷ン^      〉  /: : : |  読者も待っていることじゃし、そろそろ
        | : : : : : : : : ':, : : : : : : .            __   ′: : :|
       ハ: : : : : : : :.い : : : : : : '. 、    < _/ イ: :l: : : :|  続きを書かぬかや?
       l : '.: : : : : : : l:ハ : : : : : : ∨> 、_   /::∧: :l : : :|
       |: : l : : : : : : /: ∧ : : : : : : '.     丁ヽ::::/::∧ l: : :.|
       |: : | : : : : : /: /::∧ : : : : : : :    { 八::::/::∧:l: :│  次はクジャラートとバファルだったか
        /: : :l : : : : //:::/::∧: : : : : : ∨   ∨ 《\:::/:∧: :│
.       /: : :/| : : : /ノ :::::::::/::∧: : : : :l: |-─__》 V::/::∧ │
     /: : :/│: : 〃::\::::::::/::::|: : : : :l: |:\{{二¨7__V:::::::::ヽ |
    ./: : /  j: : /::::::::::::丶 ::::::::|: : : : :l: |  \ {{ ̄ }}ヘ、_::::::::\






         ,  ───  、
        ./   /⌒ ⌒ヽ\
      /     , ┤ .|∠ |、 ヽ  と、思ったんだけどね。
     /  /   `ー ●ー′ヽヽ
     l   /    三   |  三  l 創造神の話を振ったから、次は・・・
     |  |  /⌒\_|____) !
     _l   l l   ___    ノ /
    ( _ )、ヽ ` <___)__/ /
     \ ヽ━━━━,-、━━、  ローザリアにいってみようかと思う。
      l   /    ヽフ ヽ l_ヽ
      |   | ┌───┐l | __)
      l   ヽ ヽ __.ノ ノ !
      ヽ    ` ー── ´  |
      (  ̄ ̄ ̄ )(  ̄ ̄ ̄ )

683 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 23:10 ID:o2FEpnIw


    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::ハ
  //::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::|:::::::ハ
 ///:ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::/::::::::l:::::::ハ::::::::::::::::|::::::::ハ
′// /:::/:::::::::::::::l::::::::::::::l::::::::::::::::::/::::イ/|::::/ リ|::::::::::::::i:::::::::ハ
. // ,'::イ::::::::i::::::::|::::ト::::::::|::::::::::::::;イ:::::刋 ∨ミ、 !::::::|::::::|::::::::::i
/  l:::| !:::::::l:::::::::l:::| |:::::ハ:::::::::/ |:イ k‐'::::ノ_,iii!::::::l::::::j‐、::::::|
    l::i |::::::::|::l:::::::ト升/うミヽ::::/  ′ー¨ ̄´   |::::イ:::::/ ハ::::l
    |:i |::::::|:::l:::::::i イk‐':::ノ ∨ :::.          |:/!'|::/ ) }}:トヽ
    |!  !:::::|:::|:::::::ヽゝン'´  '              '   |'r‐ニイ::| `
      |::::l::::l:::::::::ハ    ヽ              ,' 「::::l:ハ
      l::::ハ::|:::::::ンヘ     _ ニ-‐ '' ´      ノ  {::__! -‐
.        |/ リl:::::/  ヽ     -‐       ∠-‐  ̄
      ′  |::/    `ヽ、       _ --‐¨
         !´      _ >、_. -‐¨
            _ -‐  ̄ _ - ¨              , -‐-
         r' ¨     | ー、            /:.:.:.:.:.:
         / ´\      l   ∨         /:.:.:.:.:.:.:.:.:
       _,/   \   l     ∨       , ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    _. -‐¨ノ     \ ,ノ      ヽ        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
 -‐´:.:.:.:./      _ ‐'         \    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
┌──────────────────────┐
 *伝説の勇者 イスマス大公/アルベルト・キラ・ヤマト
└──────────────────────┘


  この世界に知るものがいない伝説の勇者。
  50年前に仲間とともに破壊神サルーインを倒し、最封印した人物。
  妻シェラハが持っていたデステニィストーン光のダイヤモンドを所持していて、
  今も若い頃同様の身体を保ち続けている。
  文武両道の超人であり知識も豊富。まさに完璧超人・・・・というのが信者の考え。

  しかし、世界を救ったあと彼の行動は少しずつだが歪みはじめた。

  サルーインの信者に加担していたとされる、ナイトハルト王の討伐を皮切りに、
  ローザリア政府を王位につくことなく牛耳り、姉のディアナ女王に子を産ませ、
  風のオパール欲しさに仲間のキャプテンホークを討ち取るなど・・・

  自分の行動がどんどん非難されている方向に突き進んでいるというのに、誰もが
  彼を正しいと賞賛する・・・そんな生活を続けてた彼は見事に狂った。
  己こそが100%正しく、自分を賞賛しない人間こそ悪という考えに至ったのだ。
  かつての友が自分を見限っているなどと思いもしない。

  今も彼は自分の行動こそ正しい、自分が世界の支配者であるべきだ、と狂信する
  久々に囲まれて、その増長はとどまることを知らない。
  アバロンが世界を救っているという事実に、世界を救うのは自分にしか許されない
  等と言い出し、アバロンに国家を解体して全ての富と名誉をよこせと要求している。


  しかし、ある意味最大の罪は彼ではなく彼の狂信者達にあるのかもしれない・・・
  彼らはアルベルトを頂点として支配された「正義」がすべての世界で生きることが
  全てであって、そうでない世界など破壊すべきものでしかないのだから。





         __
     /  ̄    ̄ \
     /          ヽ
   /              |  あの時はこんな子じゃなかったんだけどなぁ・・・
   |     , -===- 、i
    |   /         ヽ
    ヽ /          | |
      |_|           |_|
      (.__.)        |_)
       │     -● |
       |     |   |
      ⊂二二⊃⊂二⊃

684 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 23:12 ID:o2FEpnIw
                        __,,,,、、、、,,,,,__  ゙!ヽト、
                    ,、-''"´   _,,、-‐   `ソ .! ゙i
                  /     /::     ,ノ  ノ l\
                 /.:     /:::::    _/ ;/  /   ヽ
                 / ..::: .:  .:  :j:::: .: i //,.イ /   :  ゙、
               / ..::::::.:: ..: .:/!:::::..:: l / '´ // ゙i .:: .:::  ゙!
              i ..::::i:::::::: i::i:..::l l:i::::::::::|;:l,   _,,,,,_ノ:::::;ィ:::  jl !
               | i:::::|:::::::::l::l:::::|-゙!ヽ::i;:l,ヽ  ´  ///;ハ:::. / i!
              ゙i.|::::|;::::i:::|::l'ヽ! ゙ ヽぃ:、   ,r=;''ヾ、 /::;.イ
               .!゙!::|ヽ:l::|ヽ! rテ"゙ヽ      l`';;:::} 'イ:: |
_  _,,,、--- 、,,_         Y::ヽ:!:l, `i l`';;::::|      `゙''''''"  !::: |
  `ヽ、:.      \     j:i::::l´iヾ: ´ ̄     i       l::::  l
     \:::......   \    /::l:::::::j:::::゙!       '   ,   ,/i:::  .!
---、、,,_  ヽ;:::::::....  ヽ、/__,ノ::::_/:::::::| 、    ー‐ '''"´   //:::  |つ,
 :::::..... ゙ヽ、 \::::::::::::......__,,;/レ' ::::::j、_ ゙ヽ、     `"   ,.イ /::  /´ i゙            _,,、-ァ''"´  ̄ ̄`゙
...... ::::....  `''-、`''''''"´:::::::::::/  .::/:/  `゙''''‐` - 、、,, /_⊥/::::: ./:j ,r''" ゙̄ヽ,       / /   ,、-‐'´
、:::::::::::::::::::..    `゙'''ー‐-/ /:::/            //:::::;ィ//i!/ __   ヽ      / /   //
゙ヽ、:::::::::::::::::...      / /::::/ ヽ、             j:i::::/i;/j///´    ヽ  |   ///   /j /
::..... \::::::::::::::::::::::::::::::/ /::::://"⌒ヽ、\       _j:!__// ノ i゙/ _,,,..    ゙、 |   i゙//   .! l .!       _
:::::::::::::::::゙ヽ、::::::::::::::::::/./:::/ /    ,、--、ヾ `''ー .,.ィ'´    `゙i'ヽ、    、  Y   |:|.!    l | !   ,、-'"
::::::::::::::::::::::::::`゙''''''"´l :/゙i, |   /      `ヽ/ /       ヽ,. \   ゙i  /    l:||:.    ゙il |  /   /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l/:::::::::゙、    ノ     /  /          \. ヽ   | /    ゙i゙i::::.     ` ゙i /   //
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  l, _,,、、,r-/ ./    ┃   ┃     `'┼‐'v='''"  ̄ ̄ヽ;::.     |::   /
ヽ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;>''"__,r‐ '゙ _;|/       _,,,、、、,,,,,,__    | 、 l         \     |:::   l:|
:::::::゙ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、-'",、-'´レ':::/  ゙i    ,、-''´        `゙゙''‐-i、 ` )           ゙}   |::::  :|:l,
--、==::::`'''ー=ニニニ/,-''"  ,.イ':::::| 、  {  ,r'"             l `|        ,ィ'゙:::   .l:::::.  :|:゙i
┌──────────────────┐
 *アルベルトの姉 ローザリア女王/ディアナ
└──────────────────┘

  イスマス壊滅時にアルベルトと生き別れた実姉。
  アルベルトはそもそも、彼女を探すために旅立ち、それが達成できぬまま結局世界を救った。
  しかしディアナ自身は婚約者であるナイトハルト王に保護されていたという・・・

  姉を探し出すという本来の目的を達成できぬまま、世界を救ってしまった・・・
  詳細は今後語るが、この事実が、アルベルトのディアナへの執着を強めてしまった。

  ナイトハルトと彼との子供達が粛清された後に女王の座につき、その後子を産むが、
  最後にはついに発狂して自殺した。

685 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 23:12 ID:o2FEpnIw
             __      _. -───ッ‐'
            /.  `ー‐"´<::::::::::::::::::::`ミ、>、__ノ
        _......ノ.:::_:::::::::::::::::::::::::::.\:::::::::::::::::::::::::\´
     /:. ..  :::::::`三三ミ_::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::、:::` ー--ィ____
    /:::::::::::::...::: .::_::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\、__::. .::::::::::::::`ヽ、
    j.:::::::::::::::::::::::::. .::::::__::::::::::::::::`丶、:::::::::::::::::::::::::::::.. :: . ..:::::──:、::::\、
    {:::::::::::: .....::::::::::::───:::、:::::::::::::::::::::::::::. :::::::::\、::::::::__ -:::ィ´ ̄ ̄\
    '.:::: . .::__::- _二二三三≦> 、::::::::::::: 、::..\、..<二二─<、
    \/.:::::::/¨ - ニ<`>/,≧;マ' \::、::. :. 、  、. ::::::::::`丶、丶.\
      l: ::::::{     ><彳}::j,j!   ヽ\、. .:::::、:::`:ー::::__:::::::丶、\`
      {: 、:..::`ーッ-     >'′    ` ヽ:ト、. ::.\、__:::::ヽ、:::::>´ノ
       l :.二:=ィ',f≠、            l| ハ::::::}`\  ̄ ̄  ̄´
      '、::.、::::::弋{Yj/              _ >::lヘ}``ヽ
       ゝ、>、:::∨            _. ->'´ ヘ| ' \::\
            \ゝ、-  , -―   _ >'´      V \:}
            |:l:.::\'′r‐   { く ハ          V   `            ___
            |ハ:::::ハ`ヽ、  _ハ v | VL        '._  -─   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄: : : : :\
            |l l::::| くく__`¨¨´: ハ v7l j    , . : ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : ハ
             ヘ:j /_....._\ : : ハ v |/  , : :´: : : :_:_:_:_:_:_:_:_:_: : : : : : : : : :{: : : : : : : : : :}
              /  ── 、`V_ } }_ //}: : : /       `ヽ: : : : : : :!: : : : : : : : : :!
              j    二 ̄} lノ¨{: :,rく <: :/          \: : : : l: : : : : : : : : /
             /    j 7 .ハノ/l: :}¨j'"¨:/             i: : : : |: : : : : : :_:_j′
          , - 7      Y_ノ/  |:ノノ: /  __ --┐       l: : : : l: : : : :/__\
         / . :/       j: :/     .| : / ,r‐ ´    .,′       {: : : :l : : : /r=\}ハ
         ,′ :/   、__/:|/      .l/´ ,l      __/          \: : : : : \`¨¨7〈l
         { : '    /: /         l_ -― ´ j   `、        \: : : : : :\ゝ、}}
      r― 、/     /7!            l    _. -'′   ヽ         ヽ、: : : : : \_j.
      ,′: :`¨¨¨ >、/ /:}          |_ - ´        \          \: : : : : : l
┌───────────────┐
 *堕ちたる王カヤキス/ナイトハルト
└───────────────┘
  ローザリアの王として、アルベルト達英雄の活動を支えていた人物。
  ディアナに目をかけ娶るとともに、タラール族のアイシャとも懇意になり、妾として迎えた。

  後にアルベルトとアイシャがサルーインを倒した後、その偉業を称え宣伝したのも彼。
  世界の復興に向けても尽力し、ローザリアの繁栄を不動のものとした・・・筈だった。

  しかし、実はサルーインの信者にも加担し、デステニィストーン「闇のブラックダイヤ」の破壊
  の一端を担ったという事実が明らかになる。

  これは、サルーインの信徒と表の人類社会のどっちが勝利してもローザリアが生き残る為の
  工作であり、ナイトハルトの頭の切れのよさを現すようなエピソードなのだが・・・

  あきらかに「悪に加担した」行いであり、それを理由にアルベルトに反乱される。
  最後は自分の子供達全員とともに処刑されることとなった。

  なお、この異名はナイトハルトを慕っていたタラール族からの呼称。
  ローザリア国内の狂信者からは、ナイトハルトの名を口にすいるだけでもタブーとされている。

686 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 23:13 ID:o2FEpnIw


            、 _,,,..... -――‐- 、 , イ
         ー==;;ニ三 ̄:::::::ヽ ::::::/ ∧
        _,,;;ニ;;'-‐::::::::::::::::::::ヽ`´  <_:::ヽ
          /::::::::::::::::::::::::::∠...、 r..'´::::::ヽ
            /:/:::::::::::::::::::;{l:::/ , -‐∨ヘ:l::::::l:::}
.          /:/::/:::::::::∧/`l/   rゥミ〃:::;;ヘ::l
        {/l:::{:::::::::::l ,ィ下  {  ┴‐ノィ´l) }:{
.          i! ';::ト、:::::::'、 ゝ'´  '     l::::l_ノ::},ィ"         /
           l ヾ、 ヽ、:トヽ   ィ  ̄} r7‐l:::::l:::://          /
              }`ヽ、  ヽ_ ノ ´゙,.イ::::j:://          /
             ノ::::::::`ヽ、_  /_」:::∧! { l /     /
             /::::::::::::::::ゝ二l//:::/   l { /     /二ニ==‐''´
            ノ:::::/::::::::::::ヽ  i /:::/ ,-_コ }    ,ィ:::`−--;;;=‐''´
          /:; イ::::::::::::::::r'フ ノ:::/ /   ', 、   /∧::::−‐‐''―- ,,,_
         /:/,ィ::::::::;;- ''´ /::; '/    ヽi   { \:::: ̄ ̄ 、` ‐`ヽ、
    ー=ニ彡'//:;::'/  /;; イ/         ヽ  l  //:::::::::、::::::\
         //::/;::rく__ >ー'''´,イ〃         .::j `ー| //::::::::::::::ヾヽ、:::ヽ
         /::::〃::::', /-―;‐/ !' '、     .::::ノ   l//::::::::::::、::::::',  ヽ:::',
   ,、ィ , '::::::/:::::::::7‐"´ ̄   .}  `− ... - '´     j/:::::::::::::::::ヽ::::',  ヽ:',
.   {lヽヽrュ∧、}7癶}:',      / / ̄`ー 二_ -、  /::::::::::::::::::::::::!'、::',   `l
  , ゝ、..イヽ/ } !.癶 ゝヽ    //        ヽ、ヽ/::::::::::::::::::::::::::!. ';::!
  `仂1`ヾl jゝ'´, '" ̄ヽ7 、__ //          、ヽ{:::::::::___::::l:l  !l
    `ゝ-メ、,.-''´  - 、 ヽヘ ',{ {           /`!ニ;;二‐''7:::j::!  i!
    フ{>"_ -ー―- \ 丶ヽ{          /_ノ'"´ _ -/:::://   !
  /- {」ソ´    丶   `ヽヽヽ        / _ - '´  {:::://
   r ソ    、   −   _r'"''ユ        /__∠__   ノヽ、{
   ノ´  ヽ ,、 _   ー、{ {{ //ヽ     // -―- \    \
     ヽ r' /'´/-,,    ヽヽl∠-‐ュ / イ ´ __ --- 、`     ヽ
   `−- `}. j / /}   rニゝ、{ァ<-三二 二--- ___ `丶、    ',
       `"-'ー'-'ー‐┴;‐ァ/ハヘ  `ヘT´        `ヽ /    ',
                  `l {{ヽヽ   ヽ    /   i  `′     .'、
                └ヘ ヽ     }、  /    l         \
                   7ヘ _ノ ∧ノ      ヽ           丶
                   /     //         l
                     /      j´        l
┌────────────┐
 *先代ローザリア王妃/ミーア
└────────────┘
 ディアナの最後の子供。
 今のローザリア王家三姉妹の母にあたる。

 ディアナの死後、彼女が夫を迎え、その人物が王位につくという形で意見がまとまった。
 みずからは政治こそ学んでないが、国民の人気を集めるために日夜活動していた。

 しかし、やがて国内のとりきめのほとんどをアルベルト信者が担うようになり、
 彼女はお飾りとして孤立化していく・・・・
 それからというものの日に日に見るからにやつれていき、最後は謎の死を遂げた。

 ルイズはまだ小さかったため、彼女のことをよく覚えていない。

687 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 23:13 ID:o2FEpnIw
‐''´:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
:.__,.ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
´/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'、
/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'、:.:.|:.:.:.、:.:.、:.ヽ   _,,..、-―
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ト、:l:.:.:.:ヽ:.ヽ:.`y''"´
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l !:}:.:,.、-‐''"´
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.,ィ:.:.:.:/!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:lf'"´
:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:l:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:. / ヽ:./、!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.l:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:lニヽ/,イ´ソ,ィl:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:',:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l/〃|!`ラ''´ l:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.l
:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:ト:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:l 、rっ  ,. / !:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:./|:.:.:.:.:./            __,.
:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.l ヽ!ミ、:.:.:.:.:.::|!  l !/ ///l:.:.:.:./!:.:.:.:.:.:./ !:.:.::./         ,.-‐''"  _
:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',.:.:.:l〃辷ス:.:.:.:.:l  l !   ,イ:.:./  l:.:.:.:.:./  !:.:.:/      _,.、-''"´ ,.、-''"´
′ ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:`ヾ‐''´ ト、:.:.:!  ヽヽ /'j/   ヽ:.:.:.:l   j/    ,.-''´ ,.、‐'"´
   ',:.:.:.:.:.:.:.:.|:.',:.:.:.:.:`,″′ヽ:|    ヽ'、  \    ヽ:.|  ´,.、-―''"´''ー<_
   l:.:.:.:.:.:.:.l!:.:ヽ:.:.:.:.ヽ丶、_ `   _,.‐ァゞ',、  \   _,,`-'"´ー-....,,.,,,__   `''−―-..,,_
.   l:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.ヽ:.ハ:.\   <´_,,.. -‐'"'、ヽ、 _>'´
    l:.:.:.:.:/ ヽ:.:.:.`r'、 ',:.:.:` r、`_ -r‐  _,.>'´
.    l:.:.:./   \::',  l.:.:./  |:l ヽ、/
    l:.:/     `ヾ  l:.:/   '´./
    |/         |/  ./,,,.............,,,_
    ′         ′ /"´      `''ー-..,,_
                / ,,.. 、-――- 、      ` 丶、
              ,.-'´                 `丶、
             /                       `丶、
┌─────────────┐
 *先代ローザリア王/シン・アスカ
└─────────────┘

 ディアナ女王の娘ミーア姫の婿にして、ローザリアの先代王。
 アルベルト信者に牛耳られつつある国を憂い、なんとか本来の国を取り戻そうと奔走する。
 結果、それは無駄に終わってしまったが・・・・その意思は娘達に受け継がれている。

 国を乱しながら、王位について一枚岩にまとめようともしない、アルベルトに敵愾心を抱き、
 妻の死後それは殺意をこめた憎悪にまで至る。
 彼は、妻の死は「アルベルトを拒絶するようになったから殺された」のだと主張していたが、
 その言葉に耳を傾けるものは・・・・王だというのに・・・・・いなかった。

 ある日城内で殺されているのが発見されたが、名ばかりの捜索隊が組織されただけで、
 いまだに犯人は捕まってない。捕まえようというそぶりさえ政府は見せない。

 彼の死によって、ローザリアは3つに分かれて内乱が勃発した。

688 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 23:14 ID:o2FEpnIw
                          ,イ<>\_
                    __/}`xく二ニ=く,_ ゝ; : .、
                  ,. : : : : : : : : :/: : : : : :\\;>ハ
                 ,: : : : : : : : /: : : : : : : : : : ヽ Y }ト、
                 | : : : : : : :ハ; : : : :ヽ: :l: : :l: : :.、ノ}: :.
                 |:l: : : |: :./-、 ヽ: : :./: :ハ : l: : : : :ヽ: :l
                 {ハ : : iハ,{ニ、  }: :./l:/` }:.メ、: }: : } : }:|
                 /: :ヽ:|/'v心 厶イ ノテ心ハ: :ノ: :ノ:ノi:|
                 /: l: : : :. ヒり     トV::;刈イ:イイ : 八
                /l : |: : : :i ::.:: ,    `゚ ''/ : : : :/ : : : :.
                {人:ハ: : : :ヽ   、__ ,   /: : : : : /: : :l : }:.l
                 ヽトハ: : : i: .、_   _/: : : : : : /ノ: /: :ハ}
                  _, - }: :lノノイ}ヽ- /l: : :/:ノ´/</:ノ
                /:.:.:.:.:.厶イ{:.:.Y{ i} {iノ!: /.:.:.:.:-=彡'
                /.:.:.:/.:.:.:.:.( ト/}―‐=.:.|/.:.:.:.:.:.:.:.:\
               /.:.:.:/.:.:.:.:/!' `ヽヽ-‐ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
               }.:.:l/:.:.:.:.;{i r=ミヽ}-く.:.:.:.:.:.{:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
              ノ.:i'.:.:.:.:./ ,ハ|{   { |.:.:.:\.:.:.|:|.:.:.:.:.:.:.:.:/:|
              /.:/;ィ 7 /ヽ_rミイ_.ノ!.:.:.:.:.:.\!:!:.:.:.:.:.:./|:.:|
             /.:/{:::|/ /  /i }' }/ .| `ヽ.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:./.:.|.:.!
            /.:.:.:.:l::/ /  / { | !  | ノ{.:.:.:.:.:.:,.:.:.:.:.:.:.:.:.|
           /.:.:.:.ノ/ /   { ハ | |  ∨ -|.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:./
          /.:.:.:./{/ !   |===' ,   {   }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./!
         /.:.:.:.:/::::ハ  |  /  { {   ,  !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:}
.          /.:.:./:::::::/::::. |  ノヾ=ミi  !   /  ハ.:.:.:.:.:.:.:.〈:.:.:,
       /.:.:/:::::::::::/:/ゝ イ     ',    /  ::,.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.,
       /.:./::::::::::::/ //ヽ    ヽ_/  _,ノヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.'.:.:,
.      /:./:::::::::/   /    〉     _,.」==ニ ヽ ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ!
     /.:/::::::/        / 〉-r=    ヽ     ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、
┌─────────────┐
 *ローザリア女王/アンリエッタ
└─────────────┘

 ローザリア女王陛下。
 おそらく世界の国家元首の中で一番可愛らしい。
 で、ありながら、アルベルト信者至上主義の自国において相当蔑ろにされている。

 内乱発生時にアルベルトが「長女こそまっとうに王位をつぐべき」という模範的な?
 主張によって担ぎ出し、あれよあれよという間に勝利してしまった。
 とはいえ、王としてアルベルト信者達を相手取って頑張っており、信者以外からは
 認められている為政者でもある。

 アルベルトが悪の国だの、七英雄が魔物だの、ルイズが囚われて嬲り者にされてる
 だの・・・・臣下の妄想的な進言を信じずに、みずから乗り込んで確かめた。
 結果、やる夫たちに好印象を与え、自分に対する信頼と支持を勝ち取っている。

 現在アルベルトとその信望者たちから国を取り返す計画を目論んでいて、そのために
 世界中に根回しを行っているが・・・
 騎士団領の戦いで計画の遅れと反アバロン世論が問題となり、一手打とうとしている。

689 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 23:14 ID:o2FEpnIw
__人_)     (     /:::::j./:::::::::::i:::| \:::::::::::::::::::::::::::::::\ .|  ノ
        い  (.    ,'::::/:::/:::::::;>.、!:::!  ヽ::::::::::::::、::::::::::::::::ヽ!、  `ヽ.. 粗  そ
 す  . 誰  っ  (.    i:::,'::::,':::::::,'iイ::|!\|! u |∨.::.:.:.:|i:.:.:!::::::::〉、::ヘ  ノ  末  ん
 る  . が  た  (   |::i:::::i::::::::i:::|∨ィ≠ミ、  ! .〉、:::::!i::::|::::::/:::::::>ヘ ヽ  な  .な
. っ  満  い  (   |::i:::::i::::::::i:::|〃r=ァ。 .ヾ' ノ ノ }xィ'}´i:l::〃:::/:::::::〉 .}  も
 て  . 足     (.  ヽ !::!::::i::::::::i:::i{ 、i!::!::j!      ´,,.。`V从:::/::::::::::/ ノ  の
 言            \` i::i.:.::i.:.:::::i.:从  ̄:::::::::  ,  {::i:j! }}彡'≦三彡'  ). で
. う     { ̄ ̄`i、´ ノ`ヽ:.!:.:.:::i:::i| ヽ  ,'⌒ー==ァ::`ヾ"∧:::::.:ヽ     )
 ん   __   )、   ヘ .ニ!   {:.i:.:.::::!:::!   {::::::/⌒ヽ. u /::∧::::::.:.:.、   /
 で   / `,:'ー‐ー‐:'´:::::::`ヽト-ィi:.:|:::|、r'⌒`/,   | .イ::::::::∧::ハ::::}    ̄)/´`ヽ
 す  .i  〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽハ:j〃´!   ! ゝ 、)ノイ:::l::::::::::::i:リ、i::ノ
 か   `)!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>´i   .|  .jゝ--''´{::!::::!i:::>''´ ̄ ̄ ̄ ̄`>
. !!  ノ }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/i  ヽ  !  ハ   ヽ<´           (ヽ.
   く ー!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! \ ヽミ、_,.-―‐‐'  }´ ̄(`ヽー‐--   }く
    ヽ i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!   ヾミ二(___,     ./ `ヽ、〉 .|      /K´
⌒⌒´ ノ-}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}  fj }r――''´>―'     ヽ. jト、.   /   .\
     \ゝ、:::::::::::::::::::::::::::::::::!./-‐‐-.、___ノ           ヾト、二>      ヽ
      〈  `≠‐‐、:::::::::::::::::::::::::::::::/ : ; : .              丶          )
       ヽ._ノ´)ノ ヽ::::::::::::::::::::::::( ∨/ : : : .              }   /     ,'
           `ー‐ヾ:::::::::::::::/ `` ヾ : : : : :            ノ'´ /      .人
               `ー∨     ヽ: : : :/ /  ==‐-イイ/:: : : : .: ::/::::::\
┌───────────┐
 *敗将のメイド姫/シエスタ
└───────────┘

 元ローザリア第二王女。
 父王と同じ黒い髪を持ち、それ故にか父に一番可愛がられていた。
 自分も父を慕い、アルベルト信者に嫌悪感を抱くように育ち、また野心が強い
 ことから父を篭絡して次の王の座を手に入れようとしていた。

 父が死に内乱が勃発してからは、反アルベルト派の中心人物となって戦ったが
 敗北し、死を覚悟するものの、メイドに扮して姉たちに匿われることに。
 今は姉妹一丸となって、いまや少なくなった反アルベルト派の有力人物達と繋ぎをとり、
 巻き返しを図っている。

 ちなみにアンリエッタとはサイトを通じた竿姉妹でもある。
 乙女こそ父に捧げているが、今はサイトの愛人となって裏からローザリアを牛耳ろうと
 いう夢のために邁進している。

 余談だが、元ネタセッションにおいてはボクオーンの本体であった。
 そして、ボクオーンとして味方に引き入れられるというイベントもあったのだが・・・
 第一部のラスボスとしてちゃんとボクオーンを倒すことになったため、
 ボクオーンの正体をサイヴァにして、きちんとやる夫たちの手で撃破。
 大一部大団円という結果にまとめたので、その予定はなくなった。

 つまりそれくらい腹黒いお姫様だということである。




 あの女狐相当酷かったから、改心するよりも倒されたほうが、めでたしめでたしだと思う・・・

690 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 23:14 ID:o2FEpnIw
        /. .,:-:-:、::`{:.:.:、:.:.\:.:.::.:.:.ヽ:.:.:\:ヽ:\:.:.:.:.:.:.:.` 、:ヽ
.       〈. :.:{::.::.::.::ヽム:.::、ヽ、::.`丶、:.:.}、::ぃj八i⌒ヽ:.:.:、.丶:.`:. : ..、
       ', :.:ヽ::.::.:/  ヽ:八〔>‐ァ云欠l::}:.:.:. :ヽ ヘ ',:.::丶:.\:.:.: : .丶、
        } : .:.:\{     `^´ ´'^〕yン'´}ハ:.:.:. :.:∨ j:.::.:. :.\:.ヽ、:.: .:..:.ヽ、
       ノ.:/.:.:.:ヽヽ ノ 、    ´       ', :..: .:.:∨.::.::.::.: : .:\:.:丶、:.:.:.:.:.丶、
      ∠:彳:/.:.:|:.::l:}' ≫、}            ′: : :.:`、::.::.:.: :.  . .ヽ、:.:.`:.:.、:.:.:.:
.        |:.{.:.::{:.:ハ尤ク′            、 : :.:.::.ヽ.::.::.::.:.:.:.:.:.  .丶、:.:.丶、
          |八:.::|〔、:Λ 丶、            〉. :.:.:..ト:\:.::.:.:\::.:.:.:.:.:.:.丶、:.:
.           ヽ|` }::八   t_,=-      / l:.:.、:.'、:.:.:丶、:.::.丶、:.::.:.:.:.::.`:
               |'.:.:.::ヽ、   ´      , _..二}:.:.:|.:.l\:.:.:.:.:丶_ .. ` -──
               l : :.:.:.::{ `丶、    /∠ィ /.:.:.:}:.:!  > "´        /
                l : : .:.:.:l  l:.:.〕ー≪{ {`7ル':/.:.:八{'´  _..   -┐   . ´
               l:.:.i. .:.::|  |:.:.|:.:.:.::ぃ ∨}彡'.:/  ,  ´   / |  /
              l:i:.|: .:.::'、 |:.:.l:.:.::.::} }j }≫ ´  /   i   /   ! ′
.           ,、   `}八:丶:\j:.:,:.:.:, '^/´{     /   |  ′  l/
        /, ヘ    `⌒フ.://  / |  , '       |  {  | {
      , -くyt'_、: : :ヽ    ,  ´ ィ  /   |  '         .  '、 }八     /
      {   \ `丶 : :\/  // /    |/ _..  -─ ¬  、 レ'  ヽ  ヽ、
      〉、   ヽ  \_/{ / |/   ,  ¨´        |  ∨       \
.     {  ヽ   丶、 ヽ|/ /   }´ / /    _..  -─ ¬}   /          \
┌───────────────────┐
 *イスマス公爵夫人 暗黒神シェラハ/シェリル
└───────────────────┘

 三邪神の一柱にして紅一点。
 光の神々の軍門にくだり、みずからの力をダイヤモンドで封じて人間になった。
 しかし不老不死たる神の特性は残り、永遠を人間として生きることとなる。

 その永遠の寂しさから思い悩むようになり、ダイヤモンドを外した時闇を制御
 するのに失敗したが、暗黒神としての自分をアルベルト達が倒すことによって
 暴走をおさえて安定化した。
 しかし暗黒神が生きて地上で暮らしていることは公にできないため、暗黒神は
 倒されたことになり、後に世界を救ったアルベルトに娶られる。

 アルベルトが狂っていく様を間近で見続けていたが、父たるマルダーが近づいて
 いたために、なんらそれを阻止する手を打てなかったことを悔やんでいる。
 自分に出来たことは、一つ罪を重ねるごとに激しく傷つく夫を慰めることだけ・・・

 アルベルトが狂った本当の意味と、全ての元凶こそマルダーに仕組まれている
 ことを理解している彼女は、間違っているとわかっていながらも、彼の味方でい
 続けているのである。
 サイヴァの亡骸から分離した三邪神の一柱であるか、彼女は創造神の精神汚染
 を全く受け付けない。狂ったほうがまだ幸せだったろうに・・・。
 
 二人の間には1人子供が生まれていて、彼が奇跡的にまっとうに育ったのは
 彼女の教育と、マルダーの精神汚染を受け付けない血のなせる技だろう。

691 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 23:15 ID:o2FEpnIw
.        /: : :./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \    !
      /: :, ィ: : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : :.:.l: : : : : : : : : : : : : : : : : : :__ ゝ  .l
      l/ l: : : : : : : : : : /: :∧.: : : : : : : :ト、: : : :、: : : : : : : : l : : : \    ./
         l : : : : : : : : :/ l:.:l ヽ.: : : : : : :l \: :.ト、: : : : : : : :!:.:. : : : :\ /
         l: : :/、: : : :.:l/ l:.:ト、 \: : : : :.l.  `ィく.\: : : : :.:.ト,:.:_>-< /
         l: :/. /\: : l  l:.ト、 \ \: : : l ィ::::しl  \: :l、: l/´     ./
          !/ ./  l\!\リ辷フ.   \ :l. 辷:ソ / ∨_}/     / \
           /.   l! l             \        /     ./   ∧
          /.     ト、.l        ,         /     /       .∧
.           /      l∧ヽ       V        /   ∠>ヘ、    ト、
         /      .l:∧ > 、   r=ニ三フ   /   /       \   ∧:ヽ
       /      l:::∧   > 、     , <   /        \  ',::∧
      /l        l::::∧     l ` ーニフ     ,∠ -<           ヽ. ',:::∧
.    /  .!         ∨::∧     L -‐´    /       ` <       ∧. l:::::∧
    l   l           l∨::ヽ-、       ,>/         ` <     l !:::::::∧
    l   l        ./l ∨::::::∧_ , <´  /                `<. / l::::::::::∧
    l   L ____/ l ∨::::::∧      /               /./ .!::::::::::::∧
    !         /  !  ∨:::::::\    /                    Y  /::::::::::::::::∧
.     l_______/    !  ヽ:::::::::::\ /                    / ./:::::::::::::::::::::∧
┌───────────────┐
 *勇者の息子 イスマス公子/サイト
└───────────────┘

 勇者アルベルトと暗黒神シェラハの子供。
 半分三邪神の血を引いているため、マルダーの精神汚染を全く受けない。
 この体質と、不老不死たる見識深い母シェラハの教育方針によって、驚くほど
 まっとうに育てられた。

 ローザリア王女三姉妹とは幼馴染にあたり、アンリエッタと幼くして婚約することに。
 これは、アルベルトが息子と第一王女を、自分とディアナに見立てたという最低な
 動機があったが、本人達は小さい頃から行為があったので素直に受け入れた。

 ちなみに、彼は三姉妹全員に行為を抱いていて、姉妹コンプリートを幼い頃から画策
 していたという。

 まっとうに育ったが故、この国の異常とアルベルトという存在の狂気に気付き、父に
 反発するようになった。
 故に周囲からは「不良息子」の認識をもたれて見下されている。
 もっとも、狂人に見下されたところで痛くも痒くもないと本人は思っているが・・・・

 アンリエッタがルイズに会うためにアバロンまで旅したとき、ほぼ1人で護衛を務める。
 そのことからも自分の実力に相当な自身をもっており、事実秀吉との決闘においては
 影矢が決まらなければおそらくは勝っていただろう。
 レフトハンドソードがなくても不動剣が使える、というからには剣の腕は柊レベルの筈。






 なお相当なスケベ小僧で、ルイズは諦めたものの、アンリエッタとシエスタと毎日頻繁に
 えっちぃ行為を続けている。
 そのお陰で、アルベルトのすぐ傍で暮らしながら、二人はマルダーの精神汚染を全く
 受けていないのだ。

692 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 23:15 ID:o2FEpnIw
                            ,.ヘ-v
                           _x<_,、(
                _   -:―一:'´ : : /:ド7
      } ̄^Z=:ー―-‐'´: : : : : : : : : : : : -<  ;:!│
      '. え=-、: : : : : : : -‐: : : : : : : : : : : : \;.i: |
.       マ ;.  ;>'´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヾ:ト、
          ∨';/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : :V:ヽ
        ∨ / : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : '.
           ハ/: : : : : : ,': : : : : : : : : : : : : :ヽ : : l : : : :'; |
.          | l.: : : : : : :l: : : : :/ : : : j: : : : : :}: : :.|: : : : :l l   これで終わりかや?
        | l:/|: : : : : |: { / :{: : {: :ハ: }: :j小 l: |: : : : :|│
         l.:|:l |: : : : : |: l {_从: :ハ:{ j仏斗≦k |: : : : :|:!
.         |: l ! | : : : : :Vレぅテ≧ー    ´込zソイi: : : : :|: :|  ルイズが入っておらんぞ
        l: :レ: | : : : : :.|ヘ 込zソ       ::::.::: リ : : : :.|:八
.        l: : : :│ : : : : |、 :::::::.:   :j     /: : : : : 厂了ヽ
       |: : : : :|.: : : : :.:|丶     - ‐  ,.': : : : : :∧/:::ハ
        | : : : : l : : : : : 〈::::介:、_   ´  //: : : : :/::::}:::::::::::::|
.       |: : : : :∧ : : : : : Y「/∧> -</: : : : :/::::: ::::::::::::: |
        |: : : : :.:い : : : : : :Y| L、   _ /: : : : /::::::/:::::::::::!:::|
       |: : : : :.〈∧:l: : : : : |》| l ヽ_ '´__/: : : : /:::/:::::::::::::i::::|
        |: : : : : :{::::|:l: : : : :l:|ヾ{{=气==''/: : : :.:,'〃:::::::::::::::::::i ::|
.      | : : : : : l::::レ!: : : : l/ 弋不勺 l: : : !: :|:{/:::::::::::/ ̄ ̄
.       | : : : : :│::::|: : : : :|::::::〃廿^ヽ| : : | : |ノ:::::::::::/



        _____
      //⌒ ⌒ヽ  `\  あの娘はもうアバロンの人間と言っていいからね。
     / / ・/・  / 、    ヽ
    // `ー●ー ´   \   ヽ アバロンの時に入れるよ。
   /^ 三 /  三     ヽ    l
   ヽ.__ /     __  l    |
    | ヽ ̄ ̄ ̄ ̄   /  |   l
    ヽ \/  ̄`ヽ/  /   /
     ヽ  ヽ、__/    /  /
      >━━,-、━━━━┥
      /  / ヽフ /⌒ヽ ̄  l



           _ ____
         ,,-´     _ _` ヽ、
       /      / /|\\ \
      /    ,,,−|/ /|ヽ ` |- 、 ヽ.  そのかわり・・・・
     /   /    ヽ _ | _./   \ヽ
     |   /         ●        ||
    |    |    /     |  ヽ    |
    |   |   / /    |    \  |  こっちには、もう1人入る。
     |  |    /  /   |   \  /
    / \ |       /    |  \   /
   /   \ヽ  / ̄\_|__/ヽ / これがローザリア先にした理由だけどね。
   |     ヽ━━━━━┯イ ´
.   |   i\  \   (T) ノ ノ
   |  |  _\  \ _ / /
    |  | \ \(  )/|

693 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 23:16 ID:o2FEpnIw
                         r<  ̄ ̄ ̄ `丶、
                        /::::::::::` ー-- 、 __,ヾ' 、
                   _    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
                  ノ::ヘト、ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
               ,.. '´:::::::::Yヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
             ,. ´:::::::::::::_,.::://` ー-r 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
           /::::::::::::::::'´::::::::マ、   /  ` ー r─-ュ___:::ト 、
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ーヘ/    // /1 |   i! !::::::::\
.        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ー- く/__/__|__,|__lソ-::::::::::::
.       /::::::::::::::::::_,. -──- 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      /::::::::,. -‐'"´   -≦:.:.:.f1:.:「 ナァ_、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    r=!::::/        /Z:.:.:.:.`:.:.lヘj tッェ'l|> 、,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    {{、_'´j}         /:.:.:.`7:.:.:.:.:ミ `    `_,ノ j1> 、::::::::::::::::::::::::::,.
    `ー'´        ,イ::::::::::7 1lYヘ、      l ..:::::::::jト、:::::::::::,. '´
              l:::|::::::::/  ! ∧       、 ,j..::::::/::::::::`r'´
            /::/l:::::/l   ∨ :\   __, :/:::::::::::::::::\
           /::::,イ::::∨ |!   、\: ::::\'´-一 ./:|:::::::::::::::::::i::::::\
          /::::/::j:::::::∨|!   \\: ::::\__,.ノ::::!::::::::::::::::::,:::::::::::::ト、
        /::::/:::::/:::::::::::∨',  `}_\\:::/ . . ::::::|::::::::::::::::,'_,. -‐'´::::::
       /::::::::/:::::::|:::::::::::::::∨',    >' j 7,... :::::::|:::::::::::::/´:',三l|:::::::::
      /::!:::::/::::::::::`丶、:::::::∨ヘ -'、7//,..イ ̄::::::::::::/::::::|l三l|:::::::::
    /::::::::\: 、:::::::::::::::::ト 、::::∨ \ V イ´. : : l:::::::::::::/:::::::::|l三l|:::::::::
   /:::::::::::::::::::\::::::::::::::::::!::::::\:∨  YzY . .:.:::|:::::::/::::::::::::/l三7::::::::::
┌─────────────────────┐
 *自称ただの詩人 シェリルの父/創造神マルダー
└─────────────────────┘

 マルディアス世界を創造した神。
 全ての存在は自分が楽しむためだけに生み出したものであるが、自分が設定した
 運命(プログラム)通りに動くだけのモノにすぎず、愛着を全く抱いていない。
 そんな世界に早々に飽きて、面白くするためにサイヴァを唆して世界を破壊させた。

 また、古代の神々を炊きつけサイヴァと戦わせ、最終的にエロールの母殺しで物語が
 決着すると、満足すると同時に世界を見限り、荒廃した世界をエロールとニーサに
 「くれてやる」と、新しい世界を作るために去っていった。

 その後いくつもの世界を作り、特には見捨て、時には手痛い反逆を受けて倒されたこと
 もある。


 見捨てたマルディアス世界にサイヴァの魂から作ったボクオーンを残し、報告をさせて
 いたが、自分が見捨てた世界の者が自分の知らないところで幸せになることを許せず
 色々と暗躍させていた。

 50年前のサルーイン討伐した時期に、消滅した世界が再創造されたことを知り、その
 世界の運命が操作できなくなっていることに気付いて激怒。
 ただ消滅させるよりも、全人類に自分と世界の存在を否定・後悔させることを願う。

 アバロンには仕込む時間がなかったこともあり、どんな画策をしても大抵覆されるので、
 幼稚な憎悪を向けているようだ。

 むしろ、彼にとって自分こそ唯一の「ヒト」で、他は「モノ」。
 対等な存在などいないし、いてはならない。
 永遠に孤独な存在は、いつまでも子供から成長することはないだろう。

 現在娘婿であるアルベルトと同居している。

694 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 23:16 ID:o2FEpnIw



      ,  ───  、
    /          \  っ
   / ヽ            ヽ っ  こうして地上に住んでるから、
   l’\|─‐ U 、         ヽ
   l  ノ     \         l  僕達もうかつに地上におりられないんだよね。
  ●´ ──      ヽ         |
  ノ  ──      ヽ      l  三邪神と違って僕達には精神汚染の耐性とか
(   ──        l    /
  ` ー、── 、     |     /  ないし、創造神側にまわると大変なことになる。
     ` ー,-、━━━━━━ヽ
        .ヽフ `ヽ


        Yヽ          )ト、
         }ト、\           /'|ハ
        }>.:\\   ___/j^|' ∧
        }>.:.ー=匕´     /j^ |/ ∧
       >ー=ミ    ^⌒ヽ | ' ハ
      〃'            `ヽ V  ハ  父上も辛いんじゃな・・・・
.     〃'      /'イ     ハ Vi  i
     /' '     /  j ノ  }   i i     |
    { { i l‐{-{、 イ i ハ   i | i  i !  昔なら序盤で運命石放出するとか
      Y i xミ、 ノjノjノ`>xノリ i  i !
.       V从圦心    ^fう心/   从l  アレなくらいの介入しておったのに。
       i  ハ ゞ゚,     ゞ-゚/  j∠. i l
       |  i人:::: 、__  :::.:/ /´  `ヽ:、
        |  i i个ト ` ´   イ ,′    Vヽ すまなかったでありんす。
       !,rヽユ、'´ ̄__ ´ V       ヽ
         r'    Y"´   /      ,  ハ  お詫びに・・・久々にわっちと
        〉、    !ーつ /       /  ハ
       Y,ハ   l ̄\/       /  /   交尾して癒さんかや? 
          / l     !``ソ       /  ,ハ
       ,./  l    l`/       /  /             __
     //   l    /       /  /          _,-‐'"-‐''´ ̄二≡
      !    ,ハ  /       /  /         /:::::::::::::: : : : : /
      !    / ハ       /  l         ./::::::::::::::::::: : : : : :l
      ゝ__,/  l ヽ    /    ヽ        l::::::::::::::::::::::: : : : |
            !  ヽ、__/       ヽ      .l:::::::::::::::::::::::::: : : |
           l             ヽ     y::::::::::::::::::::::::::: : : :/
            l             ヽ   /::::::::::::::::::::::::: : : /
            !ヽ        ノ    ヽ /::!:::::::::::::::::::::::: : /








            //_
              ,", ‐=、:7,=ニー-- ,,_
   マジで!?   /〃 o l,〃o. l.l: : : : : :`ヽ、
               /::,.-l.゙-゙ムl ゙ー゙-"'''ー、: : : : ::ヽ
           l>ゞ、,,ヽ〈;;;;;ノ==二二  ` 、: : : :  いやマズいでしょ!
,,-"|   ∧  〈 ̄ 二二 ` ./ 二-二"、   ヽ: : :
.  ! ./  ヽ、ヽ、__,,__  /__ , ―'─  `ヽ、  !: :
   レ'       ∨   `y'"  , -、 r― 、  !  l: :  僕には奥さんのニーサがいるわけだし!
                |  /   l l   ヽ  l  l: :
              ,.l、,,!,   り,,,,,,, ノ ./ /: :  いくらこのスレが近親推奨だからって・・・
           rー 、_l_  `ー' ̄   `l_/ /: : :
            \   ̄ ` ー----‐‐'  /: : : :

695 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 23:17 ID:o2FEpnIw


          /..:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:/..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:メ、;ミ
.           /.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:/.: /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.'/
         /.:.:.:.:.::{:.:.:.:.:.:.:.::/.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:: ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.  なあに、わっちらが生まれた頃・・・
         .:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.: .:.:/'|:.:.:.:{:.:.:.:::! :.:.:.::}:.:.:.:.:.:.:.:.:':.:.}
          |:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:{:::{ |:.:.::ハ:.:.::::! !:.::: ハ:.::.:.:.:.:.:.:.:}.:}  マルディアスの復興のために、家族同士で
          |:.:.:.:.:.:.:::|:.:.:.:.:.::从厂!:.:ヌ::ト、:::| i:::/jノ:.:}:.:.:.:.: ;ハ:ト、
.         j:.:.:.:.:.:.::::|:.:.:.:.:.:|K利「うト、jハ}リ j厶}-从:.:.:.:/ リ ヽ 埋めよ増やせよして色々と作ったではないか。
       i:.:.:.:.:.:.:::::|:.:.:.:.:.:|`弋::タソ       ,. __,, /ノソイ 〃
         ,! - ミ:::::|.:i.:.:.:.:|             ⌒ヾ::.:.:.://    -/,`丶、
        /     ヽ|.:i.:.:.:.:|        〉   /.:.:.:/    j/ .とニ二.__\ はぢめてというわけではないから、
     /        |.:i.:.:.:.:ト、  「 ー‐ァ  . イ.::/.::.    ノ;し′ ` ー- `ヽ
     ,′      |.:i.:.:.:.:| \ ` ='  イ:厶|:/ .:.:ト .   ;: ;.:.:i}`ヽ丿   }  , 問題はないではないかや?
.     ′      │i.:.:.:.:|.   ` r "  |:::.:.:/.:.:.:.:l  l  ;: :;.:.j.:i:ト、     }  ′
     {         |.:i.:.:.:.:|   /     !:::.:.:.:.:.:.:.:| │ ;.:. ;:.::!:i:} \     }
    |        j|.:i.:.:.:.:ト、   {  /  i::: i.:.:.:.:.:.:| │ ;.:. ;:.::!:i::}    `}     |
    |        ||.:i.:.:.:.:| \     i:::.:i.:.:.:.:.:.:| ! ,:;.:. ;.:::!::!:}    |     |






                      r^`ー、----、, -一シァ、
                      | t~フ`     乂´ノノ´
                      〉厂        ´く
                          / / | | | |  | |   |
                    _| | |从人| |  |从| 从|  それに、わっちも説明に紛れていた
                   f 〈  | |r弌、 |从ノナエメ川.|
                  《',  ',ー| |弋ン'   ' 戌ツノ /|、  エロ解説の数々に微妙に獣欲が
                   | \ ∨ |、    !  / /ナ |
        ,、             人  \|  | \`ー'_ イ / ´ 〈  刺激されてきたのじゃ・・・
       / N        /∧\__ |  |丈 ,二-ノ //_, ノ
         |  \,、      | |〈 〉 / || | 天匕/ //┬┬く
       」    ヽ、___|/ト∨ /  .|', |‖ヽ | /| ', i' | | ノ
       ',  ... ':: : : : : : : : | .|`ゝヽ   ∧| | | ',´  | Lノ+´  父上はだまって美味しくわっちを喰らうが
       ', . . : : : : : : : : : | .|:::| `ヽヾ /|_人 | ',_-´ノ|:::::|
        `ヽ: : : : : : : 一_| /::::|  | `´   レイ ´ |:::::| Zノ| いいでありんす。
           ̄ /- ´   ̄ |  |   ーァ、_  |  .|:::::|  /
            r‐  ̄           ',  ', ____, |  .|:::::| /
        /          _- ヽ  ヽ    |  |ー‐´
        廴___, -―ォ ̄    ヽ  ヽ   |  |
             /´ ̄         |  |  |  |
               |         / l |一'|  |
             ヽ __ - 一 ´ ノ ; ; ; .|  | _ヽ
                      レ//| | | /、 ̄、、ヽ、
                        レ | |ノ ヾ、} 、ヽヾ ',
                          ´     |_||_ルレ
                             レ レ

696 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 23:17 ID:o2FEpnIw
     (\   _____   /
       /´   // ヽ⌒ヽヽ  /
      /    , -|  (・|∠ |-ヽ  _
     /   /   ` ー ●ー′ |_
      l   /   二二  | 二   /  それはそーかもしれないけど!?
.      |   l /⌒\─  | ー /
     |   | /      ̄ ̄ ̄/ ̄
      |  | |         /
  /⌒ヽ  | | /⌒ヽ⌒ヽ  |
  ヽ_ノ\ ヽ` ー────┴ フ  ね、僕達は神様なんだからもっと自重し・・・
  //\  `━━━━6━━ ´─/⌒ヽ
  /⌒ヽ ̄   /      ヽ  ヽ_ノ
  ヽ__ノ ┐  / ┌───┐| | ̄ //











               _,,-i、
              _,,―''"`  ゙l,                        __
        _,,-‐'″      ゙l、                         /| `゙'''ー-
    ,,,,-‐"`         _   |、                     ,i´l゙     .l゙
 .,,-''"`       _,/"|   ,li、                       丿 .l゙     ,l゙
..〔       _,,,-'"゛  .|   ,"|、                     ,/  │    │
 `ヽ   .,,-'"` ,,,-, ,l゙   │ ゙l、                 ,/   ,|    ,i´
   ヽ ,/  ./′ ゙ッ′  丿  .゙l                 ,/   ,l゜   │
    ゙'ヽ、   ヽ      .,/_,,,,,,,,-←i、  ,,-‐i、         丿    l゙    ,l゙
     `'-,、  ゙i、   .,,/` ゙l  |  .゙l  ゙l  ゙l .,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ィニ,,,,,,,、 .|   ./
       `'-、 ゙l   ゙レ、 ゙l  .゙l  .゙l  |  .| .l゙゙l             |  .|   │
         `''-|    | \ │ .゙l  ゙l .|  .l .| ,←―――――-r",,-“',,,Z″
          /    |  `'i、l,--←'''''゙l /  .l│l゙        ,,-ンシ广゛ l゙
         丿    .|   ゙'ミヽ.__,,,,-'"  .,iト|│      ,,/ンシ'゛ .l゙   .|
           ,i´    /     `!|、    ,l゙l゙|.l゙     ,,r'/シ'".,,/゙~゙゙二''"
         `'ヽ,、 .,/       ゙゙l,_,,,,-''"` ||,l゙    .,,/゙lソ'゙,,-'"_,,,-‐'″
           `'ヘ-,,,、      `'i、   ,lリ   .,,,ji!'彡‐,ン‐'"
               `゙''ー-_   `ヽ  .l|" ,,,il|リニン''″
                   `゙'''ー-,,,,\ ,リ,,,終゙‐'

697 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/21 23:18 ID:o2FEpnIw
応援する声があったのでやってしまった・・・

ちなみに、ローザリアは第三部で出す設定があるので相当削った解説があります。
そこらへんのネタは本編でばれるのでお楽しみにー。

698 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/21 23:18 ID:9oS55VQ2
おつーローザリア国内ボッロボロだなw
そしてなんという淫乱神

699 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/21 23:20 ID:D7Qk4n7c
まあ、多神教だとよくある話だよな近親相姦


701 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/21 23:22 ID:77IRCL26
神様なんだから子作り位してもいいじゃない!乙

702 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/21 23:24 ID:8wz3heQU
逆に考えれば神様だから自重しないんだよ……絶対

703 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/21 23:32 ID:ukmCOtrU
神話では近親相姦なんて当たり前にあるからな
気にせず犯りまくれw

704 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/22 00:11 ID:aunsqcQw
乙乙w

705 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/22 00:18 ID:364K8Z1k
シェラハのAAって
今まで種つながりでフレイ様だと思っていたけど
シェリル(マクロスF)だったのか…気づけなかったぜ

706 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/22 00:21 ID:16aTD1lY
おk、落ち着け。
そのシェリルは、シェラハの人間の時の名前だ、おk?

707 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/22 00:31 ID:PZ80gV02
>>691
>本人達は小さい頃から行為があった

何歳でセ×したの?
返答はいらない、もぐ

708 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/22 00:37 ID:6nDYYmw2
シェリルじゃなくてフレイ・・・ガンダム種的に考えて・・・

709 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/22 00:39 ID:TSiF8aRg
ドラえもんが女に襲われアッーー!!とか新鮮だなおいwwww

710 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/22 01:03 ID:0dWHKzhw
阿部さんに狙われてアッーー!!とか結構あるんだけどねw

711 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/22 05:50 ID:jDG4pZxY


712 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/22 07:45 ID:mUSXyd7Q

アン様が割と真面目なのに比べてシエシエ黒すぎ噴いたw
そして野望がすでに潰えたサイトざまぁwだがもげろ

713 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/22 10:00 ID:BxssCy2I
奴隷がきっちり働けば国はなんとか維持できるんだよ。
ローザリアはこんだけボロボロだが、崇拝者という奴隷が大量にいるから
きっちり維持できているんだな。
アルベルト死んだら終わるから教祖死んだ後の宗教団体と同じだけど。

後なんで1の連中が若いのかわからんかったんだけど運命石のせいだったのか・・・。
やる夫若返らせてもっとハッスルさせようぜ。

714 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/22 10:04 ID:Cx7y1Lpc
>>691 行為→好意

715 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/22 10:52 ID:DxhBL9FI
だからどうして、違和感ない誤字をするのかとw

716 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/22 12:24 ID:2oLlUkyU
サイトですらまともじゃないよ常識的に見て!

717 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/22 12:38 ID:iiYoBgBY
>>716
このスレでは常識にとらわれてはいけないw

718 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/22 19:55 ID:MmpV8X9I
あらクジャラートとかの方は無いのか?

719 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/23 12:42 ID:FBvR/ee.
>>716
(このスレ的には)常識とは投げ捨てるもの

720 ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/23 13:03 ID:l/yOOes.
キャラ紹介の続き、ひとまず投下します。
今日はアバロン以外の周辺諸国とかだよー。

721 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/23 13:03 ID:l/yOOes.



                        /               |             . : . : `ヽハ         }
                     '           . : | i |      . : }    . :|: :|  ∧      ,′
                   i {  . : | | {   { . : | i |      . : } |     . : | : :|  i ハ    /
                   | {  . : | | {八 { i、 |i |   } . :| . :}. :} | . :} }. :| : :|  i: : V   /
                   | {  . : | | {ー==ヽ| 从  }ー从‐==ノ从ノ ハ丿: :|  i: : |乂__/_
                   ∧{\ ヽ八从xテ云芯  ヽハ >そ云芯`Y   : : |  i: : し'⌒ : :`>
                       ヽヘ : :∧、_辷ツ        、_辷:::とつ|    : : i|  ii / /. : //
      . -‐ ………… ‐-  .       〉 : :∧ ::::::::  }     ::::::::::::::::: |    : : i| ハ/ / ////
     「          . : : : : : : }     /∧ : : ∧    ヽ             |    : : i| し' //////
   ..斗           . : : : : : : ;    ///ハ  : :个ト .   ー、 ―一v'ノ  /|   . :八__ ///////
. / く|          . : : : : : : : ,′ ,/////i  : : | j'//> . `こ  ´  .イ/|   . :,'////////////
 {   |          : : : : : : : :,′ //////|  : : : :}///{::{/>   < ///|   . :,′///////////
. `ヽ. |           : : : : : : : ;   i//////|  : : .:}///{::{////\/////|  . :,′///////////
  / |            : : : : : : {   j//////|  : : .:}'//∧:∨//////////| . :, ////////////

ぷはーっ! 激しい運動の後の一杯は臓腑にしみるでありんす!

 父上、わっちの雌穴がよかったのはわかるが、ぼーっとしてないで説明続けてくりゃれ。




   /´ ̄ ̄ ̄ `\ ブツブツ…
  /          ヽ
 ./            ヽ ̄/ ̄ ̄ ̄/
 |            | /     /  誰のせいで編集が進まないと・・・・
 .|      , ───ヽ、      /
  ヽ    /      _|)──′  キモチイイカトイエバヨカッタケド
   \_ /        | |
   (_/            |_j
    |          ⌒ヽ
    ヽ         / ⌒ヽ
      \ /  /⌒ヽ     |   もういいや、次はローザリア周辺諸国いくよ?
       ●、_|    |ヽ_ノ
           ヽ、_ノ

722 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/23 13:03 ID:l/yOOes.


       ─────ガレサステップの人物─────




                   ,. ´  ̄   ``ヽ、
                   /        〈⌒Y^7⌒) _
                   /        〈^V´  ̄  ̄ V 〈
                 /        /^Vイ       K ノ
              /        〈_/          `i
                 /        /l.::.::.::..: .i: :/ .:/: ./ ト、
            /. :: . :: . .. : .. : :Vi/l.::.::.::/l メi.::/: : / . l  l
      、 _ __/. : : : :: : . :: . :: . :/⌒t、::::/ リ_」メl.:.:/. : /. : j!
       `> -.イ: : / : : : : : : : :.〈 い1ト、::l ミハト、V.:.:.::/: :./:!
          //.:/: : : : : : : : : : : :ヽ _ノ:::ト、! Vソ/.:/l.:.:/ リ
           /.:/|: : :/i: : : : : : : : : : :/^i::::|     く´  l:/
          .l/   |.:./ |: /l: : : : : _/_ ⊥.:L    /  ′
             /^|/ ̄.|/ 」 イ ̄7<    `ヽV
         /    // / ___ノ __ノ      `1
         ム  ,.イ: :/   (_   `ヽ     ノ                      ノ
        /⌒V/´_/    /     ト、 (⌒
         〈  // / /´  ̄`´  `丶、 」丿 V⌒',     rrrrry    (Ql!  ノ
        ) // / /: :.   .:       \   l      /a〃      |:l|    )
        〈//, ′ Vl: : : . .:         /  /     /m〃       |:l|   (
       /´く⌒ヽ_丿:、 : /:.:.        / ト、/   /m〃      ,r‐'‐'┐        )
        /,r 、__フ . : : : :V::.: : .     〈 i 」   _ ノ ).:〃      /  `ニヽ       (
      ./イ |   : : : : :i:.:.:: : : .  /.:  〈 「  / / 7ハ      /   `V     (
     /.:.l  |   : : : : :|:.:.:.:.: : : :/.::   V  /  l  し' 〉  ,r ─く   ∧i      )   ノ
      /.:.:.l  |     /⌒L.:.:.:.:.:./.:::::.   V^ i  ノ Yイノ /    l __ノ i:l|   (
   _/.:.:.:.:l  |  〈^V/ ̄ ̄ ̄`ヽ:.::::.:.   ヽ_K__ _ノ        / -‐ =======ュ7´ ̄`7
 /⌒L.:.:.:.:l  L.-‐"´    , ..イ 二ヽ:::::.           .: .: /.: .: .:. :.: .:.         U⌒U′
  /⌒ト、 ̄`` ー-  __   ノ ノ. : : : : .\.:.   .i   .: .:. :. :.: / i .: .:. :. :.:.:.:.        .:. :. :i|
┌─────────────────────────────┐
 *サルーインを倒した英雄 タラール族族長/アイシャ・ヴィルヘルミナ
└─────────────────────────────┘

  アルベルトと共にサルーインと戦った伝説の英雄の1人。
  タラール族族長の娘で、消えた一族のものを探すためにアルベルトの旅に同行した。
  旅の最中ナイトハルトに見初められ、後に彼の付き人・・・というか専属メイドに召抱えられる。
  ほとんど妾として扱われていたが、ディアナとの関係は良好だったらしい。

  ナイトハルト討伐の時は彼の側でアルベルト相手に立ち向かったが、妊娠中だったことを理由
  に戦線から離される。
  そして・・・アルベルトの手によってナイトハルトと彼との子供達が処刑された後、ローザリアを
  牛耳ったアルベルトとその信望者に呪いの言葉を残して、ローザリアを去る。

  皮肉にも、彼女がローザリアを去って最後に産んだ子供が、ナイトハルトの血を引く唯一の子と
  なったが・・・狂人たちの手にかかることを怖れて、親子関係を秘したまま育てた。
  故に、シャナの祖母にあたるが、決してそのことを名乗り出ない。

  一族に戻って族長となった彼女の方針によって、ガレサステップは現在ローザリア政府の息が
  かかった者の通過が困難になっている。

  デステニィストーン「土のトパーズ」と伝説の小剣「大地の剣」の現在の所有者。
  アルベルトが倒れるまで現役を退く気はなく、若さを保っている。

723 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/23 13:04 ID:l/yOOes.


     ───── クジャラートの人々 ────




      ,//: :ヽ: : Y: /:、: : : : : : : :\: : : : : : : : \
    /: :/: : : ∧: : ;′1: : : : : : : : : l: : : : : : : : : :∧
   ∠二ィ: : : : l::∧: :!:::::l: : : : : : : : : :|: : :ヽ: : : : : : :∧
      /.: : : : :|::::::∨::::::l: : : : : : : : : :l: : : : ∨: : : : : :∧
    ,r': : : : : : 「¨¨`""¨1: : : : : : : : : l: : : : : ∨: : : : : :∧
    |! : : : : : : l       l: :;ィ: : : :∧ : | : : : : : ∨: : :ヾ : ∧
   イ!: : : : :i: : !.      !:/ l: : :/ ヽ: ト、 : : : : ∨: : : :\;ハ
   /l: : : :,∧:厶-‐、  レ' !‐ナ―-ゞ! ヽ、: : : :i: : : : : :l ヾ
    !.:!: : ;ィ: : ト1===ミ:、   l.:/彡==`=ミ:、ヽ : : l.: : : : : |
   .l.;イ : ;ハ イl:i゙ '乍ミ1L..../;」i ィ卞ぅx、 ! ヽト、:l: : : : : :|
   .レ'l: :/  リ |:|  ヒ;リ |「 ̄"゙1l  ヒzリ` l l`ゞ- 、.: : :lヽ:.!
    レ'’   ヾ ___ノ.'   ヾ: 、__.ノノ ´rハ !:、:| ヾ
          i ̄ ̄ i       ̄ ̄ ̄  ムソ:.;ハノ
           、             r彡;〃´
           ヽ   ヾニフ       ノレ'´
            \          ´ ,L. -‐ 、_
              ヽ . _ ,   , ィ´   ,.、二ミ:ォ
               ,.-‐=ニj,.ィ'´   / ̄ "¨ヾ\L、
             _r'´  レ"   _ニ=′    二ニ=   \
           rく ヽ   j ,-=ニ¨       イ=‐- 、    >"
┌─────────────┐
 *クジャラート首長/桜田ジュン
└─────────────┘

  クジャラートの国家元首。
  新興国家としては異例の急激な国土拡大と発展を遂げたクジャラートにおいて、
  穏健派ともいえる首長。
  加速的な発展でやせ細っていた国家の基盤を整える、という地道な政策に心を砕き
  治安の改善等、善政を敷いている。

  国内の問題となっているスラムの生活基準を上げるべく、盗賊ギルドとの協力体制を
  ガッチリ固めていて、ギルドマスターのジャミルとは父子のように気安くの酒を交わしては
  殴りあう方向で信頼関係を築いている。

  蒼星石の母、真紅は妹にあたり、やる夫と真紅の仲を最初は認めていなかった。
  しかし蒼星石のことは溺愛していて、なんとか傍に置けないかと悩んでいる。

  騎士団領との戦いにおいて、やる夫と和解し、アバロンとの国交を正常化した。

724 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/23 13:04 ID:l/yOOes.
                  .,、-一'''''ー- 、.,                      ,,)\、
                ,. ‐"         "'‐ 、             ,,--、 /i/ノ ノヾヽ/^~ヘ
              ./   /          ``'‐ 、,         /  -v ,,-=^^=- 、w/  `i、
           , -'" ,.r.'/ , ' ,:'/            `'‐ 、      / ,,  ヾ/ _ i 変.i ,,、iノ    ヽ
          /  //   .'// ,.r./    .,     /      i   ,,.f/ノミ、 .//ヾz     |
         /  .//   .// .//.    ,r'r'  ,r'"` ┐     |    ||<>| |<フ||     i
       .f /./ .,:'.〃   ./ /  //    . /  / l , l./      i、   ヾ、ノ  ヽノノ      |
        ',{.i!l ,'///   ./ /  ,:' /     / . 人  l .l .!i       .i、   Vヽ、_ /V ,,   /
        .゙'(!i.f if .リ  / ./  / /    ,:'/レ ∧ヽi} ! .リ .l!        い,,   i i v i i  ,,, ;;; i
         `' !l,.{ t t' f/t/./,//  /.//./ .,ヘ:::ト, }レ,j小 .!l         i  ;;; i || | ||  i  ,,  i
         ,.r'゙´ ."'."、N {.il /∧/Z-、//l l ./.   ヽ f 川.i .!         ヘ  ;;;、 || .i .||  <   /
    ,.r '' """ ''''‐- 、.,  " ゙' ./ .i「ヾ、 `'‐-.j,_  __  .l /.ノl ,'          ∨^  ,, || i || " ,ソ /
'-<=─ - 、.,_     ` '‐、 ./ .< ≧、     .Yf-'  l ././ノ          \ ;;,/||.i.||\ ,,i /
======z-   了" '‐- 、  `ヽ、 .', "'>- 、、、 - "'‐- レ' 〃            |  iヾ ,V, ツ  |
──--- 二工 ̄ ̄ ̄ ̄`"` '''''‐ ≦- ニ‐-<豸=┴" '"             i ,,ミ ~"∧" 彡 |
        L、 -三 " `'           ̄ `'' ‐- 、.,              |    / ヘ ノ  |
       /  ̄ ̄ =‐‐---                `'' ‐- 、,         i   /  i、   |
      ./                          r  /         ノ ,, i,, ,, ,, i   ヽ
     /                         /  / ./、        / ;;  i;;   i    ヽ
     /                           / -' >      /   ;; ヾ   ノ     i
┌─────────────────────────┐   /  ;;;   ゞー"、    |
 *クジャラート盗賊ギルドマスター 伝説の変態仮面/ジャミル
└─────────────────────────┘

  かつて一介のこそ泥から勇者パーティーの一員に加わり、悪徳はびこる盗賊ギルド
  に立ち向かって、遂にはサルーインを倒し伝説の英雄となった男。

  その余りにアレな風体から怪盗「変態仮面」と呼ばれ人々に親しまれていた。

  今は一度は瓦解した盗賊ギルドを建て直し、裏側からクジャラートの平和を護っている。
  事実上、首長とならぶクジャラートの最高権力者であり、政府のよき相談役でもある。

725 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/23 13:04 ID:l/yOOes.

                    _,,.. -─────---- 、
                 ,. ‐'"::::::::::::::::::::;: ‐'"´`ヽ:::::::::::::::i
                /::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::ヽ::::::::::├─- ..,_
              /::::::::::::::/``ヽ、 ':::::::::::::::::::::::::::::`、:::::::::;:::::::::::::::::``ー-.、
                /::::::::::::::::{  iヘ、.\:::::::::::::::::::/`:ヽ:::::::;:::::::::::::::::;:へ:::::i
                ,'::::::::::::::::::/ ヽ、_ゝ o,ゝ、::::::/、::、::::`、:::::;::::::::::/:/:::::l:::|
                ,':::::::::::::::::::{ ,.ヘ o //  ヽ,へヽ、ヽ、:::::ヽ::;::::/::::/:::::::|:::!
             i:::::::;: -、:::::} ヽ_ ヽ. | !   ヽ `ヾ、ヽ:、::::',/:::::::/::::::::l:::|
ヽ、           !::::/ へ }i{ r-、``o| |    ゙、   `ヾ、//〃/:::::::::i:::l
  \          i::::{ ⌒)〉!:}.ヽ、_ゝ ./‐- 、   ゙,  9  ,o `` `/:::::::::,':::,'
    \.      /::::::い l.〈 |::{. r‐、 o i. r-、 、\   ',  |! /   /::::::::::/:_/_
     ヽ   ,. -'‐''"´゙, \}.|:::}ヽ、_ゝ | {::::::\ヽ.ヽ ゙, /7   ,/ィ-‐_ニ, ノ
   --- `/       ヽ_, |:::{ へ、.oヽ`ー='._ヽ } ', i/{::レ '" _ノ。. `ー'/
                  | i:::ヽヽ、_) oヽ、___'_.」 / /.:ァテ'フ。 ニフノ
_   /          |. !:::::ヽ、__  ___-‐_'´. !r/='‐',ノ。=ニ)_ノ′
   /               i, ┴‐。'´==‐、ヾ,.-‐─``レヘ ̄。__ニ) ノ:::/
  /           _∠∠フ/i`'''‐---'´.     {トr'n.,ニイフ/::/
/    /      ::..    ̄ ヽ i::::|  ヽ、-、_   ;:r-‐ソヽ'〈::/ /:/
      /      ::::....    ヽヽ|   、ヽ...>‐ , '´/::::{n:i  /'′
     /         ─-- ...\    `  / /::/ヾ!/
                   ``ヽ、 _,./  /''"
   /                      `ヽ、
  〃                      \
  〃          !                  ヽ
┌──────────────┐
 *大怪盗パピ☆ヨン/ジャミル三世
└──────────────┘

 世界を股にかけて荒らしまわる大怪盗。
 伝説の変態仮面ジャミルの孫であり、祖父に劣らぬ変態。
 世界中の捜査機関が血眼になって追いかけているが何故か捕まらない。

 金目のモノよりも伝説の品やらレアモノを盗む傾向があり、なんでも作れる
 と噂されるアバロン開発工房に「蝶野攻爵」という偽名で入り込んでいる。
 正体をバラしたあとも、室長のカズキと悪ノリして色々と作ってる様子。

 基本神出鬼没で世界中のどこにでも現れるので、故郷のクジャラート枠で紹介した。

 面白い事件をひっかきまわすのが大好きで、たまに盗みとは関係ない仕事もする。

726 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/23 13:05 ID:l/yOOes.

                     r=..、、
                  rー-ヘ::.::.r':.:\
                r‐、_)ヽ::.:.:.:.:.::.:ー^j_rヽ
               r:j_):..:..:.:.:.:丶::.:..:..:.:.:.::.:r':ヽ
             r..、}:.:.:.:....:..:..:..:.:.:..:.:.:.:.::.::.::.ーr':\
             _ヽ:.:.:.:.:.:._.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.::.::.::.:ーヘ:..ヽ
            {_:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:> ―、― - {`::.:.:.:.\-..、
              _ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   /  l   \ー 、:.:.:.:l:ヽ:くr..、   _
            {:.`:.:.:.:.:.:.:/     l         Y`:.:.:.:.|:..:l/.:.:.:}/_:.ヽ
             ⌒}:.:.:.:/      |    l    ト、:.:.:.:.l..:.l.:.:.イ∠⊥ノ、
              {_:rュ/ /  /  !ハ   l l l  .::l _}:..ヽ|..:.|:._:小 ̄ ヽ:ヽ
           /  .V  .l  .:|:  | l  リ:| l .::ハ_:.:.:.リ:...l´.:ィト\__ノ:.:}
          /  ...::/:{ .::| i ..:{::. !   /.::j ./ ノイ:::r‐':./:../:.:_レj:.ト- ヘ´
         /  ...: イ .:ハ  ト -┬ヽ、ト:.. / .:イ/jナ7:.不::.{__/:.:‐ァv' |::l:. l |
        / /:// :/ トトヽト-ァテ=ミヽト/ノ ィテオく/イVrj、}:.:.{ィ  |:.|:. l |
      , イ ´..:::///    }ヽ ハヘ 赴ソ     ^ 赴ソイi :ト{にソ{^´  |:j:: j|
     /イ ..::j//    ノイ /ヽ、   ′     ,リ /_:/⌒´    リ: .:/ !、
   /´ / ..::/_ --_.ニイ//, -ァ >、  '=' _ /}/´       j:..:/  l }〉
  /'  / :: /// ̄   /' <_:.ノ..: :`:._ァァ{、.:://:\        /:/  /ノ'
//   ,′ / >‐`ー- ∠/   { :..:.:, =-Vォ}ソ/ :/:.:.:.:.:ヽ_   /:/_. =イ
//   l / `ヽr‐ __.:二 _>.:´ヽ/´:. .::.>_´三  ̄ ̄__ >´‐ ´ /
!{   / /    ̄ `ヽ:\/_.:.:.:.:.: { :.:.:.:.:. :.ー、ァ..´: ̄ ̄_> ´// //
!  イ/{  __r-_―_ ̄`>..フ´. ヽ:.:. /}、-ヽ - 三-‐::_二:/://
V /:.:l `ヽヽ\::.::. { ̄:.:.:.:.:_ -‐..:´:/ :.ト 二∠´二_ -ァ´,.イ
ヽ V  :.|  ノ::.>、ヽ:. ヽ:.rく:..:..:..:..:.._:.ノ.:  .:j /∠-_ -‐ァ‐ ´/::.:.|
/ {  :.|  ヽ:.{ニブ__}:.:.:.:ー:-ヽ:..:/:..   .:/,..:<く/ /ヽ::.::.:..ヽ
 .:ハ:.  l   ``ヽ、ヽ:__ノ}:../ノ..:∠、 / イ{ .:.:./ /::.::.:..:.\::.::.:.\
.:/  ヽ. :l     ト--.'/::.:⌒ヽヽ::.ソ/:.:{:. `フ /::.::.::.::..:..:.r‐ヽ::.::.::.:`ヽ

┌─────────────┐
 *クジャラート首長の妹/真紅
└─────────────┘

  やる夫の元冒険仲間にして恋人にして蒼星石の母親。
  パーティー解散時には妊娠していたが、それをやる夫に話さずに別れた。
  別に嫌いになって別れたのではなく、アバロン王家に入る自信がなかったらしい。
  プライドの高い自信家で、火の術法の使い手だったようだ。

  故郷で許婚と結婚して蒼星石を産み、自分の死の間際に蒼星石に真実を教えて
  アバロン王家に奉公に出るように手配した。
  母親なりに蒼星石の将来を案じていたことは確かだが、やる夫に手を出されない
  ように男の子としてすごすように言い聞かせるなど、なんとなく抜けてるような感じも
  しなくはない。

727 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/23 13:05 ID:l/yOOes.

   ─────バファル帝国の人々─────




          _ ,,-r'ヽー‐-- - ,,
       ,,-''~  _    : : : : : ヽ、
    /::`':::~   /;;;;;l :::.. : : : : : : ヽ、
   /.::: ト、:::  /;;;;;;;;|  ::..  : : : : : : ヽ
   / ::: |;;\  l;;;;;;;;/   ::.. : :     ヽ
  / :::: |;;;;;;\{;;;;;;/ ,,   ::.      . . :ヽ
  /  : :  |;;;;;;;;;;;;;;;/ l.|ヽ, _   : : : : : : :ヽ
  {     |;:ト'''''''' { 1| /ゝ,,, ::::: ::.     ヽ
 |    ト=、、,  |/ !'r'戈ぐ  ::: :::.  :  ヽ
  | ::  : | .,-'`'ヽ|;〈     )ヽ ::: :::::::.  ::.  ヽ
.  | ::: : |.{     }i '`、 ,,、‐' ヾ`、:::::::::::. : :::.   ヽ
   | ::: ヽ | ヽ-‐'ノ_,,     ヽ, :::::::|l::::  :::::.  ヽ
.   | .:::  ::ヾ、ヽ、   、-‐‐'======・~|::::.  :::::::.
   | :::| :: .::lヽ::.` ‐ 、_~   / | .::| .|:::::.  :::::::.
.   |.:::| :::  | l:::. |:::::::::ー ‐'l/| .::|  |:: ::.  ::::::::.
    |:::|: :: .::::|::. ::::::: ::: / .| .::|/ |::: :.....
.    | |:: :  .:::|:::: : :. :. :.{ '^l, .| .::| /`-,,:::
    ||::::. _,,--‐‐-‐‐‐⊂,'~i_r| .::|/    ~ ー --
     ||l:::ヾ、     _,,- 'ー―| .::|
     |l |:::_.ヽ  _,,-''~ /  /| .::|
    ノ ,,|~ _,,-''~   / /  .| :::|
  ,,-''~  r'     //    | :::|
┌──────────────────────────────────┐
 *サルーインを倒した英雄 バファル帝国永遠の女帝/クローディア・インテグラ様
└──────────────────────────────────┘

  バファル皇室の血を引き、魔女に育てられたバファル帝国史最恐の女帝。
  自身の出生の秘密を知らずに育ったが、後に夫となるグレイの手引きで帝国に帰還。
  権力争いで余りのダメっぷりを見せる生まれ故郷に嫌気がさし、問答無用で全てを
  牛耳り、自分達と邪神との戦いに無理矢理協力させるほど屈服させた。

  わん娘に化けた女神エリスと共に育ち、魔女の英知と術力と腹黒さを徹底的に仕込まれ
  るという人類としては規格外の生い立ちを辿っており、彼女に逆らえる人間はいない。
  なおその教育方針は友人ゲラ・ハの子孫であるアーカードや、みずからの子孫にも施され
  ていて、どれも人間力が半端ない頼もしい方々に育っている。

  デステニィストーン「気のムーンストーン」と伝説武器「エリスの弓」の所有者。

  アルベルトを真っ先に見限り、ローザリアに対する制裁措置を何度も行っているが、
  当の彼自身が表向き綺麗だった頃のクローディアしか認めておらず、バファル政府に彼女が
  傀儡にされていて、今のクローディアが偽者だとかいう妄想にとりつかれている。

  やる夫にとっては恩人の1人であり、薔薇水晶とやる夫の関係を知っていながら
  「ヤりたきゃヤってろ。ただしケツは自分でふけ」と咎めなかった人物。

728 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/23 13:06 ID:l/yOOes.


             |/::::::::::::::::::::__  -─ -- .__
          _..L -─   ̄ ______,,、--、 .,___ ̄ ‐- .._
   _,.. -‐ 二 .....::-┬<二,l___に二二 -<ヽ\`ヽ::::::::::::: ̄:::::`ソ
     ̄::::::::::::::::::::::∨,ィ弋tタン /ヽ 、弋タ ン, ミ!ヽ\ハ::::::::::::::::: /
    :::::::::::::::::::::::::::::l,   ̄´トへ \` ̄  / ミl-‐、ヽ.}::::::::::::::;.'
     ヽ::::::::::::::::::::::::_l/`ー'´\ソー‐'`ー一' 、.!/ヽ!ミl:::::::::::::/
.     \::::::::::::::/-l/, , ,ィ ll´ ll l゙iト、  l  ミl )ノ,!ヽl::::::::/
        丶、::::{ l l///l, '´ ̄ ̄`゙ヽlヽィ{、ミl(_ノミミ)/
           `¨ \l }リ   ,=- .,__ リl\ヽ,! l| ヽ〈
             ハ/ /// |l |l llヽl lハミミ/  l|\、}
              〈/|∨l | _リ リ リ川 ll─-- ⊥.__l__
         ┌─---ヽ! \/:::::::`Tフノノl/、 l    ,. -‐‐}
.        ;  l   ノ:!   丶:::::_j;ィ'" //:ヽ. l  /
.        ,'/| l  ./ : |  l  /   /./::::::| l (__ノ
       // l l /: : : l    /  _/ / :..:::| L.____
      //::::l l_/__-‐┴─=  ̄      ̄
     /:// ̄`ソ´⌒ヽ∠ニニ>-──‐-、     /´ ̄ヽ
        /    |    /─-<¨ ̄ ̄ ¨ヽノ   .l    {
       f⌒゙ヽ  l    〈    \____〔二二二|    '、
       |   ∨|    ',     V-───┤ ハ.    ヽ
     ,r‐|   l ',j    ',      ト、{二二二}/ ヽー== 〉
      .│!  _l ト、__ー‐ハー--- ノ、 \   /     `/
┌────────────────────────────┐
 *サルーインを倒した伝説の冒険家「グレイ」/ジョセフ・ジョースター
└────────────────────────────┘

 「グレイ」とは冒険者としての通り名で本名はジョセフのほうである。
 夢と冒険と神秘をこよなく愛する根っからの冒険野郎で、命の危機もなんのその、
 難解な事件ほど首を突っ込みたがり、ユニークで奇抜な発想で乗り越える。

 後に嫁となるクローディアの帝国帰還への護衛をしたことが切欠で、邪神と戦う
 英雄達の伝説に名を連ねることとなった。

 世界を救った後もまだ見ぬ未知の世界への冒険心を捨てられず、クローディアの
 目を盗んでは帝国を飛び出し、様々な逸話を残した。
 もっばらキャプテンホークやジャミルとつるむことが多く、クジャラートの盗賊ギルド
 にはグレイの動向を探るためにクローディアの間者が相当数紛れ込んでいる。

 やる夫の恩人の1人であり、キャプテンホークが死んだ時に、やる夫をアバロンまで
 送り届けたのもこの人。


 ちなみにクローディア女帝の夫として帝国に何もしていない、というわけではなく、
 幻体戦士術の有用性を説き、帝国に普及させたことで多くの兵の命を救った。

 いまや入団に幻体戦士術必須なバファル帝国騎士団は不死身として怖れられている。

 多くの仲間達のように運命石で若さを保っているわけではないが、サルーインを倒した後も
 常に冒険に身をおいてきたため、際限なく成長を続けてきた。
 おそらく地上に存在する人間の中でも最強の万能キャラに育っていることだろう。

729 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/23 13:07 ID:l/yOOes.


                v-、___,,,,,,,,..........r-----‐‐‐‐‐‐‐‐‐、
               r'´                   ""'''''"\
              (                  _,,,,       >
            _|`''┘  /`-、           /        /
            }\  /  / ヘ        /      /\ /
           _r'  ゙'''┴</ィ'⌒ヽ,,,,,,,,,,_____    〃⌒ヽ//))) y
           _|        `ヽ,;;;ノ;;;;;;;;_,,____ '''‐-、,,\;;;ノ/〉///
           )  / ̄\    ゙'''‐、,,_゙'''‐、,,_゙'''‐-、,,_゙'''‐-、,,)//
          / //ヽ、|   _,,-''~_,,,,二_,_‐、,,>∨/''‐-、 ~\〕
         /^ 〈 ( /( |_,,,/   `ヽ、`ヾ、ッヾ、_ ゞソ_,,,,_〕~\ ヽ
         |  \\ >      _ , ,,二二 -'´  ノ_=;;-‐''( ヽヾヽ、
        ,ノ゙    〉、oノ|     /          |`='/   )ノ  \\
       r'     / ' ::::::|    /         ,,_,,___| /   〃    ::::)
      ,ノ゙    /(   :::|    '          \,::''"/`'‐‐‐(--- --- '´
     _∠-‐'''""~ ̄~"~ ̄ ̄~`ヽ      _,.......、_,.. /
 /"~ ̄  _,-‐-,_,ィ'⌒ヽ    //     ‐''''''-==-`/
 〉    ./   {    |   //\     "''ー-‐''/
./     { `-''' 人`-'''ノ   :|:| ::::\     r' /
       `''‐''´  `''''´     |:|  :::::::゙'''‐-、,,__/
"''ー-――             .:::|:|_________,,,;;:::::/    __,,,、、、、,,_
::::::::::::::::::                  / /--‐‐''"  _,,,,, /
::::::::::::::.                ◯  } /"~ ̄~ ̄ ̄  ::://
                       |/        .:::://
┌────────────────────┐
 *バファル帝国第一皇位継承者/空条 承太郎
└────────────────────┘

 数いるクローディアの子孫の中で一歩抜きん出た、次期皇帝と目される男。
 クローディアとグレイの孫にあたり、祖父グレイと共に冒険の旅をしたこともある。

 いかなる時も己を貫く、クールな男。命の危機にさえ冷静さを全く失わない。
 その鋼の精神力と、己の決断を信じる確固たる自分をもっており、数々の謀略も
 モノともせずに蹴散らしてきた。

 反面色事に対しては一歩引いたスタンスを貫いていて、それ絡みのことでは呆れを
 隠し切れないところがある。

 その昔、翠星石との婚約の話が出かかったことがあるが、やる夫が娘との関係を
 暴露したことで白紙になった。

 その際に、目の前で娘との合体露出お断りプレイをされたことで腹を立てており、
 以後やる夫と会うと殴りあいに発展するほど仲が悪い。

 端から見ると仲がよく思えるところもあるが・・・・。

730 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/23 13:08 ID:l/yOOes.


   ─────バルハラントの人々────


              ,.イ      ,...ィ
            /:/__...-――::´/
       /{  .,..::´:/´:::::::::::::___.∠.._
      ./::|./::::/:::::::/`::....、::::::::::::::::::`ー――/
      {::::i!:{ ̄`:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ::::' ̄`ヽー‐ ´
      .Y:::∨:::\:\、:::\:><、::\:::::::_`ー―..ァ
     / ̄`;r:ヘ::::{:::ヾ.、`:x≦ヽ:::::`ヾ`\:::::::::\ ̄
    /::::::::/::::i::∧ヽ::::Xイ´:::ハ`ヌ:ヽ:::::∨ヽ:::::::::::::\
  /::::::;イ:/:;!__|_|__ヾ\:ヽい_ソ  ヽト、::Y^ }:::::::ヽー≧
<:_://::|:/|::::|:liイハ  ` \     }∧{ /::::::ト、!
     .'::::lイ::!:::}ハ.マリ 、 __     /' }T´:::::ト{
     |::::ハ::Yハ   i´:/´`ヽ     / 」_ハ!
     |:/  }::|ヾ:圦  ∨   }   ./ .|:f⌒i:|ハ
     {'  ヘ:! \|\  \_ノ      |:|   !l .{
           {  _> .       _|:|  /!∨〉ニニ>― 、
            /, -ミi ` ̄´Y´::::::|:|/ ヽ/    i    \
         ,ヘ___!'  |!  ./;ィ!:::::::::Lニニ;:ア   i       \
        / /-/   || /: :|[o_o]イ   //    !       ヽ
     ,、__,<  i./ ./  /ムV: : :!:::::/:/  //  _,〈  _____/__
   / ヽ .} i! ./ イ,ィ≦イ: : :.l:::/: : :!  .//ィ ´   ∧ ̄ ̄`ー― -'、
,.‐<   .ヽ.! i!  |「   /《: : : !/: : : l .// |:|     ∧        \
   .\   ヾ. i!  ll  ./: : ヾ.、/=≠| //  i:i      \
        ∧ ll /: : :.〃/:ヾ.、: :.|イ    i:i         |\
┌─────────────┐
 *バルハル族族長代理/エリオ
└─────────────┘

 シフとアルベルトの子供。
 アルベルトの変貌に絶望したシフによって幼少期に性的虐待を受け続け、
 ショタな外見のまま成長が止まってしまった。実年齢50歳。
 今では親子関係は修復しているが肉体関係は已然続行したままである。
 シグナムの父親であり、奔放なシフにかわって一族をよくまとめている。
 しかし家族内の立場は一番低く、性的にも搾取されまくっている様子。
 母と妻と娘達を1人で相手していたのだから、シフの化物のような体力を
 ちゃんと受け継いでいるのだろう・・・・・。

 ちなみに、キャロが彼とシグナムの子供なのかどうかは読者の想像に任せます。

731 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/23 13:08 ID:l/yOOes.
              /ヘ
             /    ヽ_,, -- ─ー -- 、,
            ノ      ヽ      ヘ、`ヽ、
          /               ヽ  ヽ
        / /               ヽ  ',
       / /         ヘ  i i  i  ヘ  ',  ',
.        /// / / i i ! |   ト i! il  |    i   ',   ',
.        |′i  i  i 廾ト|、i  イ!千刀 ̄il`  | |!:i   ',
        |  ! i i! | ftュハ   ム仆ミ≧!| |  | |i }   ヽ、
        | |l | i! リ f;;}ヘ  / io゚;;;;;ソリ /ハヘリ    ヽ、
        | |! ! \! L;j }ノ   込;;タ / /リソ_ノ       \
        \!ヘ !ヘ  ト、´、       /´ ノ/:入.     \  ヘ
           リ \八   __,     /(: : : ) トヽ  ト、\`}
                \        ノノゝ.イ ハl\ | \ !
                 /\ __ /    ,,イトリノ  |  `   リ
                ノイ /イヘ),,,,,、-'''´/:/ i `\
                 i //イレヘ < > /:/  i    \
                /,イ∧;;;;/ヘ ./:/  i      \
               ///:/ /;;;;!   〉::/   i    /  ̄`ヽ、
             // /:/ /;;;;;;;i /::/   i    /      ',
            / く  /!:/´:::::`/:::::/    イ  /         i
           /  ∨ ∧i::::::/::::::::/ヽ /  i! /           |
┌───────────┐
 *シグナムの母/シャマル
└───────────┘

  シグナムとヴィータの母親。無類のショタ好きで夫がドストライクゾーン。
  この一家と長年過ごしてきた故に、元々はカタブツだったがすっかりエロに
  染まり、娘達と夫が交尾しているのを見ても「あらあら」で済ますようになって
  しまった。

  盟主が登場する前の平和だった騎士団領の出で、カリムとも交流があった
  様子。
  ちなみに、これでもエリオより10歳以上若い。

732 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/23 13:08 ID:l/yOOes.

            ──── サンゴ海の人々 ────



`゙ ´ /; ; ; ; ; ; ; ´--'; ; ´; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ゝ, ゙); ; ; <=,
-=; ; ; ; ; ; ; ; , -.イ; ; ;; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ¨; ; ; ; ; ;{_ヽ-.、r---、
; ; ; ; ; ; ; ; ; ;.イ }; ; ; ;r‐'/; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;_; ; ; ; ; ; ; ; ;ヽ ,v-、 .}
; ; ; ; ; ; ; ; ;/; ; ; ; ; ´ /-,; ; ; ; ; ; ; ; ; ;.ヽ ゝ; ; ; ; ; ; ; ; ヾ; ; ;l(_
; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;'-'.ィ イ,--'/; ; ; ;f ャ__ノ──、;iv,; ; ; ; ; ;ヽ (__ノヽ、
; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; イ/`彡ゝ ヾ´  、 i  f-'.v, ,ヾ,; ; ; ;__r ._  r' r-‐、
; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;_; ; ;r--,.f __ ヘ j  ゙i; ; ; ; ;゙' ; ; ; ; } } ゙i    .f
; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; <´`‐'  <r'。,、ヘ.'_, - j; ; ; ; ; ; ; ; ; ;ヽヽ; ;゙ー‐'´ f゙
; ; , --- 、; ; ,r‐ '´ ヽヽ、 > .i    `_-`´.f≒.ヲ.; ; ; ; ; ; ; ; fi; ; ヽ; ; ; ;/`-' __
/: : : : : : : ヾ、、   ヽ ,/  l  f ´    l .ヽ.j; ; ; ; ; ; ; ; .ノ,!; ; ; ; ; f`ヽ- ´
: : : : : : : : : : : ヽ   ヽ'  ヘ  l   _ ..,, ,.j /; ; ; ; ; ; ; ; l,j' ; ; ; ; ; ; l__,r─.、
: : : : : : : : : : : : : ヽ   ヽ  l ヘ ヽ /´゙-==ァ./─── 、; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; r゙
: : : : : : : : : : : : : : : l 、   ヽ l ヽヾ-== ´/ `‐- 、   ヽ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ゙´
: : : : : : : : : : : : : : : :.} ヽ、  `ヽ ` . 、__ノ  ヽ、   ヽ   ヽ; ; ; ; ;_. >----、
: : >‐ ´ ̄ ̄` ヽ、:ヽ   ヽ、   ヘ 、 r‐ '     ヽ、l    .ヘ ̄ l: : : : : : : : :
/.   il        \ヽ    ヽ、 .ヘ ヽ    __ l .l     }  l: : : : : : : : : :
     il         ヽ, - 、  ヽ、ヘ ヽ./    lj     ノ .ヽl: : : : : : : : :
┌───────────────────────┐
 *サルーインを倒した英雄/「海賊王」キャプテンホーク
└───────────────────────┘

  伝説の勇者パーティーにおいて、伝説中の伝説とされる豪傑。
  サンゴ海を荒らす海賊の1人だったが、当時のサンゴ海を牛耳っていた
  顔役に目をつけられ全てを失い、その後に英雄達とともに戦い、サンゴ海に
  ホークありと言わしめるまで伸し上がった。

  サルーインを倒し世界を救った後、荒くれものの海賊たちを力でまとめあげ、
  サンゴ海の全ての人々から「御大将」と呼ばれる。

  自分を慕い傘下に入る海賊達が後を絶たず、膨れ上がった手下どもを食わ
  せていくため一念発起してサンゴ海に海賊国家を樹立することを宣言。
  ほとんどの大国が認める中、ローザリアのみ拒絶を示し、戦争にまで至る。

  しかしその理由は、ホークの持つ「風のオパール」を欲するアルベルトの要求
  を拒絶したからだった。
  (無論海賊国家などという悪の台頭を認めないというローザリアの主張もあったが)

  戦争は有利に進めていたものの、最終的にはアルベルトの一騎打ちに応じて討ち
  とられる。
  その時の遺言から何者にも屈しない意地を見せ、サンゴ海の海賊達は今もなお
  国家の圧力に屈せず、ローザリアの船舶を中心に沈めている。

  他にも数々の冒険の逸話を残しているが、アバロンの先代女王薔薇水晶がまだ
  姫であったときに、その命を救って恋仲になっている。
  やる夫の血を分けた父親であり、そのことは本人も認めていて、薔薇水晶に黙って
  船で冒険に連れ出しては、男を磨く方向で熱心な教育をしていたらしい。

  息子と同じオープンエロで細かいモラルは気にしない人なので、薔薇水晶や娘達
  とシてきた今のやる夫を見ても、馬鹿笑いして喜ぶだけだろう。

733 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/23 13:09 ID:l/yOOes.


              /  ̄ ⌒  丶     / ̄ ̄ ̄ ̄
    _ -        /         \   |  ひょーー
   /::::::::::;;;;;)     /ヘ   /⌒\    丶∠_____
  (:::::/;;::::::;;;;;;)   | へ : /___    ト〜 ー _
  ⊥::::::(;;::::;;;;;;;;;) ┌〜^~ /ー―ヽー/~) |    /  丶〜
 /:::::::::(;;;:::::);;;::く  |⌒~/R;;:  ::::;;;;;リ /∂| ):〜─ _ / \ ̄ ヽ
(;::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;|  |_j|  丶___ノ   ;/| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`\/\:::::::\
 )::::::;;;;し::::::::::;;;;;;;ノ  | | ヘ   丿 rこノ~ノ⌒ー _;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ::Y  \
し;:::::::::;;;;;;;;::::);;;;;;;;;;)   y し〜⌒〜、/:: r |;;;: \ ;:: |:| 〜  _ \  \
 \::::(:::::::::;;;;;;;;:ノ //        \J  |;;;::  ~;;;| |:|      フ\  \ |
  (;:(;:::::::;;;;;;;;;;;;ノ / /  人      ヽ:  ノ;;;::  ゝ |:|     r   \ ヽ)
    \::::::;;;;;;/ /  |  / ∨\     |:: /;;;::  /   |:|     /    丶 ヽ
    (::::::::;;/  /  | /    ヽ    | |;:: /    |:|    /      \
   (⌒  ̄ )ヽ  //|/      \   |r;:/
   r⌒  ̄ )し  //          ) \ )
┌───────────┐
 *サンゴ海の重鎮/ゲラ・ハ
└───────────┘
  亜人ゲッコ族の存在を天下に知らしめた伝説の英雄の一員。
  ホークとともに邪神に立ち向かい、徒手空拳で渡り合った神の拳を持つとされる武道家。
  「武天老師」を名乗り一線から退いたものの、ホークを助けてきたその実績は誰もが認める
  ことであり、サンゴ海の荒くれ者たちも誰一人頭が上がらない。

  大事が起きたときに調停に入ることを主な役割としていて、自分が海賊を率いて活動する
  ことはない。だが、実質的に彼のもとに海賊達は一応のまとまりを見せていると言える。

  弟子はほとんど取らないことで有名だが、前途ある若者に目をつけて手ほどきをすることも
  ある。

  ホークの忘れ形見やる夫には幼い頃に技を伝授し、やる夫の最初の師といえる人物。
  アーカードの曽祖父にあたり、無茶をしてばかりいるやる夫に預け、お目付け役としたのも彼。

  噂ではオパールの行方を知っていると言われているが・・・・・

734 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/23 13:09 ID:l/yOOes.
         ヽ、    _,,..-―-..,,
   -┼-    |     `ヽ:::::::::::::::::ヽ
   .,-┼/-、  ヽ-――-..,,_\:::::::::::::::\
  .ヽ__レ ノ     |:::::::::::::::::::::`ヽl::::::::::::::::::ヽ
         /ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::└''"´ ̄ ゙̄''-..、
    o    ヽ、_ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     o       |::::::::::::::::::::::::::___::::::::,,..-――-..、:::::::::::::::::::
    o     /::::::::::::::::::::/,,-、 |/ ,,-''" ̄`ヽ ヽ、::::::::::::
            .|:::::::::::::::::::///l |   ,,-''"´ ̄`ヽ/ /::::::::::::::
        _|>:::::::::::/ `´ 〃./,,..-‐-..、   .. ̄ ̄):::::::
      ,,-''/::::::::::,,..-―-..、,,-''´     _ヽ、   /::::::::::
__   _( . ̄ ̄/      ・}{ ・     、__l||   '-‐''"´|:::
 ヽ_丿     .〃~´  __/ ヽr γ ζ  〃     /::::
‐-.、        .ゞ==./n n ヽ  ` ‐====''"   .|  /::::_::::
 /‐-..,,    //                  U ///::::
'´     `ヽ、,' .l./⌒ヽ-‐-―‐''´ ̄ヽ、         /:::::
       ,.'   {  .______   ヽ、       l   |_:::::
        l   ヽン |::::::::::::::::::::::::::ヽニン l      し  /::::::
         |    |ヽ="l:::::::_::::::::::::::::::ヽ二|         /::/
       ',  l .|:::ヽツ/ ./ ̄ `ヽ::::::::`''|   |.l   .l/
  /    ', | |:::::::::::l  ./    ,.-- ヽ::::::::|  .U      (
 / /    .', .|:::::::::::ヽ、_ /     .',::::::|      r‐-、
.//  ./  .', .|::/ニ|::::/      /ニ/ l   ./⌒ヽ__,
./  /     ',{  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ̄/ //  ∧
  /  ,,..-'' ̄ ̄',` ̄ ̄ヽ-''"`ヽ__,,-''´-'′  /:::::`''‐‐''ノ
    /  |     ',          _,,...-――''":::::::::::l''"´
    .l  .|      ヽ __ ,,...-''"´      /ヽ、:::::::::`''-..,,
   |   |    /:::::::::::::::::::::        /\ ヽ:::::::::::::::::\
    |   .|      ::::::                 ヽ \::::::::::::::
┌───────────────┐
 *?????????/ヤムチャ
└───────────────┘

 最近ゲラ・ハのところに転がり込んできたという押しかけ弟子。
 ゲラ・ハが拒絶したので船の雑用をしながら技を盗んでいると主張している。

 出身はアロン島で、故郷で頂点に君臨していたが、おそるべき強敵に敗れて
 居場所を失ったらしい。

 その復讐のために力を求めているところがあるが・・・・ちなみに、ゲラ・ハは
 新婚旅行イベントの時に再会したやる夫に押し付けようかと思ったが、丁重に
 お断りされた。

 水銀燈に色目を使っていたのではないかという噂もあるが、本人は彼女ではなく
 アイスソードに目が言っていたのだと言い張っている。

 やる夫に殺戮されるかと思われたが、何故かやる夫はその主張を信用した。
 どうも以前から面識があったようだが・・・・?

735 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/23 13:10 ID:l/yOOes.



              /+++      冫'               メヽ
           /::::::::≠    , '' _,,. z ‐ - 、    メ::::::ヘ
             /::::::::≠    /-<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>-- = ,,,,_ ヘ おい、父上・・・・何故に「こやつ」がおる?
          /::::::::≠     /:.:.:.:.:.:>= 77''= ュ,,_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`''ヘ
         ,'++++   ,  /:.:.> '´ハ: :ト,l: : i:/ l: :`}'{= ‐- = ;,;:ヘ
         {     ,' /<:.ハ: :}:l_,,W,,リl:l''iヽ}i: :i八: ト; : : : :}`lヘ
           / ,.'   ,'  ゙<、_ハ:,'レ{`:::::::uヽヽル'リ j:,',,}l: : : :ハ:}:.リ
        { ,'     i   ノ:.:.:.ヽl 弋z.ツ  ゙ '  斗ヘリ: : :.ノ i!/  というか、紹介していいのか?
        | ,'     { /:.:.:.:.:.ノ:l    ̄`     弋リ/レ':リ'':.:.,'/
        /++    |':.:.:.:.:./l: :.l         ヽ` ハ: ,':.:.:.:.:〉
          /::::::::|   .|:.:.:/: : l: :.l     _  '  ノ: リ:.:.:.:.:|'  読者もポッと出のモブキャラだと思って
       /:::::::::::|    ',:.:{:.:ヘ: :l: :仆、   `‐- '  /: ノ:.:.:.:ヽ|
        {:::::::::::::|    ヘ:.l:.:.:.ヘ.l: :l   ヘ、    /:,, ィ´__; -r '  おったのではないかや?
       l+++++    ゝ-、:.:ヽl     l>イ-彡 ''´   {
         ヽ、 ヽ`'' 、  .ハ:.:.:ハ.  /:.:.y '´_ - '''_   - ' 、
       r'⌒` ‐ ‐- 、` 、 .}:.:.:.:ヘ,/:.:.:.:/ , y - ''      ヽ
      /      ‐ -  >-+‐‐‐‐‐‐-t_''              ハ







          , -────- 、
.      /       /⌒ヽ⌒ヽヽ   今後再登場する予定だから・・・・
    /     , -| / (|)\ | \
    /    /U ヽ、  .l、__ ノ\ヽ
.   /    /       ̄ ●   ヽl  まあ、この人の正体については、結構
   i    /      ̄ ̄   | ── |
   |.   l      ̄ ̄   | ── ! ヒント出したから、わかる人にはわかるんじゃないかな?
   |.   !       ̄ ̄   |   ⌒ヽ
   |.    |           __|___ノ 強敵が何者かと、「それ」に彼が敗れたことが何を意味
   ヽ   |   / ̄ ̄     /
    >━━━━━━,-、━━く    しているかも・・・・これは重要な伏線だよ。
   /   /       '、フ  ヽ ヽ




              , -──- 、
            /     __  \
       ___ / ____/_ヽ  ヽ  さあて、あとはアバロンだけど・・・・
    o_ /    //   、( ./iヽ  i
    /      ┃ \\ヽ ● .| ノ  |  人が多いからなぁ。一発で投下できるかなぁ?
   ./    /|   ┃_   / ` -へ  ! ___
,-/^|    | ヽ   ヽ   ̄ヽ ヽ\ヽ  j / \    \
 ! | ヽ、_/ \ ヽ、 _b\   | `   / )  /`===! 気長にまっててよね。
 `-` ー ´  ̄ ̄ 、-( __)-` ── 、- ´ ̄  !===/
            \    \    \
               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

736 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/23 13:13 ID:l/yOOes.
ということで、ここまで投下してみました。
残るはアバロンのみ! PCたちの紹介とNPCたちの紹介にわけるとか、一回で投下できないかもしれない。

737 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/23 13:14 ID:yGe7fiXk
乙です。

ここまで親しみを持てるエロールには、何故か同情を禁じ得ない気持ちになるな。

738 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/23 14:07 ID:YxBwBBr.
乙乙〜

739 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/23 14:13 ID:FBvR/ee.

……ヤムチャは……おそらく、アレか……w
字面的にも合うし

ところでサンゴ海で思い出したけど……ミンサガで出た伝説のあの方は……出ないのかな?(チラッ

740 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/23 14:18 ID:Tjdnlk8Y
乙〜

運命石って装備し続けてると若さを保てるのは分かる…
だが性的虐待で成長ストップだなんて…

マルダー&キラベルト許すまじ

741 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/23 15:07 ID:kduHbahE
承太郎・・・・うん、普通は怒るよな・・・w

742 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/23 16:15 ID:d3iLa/XE
よく国交断絶しなかったなw

743 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/23 16:41 ID:6somoWVc
普通にトラウマだろうて……承太郎イ`
やる夫は国としてペナルティ払ったんだろうか?
メンツ潰した形だから賠償無しじゃ戦争一直線だろJK

744 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/23 17:14 ID:l/yOOes.
 >>741 >>742 >>743

そもそもの婚約の話しでさえ、クローディアなら企てさえしません。
この件そのものが第三者の陰謀だったりしたので色々あって有耶無耶になりましたw
でも結局承太郎はこの件で、やる夫のふざけたキャラクターを毛嫌いするようになったという・・・ある意味陰謀成功?w

745 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/23 17:20 ID:6somoWVc
バファル帝国ともあろうののがウラを取らなかったのかw
そうして承太郎が一番割を食ったと…カワイソス

746 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/24 00:04 ID:7Hu4VqN.
ところで解説も途中なんですが、折角のクリスマスなんで、エロい話でも投下してみたいぜっ・・・
書いても、いいかな?

747 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/24 00:05 ID:lYDZrUh6
いいよ。出来たら長めに

748 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/24 00:11 ID:8KU6yKiY
駄目な理由なんて、何もないさ、さあ、欲望のままにGO

749 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/24 00:13 ID:tA5y3.hk
当方に迎撃用意ありッ!

750 :名無しのやる夫だお[]:10/12/24 00:16 ID:nd0/LjTE
いいともー

751 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/24 01:43 ID:jRAp8y5M
OK

752 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/24 03:16 ID:qaNFSRls
私は一向に構わんッ!!

753 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/24 04:12 ID:IQZff4j6
もう読者がドン引きするくらいエロくしてください!

754 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/24 08:16 ID:gCJilfVk


755 ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/24 10:22 ID:7Hu4VqN.
        _____
      //⌒ ⌒ヽ  `\
     / / ・/・  / 、    ヽ
    // `ー●ー ´   \   ヽ
   /^ 三 /  三     ヽ    l  じゃあ、そろそろアバロンの解説にはいろうか。
   ヽ.__ /     __  l    |
    | ヽ ̄ ̄ ̄ ̄   /  |   l 量が多いからまずはアバロン王家の紹介からだね。
    ヽ \/  ̄`ヽ/  /   /
     ヽ  ヽ、__/    /  /
      >━━,-、━━━━┥
      /  / ヽフ /⌒ヽ ̄  l





           /::\.    〈: : : : : : :\
           |\::::\.   ∨⌒\.: : :\
           |\\::: `ー─ヘ   \ : : :\___
           |  〉 >ミ: : : : :\__: ::ハ: : : : :\: : :\
           |/ ''"..:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
            .〉/: : : : : : l: : : : : : : \: : : : : : : : : : : : : :\
          //: : : /:.:./: :|: : :|: : : : : : : ヽ: : : : : : : : : : : : : :.ヽ
            //: : :.∧:./: : :|: : :|: : : : : :|: : :.l : : : : : : : : : : : : : :∧
            ,'/|: : : {: : :|: : : |: : :|: : : : : :|: : :.l: : : : : : : : : : : : : : : ∧
        ,',' .!.: :..|: : :|: : : |: : :|:\: : : l: : : |: : : : : : : : :.:.|: : : : : : :|
        |!  |: : ::|: : :L: : :l:: : |: : :ヽ..:.!: : : }: : : :.l: : : :|: :|: : : : : : :|
        |!  |: : ::|x'´lヘ: : |:ヘ:: `ー|=:|=-/|: : : :.| : : :.|: :|: : : : : : :| そんなことよりエロはどうした!
        |!  |: : :.从l」 \!小从l」小L__l/l : : :.:|: : : :|: :|: : : : : : :|
        |!  ∨::ハイ示ミ!     ィ才乍ミぅxl.: : : | : : ::|: :|: : : : : : :|
        ll   〉\ 圦トィ}     {、トryメ.l:|: : : | : : :.|::∧..:.: : : : |
        ヽ .∧: ::ハゝン       弋こソ .!:!:: :.:.| : :/:|:..:.:|.:.: : : : :|
            /: : / : :| ゝ      / / / / .l:|: : :/ :/:./:.:.:.:|: : : : : :| 読者はエロを待ちわびているで
         /: : /: :/人   _        /:l: :./ /::.∧.:.:.:.l: : : : : :|
           /: : /:.://: : :\._ヽ)_____,. / l::/: : ::/:::ハ.:.:. l.:..: : : :.| ありんす!
        /: : /: ://: / ̄⌒ ̄ __∠,イ: : :l/: : :/⌒`ヽ、:.|.:: : : : :|
       ./:.: l⌒l⌒l⌒ゝ      ̄∠/: : : :  /     ハ|.:: : : : :|
      /: r-{  |  | /    __  /  . . . .// ̄ ̄\ハ:: : : : :|
       /: _ハ \ ヽ. |‐'    /____\/ : : : : : :/       ∧ : : :.|
     ./''´   \)‐'‐′   〈____/: :./: : : :/             ',.: : :|
   ./            〈__/: : /: : : :/ }      ___,∧: :|
   /              `ー/: : /: : :/{ /    ./   ./ ',::|
   {/∨l__             /: : : :/:.:/〉 ∨   /   /   }::|
   {   /l        /: : : : ::// /   ヽ  /   /    /:::|





                 ____
            .  // ⌒ ⌒ヽ  `\   いやいやいやいや
             //|/’ |,\|ヽ    ヽ っ
        (( _/ ヽ ー● ー ´  \  ヽ っ
          ヽ  二  /   三     ヽ   l  それは投下するにしても今日の夜か明日になるかと・・・
            `ー⌒ー⌒ヽ、__/⌒ヽ  |   |
                  )      |  l /⌒ヽ
          /⌒ヽ __(二二二)__ノ / >、_ ノ
         (( ヽ _ ノ`━━O━━━━/   / ノノ
       .     \/ /     \     /

756 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/24 10:22 ID:IwhCc2r.
今夜だな、よし分かった!

757 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/24 10:24 ID:0dQU4fCM
ホロとドラがセクロスしながら解説すればいいじゃない

758 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/24 10:24 ID:7Hu4VqN.



     ───────アバロン王家の人々──────



               ____
            ,. -'"´      `¨ー 、
          /   ,,.-'"      ヽ  ヽ、
        ,,.-'"_  r‐'"     ,,.-'"`     ヽ、
      /    ヾ (    _,,.-='==-、ヽ       ヽ、
      i へ___ ヽゝ=-'"/ ●   _,,>         ヽ
      ./ / ● > ='''"  ̄ ̄ ̄             ヽ
     / .ヽ-‐´''"       ヽ               i
     /    i   人     ノ               l
    ,'     ' ,_,,ノ  `─-‐' ヽ               l
    i      `、        l                 /
    ',       i        .l.               /
     ヽ、     i       .l                /
      ヽ、_    i        .l            /
         `¨i  i  _y──‐ l.   
          /   i_/  / _ '.     
         /    ̄ ̄   
┌────────────┐
 *アバロン王国国王/やる夫
└────────────┘

  主人公。
  みんなの味方、ぼくらの王様。そう国民に慕われてるアバロンの王者。
  この表現、何故か某魚屋勇者の王様を思い出す・・・

  自他共に認める変態で、行動にツッコミどころが多く、誰彼かまわずツッコミを受けて
  今日も首都アバロンの空を舞う。(そのことで咎めたことは一度たりともない)

  意外に家族や身内にせっつかれて王の政務はちゃんとやっているが、毎日欠かさず
  町にくりだし(それをサボってるともいう)、市民と気安くダベったり商店街から大根を
  プレゼントされたり、子供達と性的ではないプロレスごっこしてわきゃわきゃいわれたり
  している。

  一度敵意を向けた相手には全く容赦しないが、味方と認識している相手には優しい。
  その優しさを向ける対象はタームだろうと七英雄だろうとお構いなし。
  王者としての権力乱用にも躊躇なく、その権限とみずからの力で、どんな無茶にも
  首を突っ込み、彼なりの「ハッピーエンド」を目指して暴れまわる。

  先代女王、薔薇水晶と、伝説の海賊王キャプテンホークの息子に生まれ、両親の教育を
  しっかり身に刻んだ結果こんな王様に育ったようだ。

  幼少時の頃から発生した母との近親相姦体験から、すっかりその方向の性癖に染まって
  しまい、今も自分の実の娘・・・水銀燈と翠星石と毎日欠かさずエロ行為をして子供まで
  作ってしまった。

  しかし、双方合意の上で男女の愛を育んでおり、七英雄との戦いに決着がついた後、娘達
  と結婚式を挙げて公私共に文句なしの夫婦となってしまう。

  なんにしても、我が道を行く彼の行動がアバロンに新しい時代と繁栄をもたらし、後々
  「アバロン中興の祖」と呼ばれる国王として、歴史に名を残すこととなった。

  最終奥義の数々を体得した達人級の無手格闘能力と、光の術法を極めていて、単純な力
  においても、その右に出るものは中々いない。





  ちなみなに元ネタでは(GM持ち回り制ではあったものの)メインGMである作者の持ち
  キャラであり、出番が少ないことをふまえ、年齢を高くして初期性能が最高の「40歳」で
  キャラを作った。

  これは成長ポイント=技能点/年齢 というシステム上、年齢が低いキャラは成長がはやく
  高いキャラは初期でもらえる成長ポイントが多いというルールだったからである。

  そのため、武器ごとに熟練LVが存在するこのシステムでは成長の絶望的に少ないキャラ
  の不利は否めなく、その打開策として無手格闘・・・伝説武器が必要なく完全に能力依存な
  戦闘スタイルを選んだという、作者の完全な打算が裏にあるw

  ちなみに、元ネタでも初期は無双していたが、そのうち追いつかれ、第二部終了の今頃は
  ほとんどのメンバーに追い抜かれて久しかった記憶がある。

  本スレでは話数を搾ったことと主役補正で、今も最強クラスの1人に数え上げられる。

759 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/24 10:25 ID:7Hu4VqN.

            ____
        . : : :´: : : : : : : : : : : : .
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
     . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
    /: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : :.、: : : ヽ
.    /: : : : : : : : ://: : /7:/: : : : : ::l: : :i : : .
   /. ./: : ; : : : /、_: :/ //|: : : : : : :|: : :}: : : :.
.  /: :/. : .:| : : :.:ヘ.>' ̄ `ト{.:|: : : : /:/|ヽ 」: : : :.
 /: :/: : : .:|: : : :|/   ミ|:ハト: : ;/}/斗く.イ:: : :|::
./: :/. : : ::/|: : : :|茫ミx、 | ∨l/ /-/  |:|: : : | l
.:/ : : : /{ |: : : :l'///cjヽ      _‐___ }:|:: : :. :|
イ.: : : :/八j : : : |「¨¨¨’      イ//c「ノ/: : : :l |
/: : : :/: : : |:i: : ::|:l ```       ¨¨´/〃: :/: : |
7: //: : : : |:|: : ::|八      ,   ``八:/ /: :/ |
': /7: : /: : |:l:i: :.:l:i:、\   凵@   . イ: :/: : : .: :.:|
|/厶イ/:/|:|:l:|: : ::|i:|:.>r  -‐=ニ7://:/ : /: :八
    |/ .|:|:l:|: : ::||:|  {=ニミ/_/|:/:.:/:/ : /}: /  \
  / ̄¨ 川 |: ::l从    ヽヽ  ̄¨/:/ : / j:/
. /     :|从.:ト\ー  -‐} }  /: ::/ 〃
 {:      八 }八ヽ\__.ノノ   /:/∨′
┌────────────┐
 *アバロン王国王太子/秀吉
└────────────┘

  いまやもう1人の主人公。
  アバロン第一王子。やる夫の最初の息子。
  次の国王として教育されていて、その地位はゆるぎない。

  性別が男・女・秀吉、で分類されていると言われているほどの見た目麗しい男の娘。
  そのため小さい頃から周囲からチヤホヤされてきたが、姉たちには容赦なく躾けられて
  いたようだ。

  もちろん、可愛い子が大好きなやる夫にも(性的には全く手を出されていないものの)
  可愛がられていて、また色々と漢を魅せて教育されている。
  彼自身もそんな父が(性的な意味は全くなく)大好きで、父のような漢に育つのを目標と
  している。

  基本的には人のいい良い子であるが、敵には容赦しないという父を見て育ったため、
  敵対する相手や怒りを買った相手にかける情けは全くない。

  頭の回転がはやい軍師系のキャラだが、やはりやる夫の子らしく基本アホの子であり、
  場の状況にも流されやすく、ほいほいとシグナムにエロに染められた。
  純真だった頃から随分と穢れてしまったが、むしろアバロンの王になるのだから・・・
  今くらいが丁度いい、という意見もある。

  お陰で、元々体がよわい設定だったが、今も女の子のように華奢であるものの見違える
  ように元気一杯である。夜のほうも。

  シグナムやルイズを嫁として扱っていて、そのうちさっちんも入る予定。

  デステニィストーン水のアクアマリンをルイズと共有していて、水の術法を極めている他
  弓も操り、やる夫に憧れる余り無手格闘にも手を出した。


  元ネタでは王子という立場上、事実上の主人公として扱われていた。
  というか、最もセッション参加率が多く、なおかつ初期能力最低・成長最高の「15歳」で
  作られたため、初期能力こそダメダメだったが最終的には、やる夫が裸足で逃げる素手
  火力と、蒼星石をもはるかに凌駕する術力の化物にまで育った。

  本スレでは他のキャラの出番を奪わないように自重させて、綺麗にストーリーをまとめて
  いるつもりなので、そこまで酷くはならないだろう。一番の成長株であることは確かだが。

  ちなみに、よいこな男の娘のところや、初期能力が低い故のLPの低さは元ネタ通り。
  当初はツッコミ役だったが適度に汚れてすっかりボケキャラになってしまった。

760 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/24 10:26 ID:IwhCc2r.
光の術(天)はジェラールもとい最終皇帝から受け継いだモノだろうなぁ

761 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/24 10:27 ID:7Hu4VqN.


  __,冖__ ,、  __冖__   / //          \:::;イ '   、       ヽ `ヾ;:;:;:;:;:;:;.ヽ
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ /           /  , :!:i トヽ、 `ヾ.、 __.. :. V  ::::V;:;:;:;: 〉
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    /             , ' .:' .;' :ハトヽ`ヽ`z≦=ァ  ::::l   :::::V /
  __,冖__ ,、   ,へ    /  ,ィ          /イ.:i :/::メ、_! \ ´'トtjハ `Y :::l :. :::::::「
 `,-. -、'ヽ'   く <´   7_//         ' l.::|レ'.:イrft!i    ヽゞ‐'   ! ::;' ::::i::::::}
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>     /           Xイ ::ハ ゞ'、         /,:イ  ::::|:::::j
   n     「 |      /             ヾ V!   r=ニヽ     '´}::! .::::;':::/
   ll     || .,ヘ   /               `T   l    |    l::! .::: ':::;l
   ll     ヽ二ノ__  {               |l.   |  _. |    l::!  .::,'::/
   l|         _| ゙っ  ̄フ            ト   Y´:::::〉   /;イ :i::/レ'
   |l        (,・_,゙>  /                |i \  ゝ-'    '´7 .:::ル
   ll     __,冖__ ,、  >                l :::::>、 __.     ! ::/'´ヽ._ ,ヘ__..ィ、
   l|     `,-. -、'ヽ'  \               リ! ::::i::ハ:!  _! /l:/    r-' /-!/`ヽ
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ   トー .              ', :::l'   「 レ'   !'    _〉、/ _ノ,:,:,:,:,:
   ll     __,冖__ ,、 |                   ハ::::!  ,イ!「jト}!\    !_ / 7,:,:,:,:,:,:;:
   ll     `,-. -、'ヽ' iヾ               ハjzY/ / { iト、  \  ヘ/ Y´,:,:,:,:,:,:,:;:
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ  {                  r' V/ / {`i´} ハ   〉 ,'´_j,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:
. n. n. n        l                    } ハV/ {`i´}  ヾ='   ! r',:,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:
  |!  |!  |!         l
  o  o  o      ,へ l
┌──────────────┐
 *アバロン王国第三王女/蒼星石
└──────────────┘

  元々アバロン王家に仕えていた男の娘執事だったが、後にホンモノの女の子で、
  なおかつ、やる夫の隠し子であることが発覚した。
  本スレのメインヒロイン。でもやる夫とはくっつきませんのであしからず。

  発覚時期が最近だったのと、本人が近親相姦ダメ! ゼッタイ! という主張な為
  特に性的に手をだすことなく、やる夫とは普通の良い父娘関係を築いている。

  そのために恋人役の士郎が登場した当初は尻軽だのビッチだの言われ、本人も
  作者もいたく傷ついた。ちなみに作者はまだ許していない。

  上のAAが頻繁に使われてることでもわかるように、オチ担当を安心して任せられる
  ツッコミクィーンであり、彼女のツッコミ力で長年アバロン王家の平和は護られてきた。
  最近は秀吉の嫁達が頑張ってるため、なんとか彼女不在でもツッコミ成分が維持
  できている様子。

  元々アバロン王家の仕事をサポートしてきたので、王女の指揮能力こそまだ新米で
  あるものの、政府関係の仕事から身の回りの世話までなんでもできる。
  アバロン王家の面々と家族同然に暮らしていたが、本当の家族として認められて
  欲しかったところがあるようで、カミングアウトしてから実に幸せ一杯である。

  執事時代からやる夫が戦いに出向くときにもよく動向し、術攻撃力はアバロン随一
  ともいわれている。ついには最強の合成術クリムゾンフレアを覚えた。



  元ネタでは、やる夫の娘であることを暴露するイベントを「近親相姦しないなら」と
  いう条件で許してもらっている。
  もちろんエッチなしで良好な関係を築けたので作者としては満足だった。

  ちなみに、ルビーは本来彼女が継承していたが、騎士団領の運命石なのだから柊が
  継承したほうがシナリオとして筋が通ってるのではないか? と思い立ち、スレでは
  このような形に収まった。

  ファンは嘆くなかれ、実は蒼星石のデステニィストーンはもう一つるのだ。
  今後の活躍にも是非とも期待してほしい。

762 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/24 10:29 ID:IwhCc2r.
クリムゾンフレア持ちか!

ツッコミの面でも戦闘面でも安心だな

763 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/24 10:30 ID:7Hu4VqN.
  _「l_「l___
  ーl r‐ r―┘
   |」 | |       ____
     | |ロロ/7  ...::::{它}〉:::::::::::..... 、
     レ  〈//⌒^⌒^⌒^⌒^ー-、::::\    厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       /             \:::ヽ   |  ア  逆  闇  私
       .′  l l |    || l |    〉-ト、  .|  バ  十  を  は
       l  | | | l|   |‖ | |   |〈く小」〉 |  ロ  字  纏   水
       |  | 厶ミ八   j八大 |   | フ八、  |  ン  を  わ  銀
       |  |{「 トヘ \/イ⌒ヾ|   |〈/ |〕〉|  最  標  さ  燈
       l  |l  ヒソ    辷ソj  |   |.  |  凶  さ  れ
       ∧八   __    ̄ /  ノ  ∧ ∠   の  れ
      / イ  >  ヽ_丿  _∠ イ |  ∧  |   お  た
.      7≦三rrnn<7ニニ千:::>-、廴ノ三三≦|   姫
     |}ヾ三{__つ:|{堰p/:::::|:::::::|nnm三三≧  様
     |} | ヾ==ヘ:::\/::::::::`r‐と__ノ}〕  | |  よ
     丿 人 || |:::::::::::::::::::::::| ヾ==彳|l  | |
        ヽl∧ く::>‐<:::::ノ、j∧ノイノ八 丿 \________
         /〈:::|≫≪|::::〉:::::\
┌──────────────┐
 *アバロン王国第一王女/水銀燈
└──────────────┘

  やる夫の公的な実の長女にして嫁。
  実は薔薇水晶とやる夫の間にうまれ、やる夫にとっては娘であり妹でもある。
  でもちゃんと娘として認知してるので娘として育てられた。

  幼い頃から父親のおにんにんで躾けられ、すっかりエロい子に育ってしまった。
  父の変態なところを物凄い勢いで受け継いでいて、近親相姦専用の肉便姫で
  あるとか公言しちゃってたりする。しかもそれで興奮したり発情したりしている。

  ある意味やる夫の父娘相姦趣味的な元凶でもある。もっとも廃人になる寸前
  だった父の全てを受け止め、愛をこめて支えた結果至ったのだから、純愛路線
  と主張できると作者は思いたい。

  見た目麗しくプライドも高く、王女としての矜持も持ち合わせていて、なにより体
  つきがエロい。毎年国民のオカズとして頂点に君臨している。
  性格も趣味もアレだが姫としての英才教育は完璧に受けていて、アバロン政府
  とくに王国軍の運営は彼女が仕切っている。
  姫将軍という立場にエロい響きを感じてしまうのは彼女だから仕方がない。

  やる夫との間にやる太と金糸雀を産んでいて、結婚までしたからには、まだまだ
  父の子を欲しがっている様子。

  ちなみに戦闘においてはアバロン王家に相応しいバリバリのアタッカー。
  最終皇帝の末裔に相応しく、大剣をふりまわして、やる夫と肩を並べて戦う。
  ガラハドが取り憑いている「念願のアイスソード」を愛用していて、怨霊を屈服させて
  かなりの無理強いをさせているようだ。
  そのうちムーンライトとかも使うかもしれない。


  元ネタではNPC・・・・・というか、とある参加者の二人目の作成キャラ。
  作者の趣味をふまえた上で、うっふんなエロチャをすることを目的に生まれたが、
  あまりにもキャラとしてよく出来てるためにスレでは序盤から登場となった。

  ちなみに、持ち主が誰の中の人かは一応秘密。

764 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/24 10:31 ID:7Hu4VqN.
                     ,. -- 、 _
                   ,.イ=冖¬ 、.`>.、 _
                 /‐.:.".:^:ヽ、 .* `ヽ、  > 、._
                r':/.:.: -.:.:.:.:.:.::`:ヽ   \    \
               /:/ .::イ.:.:.:.: .:.:.:.:.::::/.:\.*ヽ     `ヽ.
              イ/;//.:/.:.:イ:/:::::.:.:ヽ.  ヽ
              !l {/.ィ_.:/.::/.:,./.:.:.::::::::.:.:ヘ   ヘ
             { i、l:l'y戈.,ィ'.;. イ.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.: .i ※}
             { | ::|弋ソレ'ヽ、_i_;;.:.:.:人.:.:.:|  i
            /,i .::|."",     i(('ー,、レ.:.:.:.:.:.:j ./_, .-┬''"´
           /x リ .:::ヘ.       ゞイ .V.:.:.:.:./*r".:::::::.:.i
         /   ./ ;ィ" ヽ'ヽ   "" ,.イ' /.:.:/  !.:.::::::::l.:.!
        / ※ ,イ;/ _,r''_.|` "フ'':::´:::.:.イ.:.:./  {.:.:ヘ:::::::リ
      ,イ  .,..イ,/(ミヽ.'./^7,イ.:/::.:.:/.:.:..:/* j.:ヽ.:ヽ.:/
     ,イ※ /:::,r;ニ三=,イ,「"/.:/::::::,:.'.:.: /   }ヽ.::\/
    /   /.:::::r"( `フ"´ / ,/.:/::: イ:.:.:.:r' ※ ./`Z,,:::,i
   r' ※ ,イ:i::::「(´ /ィ! ヽイ' /::;i:::/.:.:.:,イ.   /`ヽ、i,/
  .i   /::::::::i:((  rヽ` /./'7:::.: !:.:.::イ/.    /::::::::::iY:ミ
  {.§ !::i::::::::〈(、 ,∧ヽ ,/ /::::.:'::::/.イ ※ ,ノ::::::::::::::l:ヽヽ
__,,,{   }:::i:::::;;< 7.,ィ',(二` i::::::;.イ.   ._,. イ:::::::::::::::::::|、.:.:ミ
: :〉.§ }::::;;/. `y.:::::ト-.、` .!''" ※ ,.イ::「;;;7:::::::::::::::::/.:.:.:.:ミ
; ;〉.  }'´_,,,.../,:::::::l'ー  〈ヾ、,r;;;;"´;;;;"´;;;;ヘ::::::::::::::::{\.:.:.:.ヽ
´ { § 〉" イ::i/ ヘ   ヽ.ヾ、-―−-、;;;;;;\::::::::::|::.:.:ヽ.:<'
  弋  i ,/r '´ i´ へ  ,ノ .j ゝ:::::::::::::::i;;;;;;;∧::::::i\:::::::::{
┌──────────────┐
 *アバロン王国第二王女/翠星石
└──────────────┘


  公的なやる夫の次女にして嫁。
  普通に王妃との間に生まれた娘。
  父を見て育ったからか口汚いところがあるが、根はとっても真面目。

  やはり幼い頃からやる夫に悪戯されて育って、大好きな父との交尾行動に
  毎日いそしんでいたが、成長して知識を得るごとに思い悩むようになり、
  雛苺を妊娠したときに鬱屈がはじけ、たいへんな騒ぎになったことがある。

  その時に色々とふっきれて、父の女として生きる自分を受け入れた。
  曰く「こんな変態なお父様は翠星石がしっかり調教してやるですぅ」
  と、ノリノリでやる夫にドS極まりない調教プレイを試みているとかいないとか。

  エロに関しては変態を受け入れてしまったが、一方で王家として真面目に
  仕事するよう家族の尻を叩き、亡き母の変わりに面倒を見ているところがある。

  秀吉と両親の同じ姉として、水の術法の使い手であり、また鈍器も扱う。
  彼女のシャッタースタッフなしでは全滅することが多々あっただろう。
  ちなみに鈍器最強技の削岩撃をツッコミがわりにやる夫に叩きつけるのが日課。


  元ネタではやはり参加者の二人目のキャラ。ちなみに中の人は銀ちゃんとは別人です。
  仕事をしないやる夫のお目付け役として引っ張りまわしたり、エロチャでは中々出させて
  くれなかったりと頭がちっとも上がらなかった。

765 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/24 10:31 ID:7Hu4VqN.



   /   __ヽ、ヽ、, -‐    \ヽ,ィ´ ̄ ̄j
  /´ ̄ ̄ rゥ=-\ ヽ、_,ィ――-- 、ヽ___ -‐ヽ.
/      ,>ァ‐ 丶_rrス7´ ̄ ̄`>ネ-- ニニ、ヽ
      / / __,.ィゝ、ト'ニニニニrベヽヽ.  //
     , イ   ゙ラ´ ̄´/   ,′ !`¨´ヽハ¨Lヾ.、_ヽ\
   / / / ,′   ,′,′i  |    |、  `iー、--ャ
  / ,:′,' /  / ,' |___|___|__|    j| |', ヽ ',
/  ‖ ! ||  |.ィ'´| __|_|_、 !` !  /ノ_|_  ハ| |  i
    ‖ | || '´| |,ィ´ィ- 、-ミ V ,′/イ´ノ `ソ、! ! !  |
`ヽ、 ‖ | ||、 レ',:僞孫}}  ,ノ_,ノ_ノ ,ノ=、 ,' ノソ /  ノ
ゝ-、ヽ.|!、 ヘ. '、く {{刄fj勺     ,:俐} jノ_ノ´/|/
ヽ、__`ヾヽ>、 ヽヾ廴__,ノ      仗V ム_ ´-‐ヘ
/   ̄ヾ、  \ \ 、、、      弋シノ゙ハ `ヽ、 |
< ̄ ̄,ィ‐`ー-、ス¨`        冫 、、、,′冫、 冫
=、-`ヽ、__ー-r'-、丶、   r_ァ    ノ ̄ \ `ソ
   ̄,>ォ' r`ヽ.` く\ `>--― ァ''´ ̄ ̄`フ¨´
  //´ ゝ{- _\ノ`ーヽ.___ノ ̄ヽ ̄jヽ二フ´
  ヽ{   |´/  ´    \`ヽ  ̄/ ̄ハ
┌─────────────┐
 *アバロン王国第三王女/雛苺
└─────────────┘

 やる夫翠星石の娘。
 元々は設定だけ存在したNPCだったが、やる夫が娘とガチで子作り
 していることを現すために本スレに登場してもらった。

 甘えん坊かつしたたかで、皆に可愛がってもらってる立場を利用して
 色々している。
 ちみっこ達のリーダー的存在。

 やる太が大好きで大好きで仕方なく、やる太のためにハーレムを構築
 しようと画策しているようだ。

 やる夫にしっかり悪戯されていて、乙女はとっくに失っているが、母の
 翠星石に怒られるのを回避するために秘密にしていた。

 結局ちゃんと叱られましたw

 やる夫の父親ミルクを今も飲んでるが、やる太の乳酸菌が出るように
 なったら、もうしないという約束もしている。

766 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/24 10:32 ID:7Hu4VqN.
      ____
     /⌒  ⌒\
   / ●   ●  \
   |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
   >   '、_ノ     ィ’
┌────────────┐
 *アバロン第二王子/やる太
└────────────┘

  水銀燈とやる夫の息子。
  血が濃いが故かやる夫そっくりな男の子。

  本来設定だけのNPCであったが以下略。

  両親とも自重していないので、やはり自重しない子に育ちつつある。
  女好きというか女の子への好意を隠さず、とりあえず好きな子を片っ端から
  口説いている。まだ幼児なので非常にほほえましい感じだが、そのツケは将来
  きっちり責任を取ることになるだろう・・・・・

  ちなみに姉の雛苺を正妻にすると日頃から公言していて、はやく自分もアレな
  行為をして心身ともにモノにしたいとか考えてるようだ。

  男の子として女の子を護るとか、好きな子に好きと言えないのは哀しいことです
  という父の教えを本人は忠実に護っているつもりであるが、忠実すぎて末恐ろしい。

  ちなみに、アミバの暴走によってデフォで力2倍状態となっており、幼児でありながら
  並の戦士くらいのパワーを発揮することがある。

767 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/24 10:32 ID:IwhCc2r.
なんとぉ、雛苺は非処女だったのか……

初体験はやる太との3Pだと思ってたのに…

768 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/24 10:32 ID:7Hu4VqN.
          《 ̄`丶
          \-<´ ̄ ヾ丶、
          /( ミ ヽ \-、£ミ、
         / 人 ミ丶、`ヽ{ニ旬」}
         〈/イ ̄}` { ̄ }ヾ ミLj ィ'廴)))ミ
        (ヘi(`ー'  `ー'  リノ   ミ彡ソ£
      r‐、/へ ヽ、__ _. . イソへ勹
      ヽ‖    (/仆ヽノ    》
       i!__ / 束   \_/
           / / ヽ、 、  \
          / /       ̄ ヾ)
         ,//    ミy     )
         |′     !\___.彳 ,冫
         ヽ、厶_ ノ       ̄
           |x_/
           じ
┌──────────────┐
 *アバロン王国第五王女/金糸雀
└──────────────┘


  水銀燈が第二部の間に懐妊し、第二部終了後に出産した新しい娘。
  もちろん父親はやる夫であり、娘達が王妃になってから最初に誕生した子。
  国中に祝福されて生まれてきた。

  第二部で水銀燈を引っ込ませてもっと翠星石を目立たせるために懐妊イベント
  を作ったのだが、カナマジプリティさを発揮して読者にも人気が出てる様子。

  しかしまだ新生児であるため、本編で喋ることはまずないだろう。

  ちなみに水銀燈が見た夢が正夢であるかはここでは触れない。

  したがって未来の旦那と思われる、できる夫の紹介はない。

769 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/24 10:33 ID:7Hu4VqN.


                /  r_丶、 \/::z:://::ム::::ヽヽ::::::::\
              l  |;;::::::、ゞ`ヽ´´     ';::::`、:::::::::::::゙,
               |  |≧'´             '、 : .'、::::::::l:::!
              l:. │          .. -─:.:.::'、:.:.:l:::l
              .!:: . !           ´    '、:.:.:.';:::=ノ|
               l:.: . l ,. ' ´       ,z -─゙,:.:.::i:::::.::l
                ';::  `、            ,,  ;::.:.:l:.:. : |
                ';:r';. .'、,r''"´`         l:::.:.l:.: . l|
                '!::.'、:.:ヽ ,,    '       |::.:.|:.: . l|
                 |:.:.:`、: 、ヽ    < ´′  ,.イ::::.:l:.:. l:!
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ |:l:.:.::.'、:.ゝ、_      / :i:.:.:::l:::::.:.l:.l
     /      /┬``  ヽ: ..: ::.ヽ:.:.l::ヾ':::ー-- ´  /:.:.:.:l::::::::|: :l
     |        ノ    |: . :::::.:.j\!V::::::::..     {:.:.:.:.l:.:.:::::l:::::.!
     |  l__|__l ┌‐┐  |: . :.:.:.:.レ´ `ヽ:::.      !::::::;':::/:::|!:.:.:::!
     |  l__|__l └‐┘  |-‐''"´ 、    \      Y:;':.:.i\l::::::.:.:|
     |   ーァ  ┼ 、ヾ |          \ rー‐l!::::.|/  ̄`ヾ
     |   ̄て  / _ノ  |       i    /∨!  !:::.:.l       \
     |    ヽ        '       :.   /  .  ノ、:.:.:!
     ヽ   ´ ̄)     /        、     ヽ  ハ:メ、    /
      \  ´    /      ヽ        \/ノ     /
┌──────────┐
 *故アバロン王妃/めぐ
└──────────┘

  やる夫の亡き妻。
  元々アバロンの人間ではなく、やる夫どういう馴れ初めなのか謎が多い。
  やる夫が冒険していた頃の最古参のパーティーメンバーであり占い師。
  ちなみに体が弱く、占いの能力によって自分の死期すらも把握していた。

  が、やる夫がかなり強引な方法で当初の死亡フラグを叩きおり、呆れると
  共に心底惚れてしまったようだ。
  やる夫の母子相姦行為をはじめとする歪んだ性癖の全てを把握しており・・・
  というか、付き合いはじめた頃はまだ薔薇水晶も生きていたが、3Pするほど
  良好な関係を築いていたとかいなかったとか。

  元々若くして生きるところを諦めていた反動か「幸せだったら何でもいいじゃない」
  と達観しているところがあり、やる夫が沢山恋人を作ったり、将来娘に手をだす
  かもしれないということも含めて全てを受け入れていた。

  水銀燈のことを実の娘のように可愛がり、やる夫と二人の子供をもうけ、皆に
  分け隔てなく愛情を注いでいた。

  秀吉の出産後に体調を著しく崩し、それが原因で人々に惜しまれながらこの世を
  去った。
  やる夫はこの命日だけは、誰ともエロ行為をしない。

770 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/24 10:33 ID:IwhCc2r.
マジカナプリティ!

771 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/24 10:35 ID:7Hu4VqN.

           ヽ、::::::\!\  ___
           _ >‐-, <´__   `ヽ __
        <´::_::// /          __`   、
       _ ノ/ / //       /        ヽ、ヽノl__
-― _ ̄ -― ´/   /     /  ′       \    V´<_
―        //   /  / /  /             丶   V´ヽ
        /// /   ′ /  l  l        l    l  ヽ   !\ \
      /  l/| l  ! !   ! /l  l  l    ! l   l  !    !  l、
    /    l/! ! l `/ト l ! /l  !  / !   l l  l l  ト ヽ
\           l/! l /_l_ !`ヽl ト、 !〃ヽ ∧ / !  l l   ! ヽ\
  >、             >、!∧!   !ヽ!ヽ! lヽ/{!/_!/!_/   ! !  ! !
/  ヽ/     ///l ヽ ー=ミ、 レ′!V´,r=_-‐、ヽ ! / / / !l
__ 」〉  / / / i 、!  /////    j∧〈:i´r=ミ:〉/l/ /! /! / !
  二_//     / ∧_|               Vl/ト彡l/// l/ l/  !
 |>、:::::::`ヽ、  / / / ハ         ′   ヾ二 メ/l/        !
::::::::/.::::__::::\/ / |/  ヽ、    `  -   、_ノ /ノl /      !
::::::::: ̄::::::\`ヽ:\  l     >、             ̄∠ ノl/   l    l
::::::::::::::::::::::::::∨.:::::::\! <´_ \ _  -‐__ ´ //.::::′   !    l
:::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::ヽ<´:::\`ヽ _ `V´  `ヽ:::::/l:.        !
::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _::::::::: ̄::::::::ハ::::::\)_ノヽ-―く::::/::l:::..   !    l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::\::`ヽ、::::/.::::ヽ:::::r=ヘ、__ノ::/.::::!::::..  l      l
┌─────────────┐
 *アバロン先代女王/薔薇水晶
└─────────────┘

  やる夫の母親。
  生涯未婚だったが、自分の命を救ったキャプテンホークに惚れて
  彼との間に子供を作った。それがやる夫。

  元々ホークと出会う前は箱入りのお姫様であり、世間知らずであったが、
  ホークと付き合うようになってからは、彼の女として恥ずかしく無いように
  一人前の女王となるべく必死に努力したようだ。

  しかし、それでも人々に愛される慈愛に満ちた女王だったのだが・・・
  当時のアバロンは衰退の徒にあった末期的状態で、バレンヌ帝国時代
  功績をあげた家の末裔が貴族として幅をきかせていた。

  政府の活動のほとんどは彼等の私服を肥やすことであり、ホークが
  危機に晒された海賊戦争時代も、アルベルトとその信望者たちの報復を
  おそれて国家的な支援を女王が行うことを彼らは阻止したのである。

  やる夫の帰還でホークの死を知り、みずからの現状認識の甘さと祖国への
  絶望を味わった薔薇水晶は半年以上引きこもり・・・

  現実逃避の果てに我が子に手をだし、母子相姦に至ってしまう。
  行為のあと激しい自己嫌悪に陥るが、息子が自分の歪んだ愛を受け止めて
  くれたことから、全てがふっきれて復活を果たす。

  自分を苦しめる現実の全てを叩き潰すために・・・・。

  以後、彼女は苛烈な血の女王として君臨し、自分の道を妨げる者を誰で
  あろうと粛清した。
  息子との愛を脅かそうとするものも含めて・・・・血に沈んだ者の正確な数は
  定かではない。

  その容赦のなさは、やる夫の将来の人格形成にも強く影響していただろう。

  やる夫との間に水銀燈と、その姉にあたる雪華綺晶を作っている。
  雪華綺晶を産んだ頃はまだやる夫も幼かったので認知はさせなかった。
  なお、きらきーは本編に登場してないので紹介は省く。

  やる夫の将来を心配して、ちゃんと恋人、奥さんを作るようにも諭していたようだ。
  めぐが理解のある嫁で本当に幸せだったと思う。
  しかし、その幸せも長くは続かず・・・己の道のツケが巡ってきたかのごとく、臣下
  の謀反にあって殺害された。






















  第三部に出番がある予定。

772 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/24 10:35 ID:7Hu4VqN.


               /: : : : : : /: ; =ミ: : : : : : :>x ):}
              .:′: ;厶イぅ:/: : : : : : : : : : :=;彡ム:ヘ
            /:r 彡:代=Lイ: : : : : : :/: : : : : :}: : : : : :‘,
           /.: :.:| 「: :〃: /:/: : : //: : : /: : : /: : : : : : : :',
         /.:.:イ:ィL.レイ{:/:/:  ̄イ7: :ァ-ィ: : : ;イ:. :. :} : : i: : :.
        厶彡: : : : :〃:∧;.イ: :/}「芹卞:ミ7: : :/ ムL_:/: : : |: : ト
      /ィ: : : : : //: / ヘ7:ィ:1`辷ソ_V/7'ィfrz:/; : : : :|: : |ヾ:、
.     ///: : : :/ .:':/| { Y人!:| .:.:::::. /′´ 以ノ/:/: : i.: :|: : |  \
   // ,.:′:.;イ  /:/  Li」 jハ小|       〉::.`7イ:1 : : |: :ハ : |    ヽ
  .:′′.:′.:// 〃'       ノ }ト!   ー _    彡: : : /!/ }: ;
//  /: /.::/  〈r≦- ̄` K==:L\   `   .:イ: :/: : / j′ j/
.《:{  //.::::::′  7.:.:.:.:.:.:.:≫x.>、   `7<    .:.:/: : / /   /
 ヾ:v'.::::::::::::::{   .′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i|  \/::::::|{   /イ.:.:./ /  ,′
  /: : : : : .:.:ハ. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l|    ヾ:::_廴./ |.:./. ′
  .′: ; : : : :. :.∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.└- _   ヾ辷x 厶′
 {: : :/: : : : : : /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ/: : :.`: .、 トミス、
  Y: : : : : : r=≦.:.:.:.:.:.:...:√ ̄ィニ=ー-=ミ:フ⌒ヾ入、
  ヾ: : : : : 「 ̄: :=:彡: ´ ィ{‐"        く     v  \
    \: :.:.}: : : /イ //: : : : : : : .      ヽ   :.  .:ヘ
      ヾ'`ー "  〃 :/: : i: : : : : : : : : : : . . ‘, レ:´   ヽ
      /         〃:. トミ : : : : : : : : : : : :. v'.:′    ',
.     /      _」{:. :   \: : : : : : : : : : :,.ィ_:_. .. : : : :}ヽ
    /    -‐=ニ ̄{.:      `:ー-: : ァ≦:._Z=彡′: : : : ハ \
.    く        .:.:.:.ヾ:    r‐,     <了.: : : : : :_;/  }  ハ
.     ヽ             \   `    r::Y: `Т: ̄{     .: /  廴_
      \          ` ┐、    ≧!   ト、   v   乂:′    `ヽ
        >x           // `ヽ、   {  |ミ:x  「`彡ヘ       \
┌────────────────────┐
 *秀吉の嫁 アバロン傭兵騎士団長/シグナム
└────────────────────┘

  バルハラントからやってきた巨乳美人な女傭兵。
  シフの孫にあたり、オブシダンソードの現継承者である。

  食い扶持を稼ぐために秀吉の護衛兼大学院講師をやったいとことがあり、
  秀吉に速攻で惚れて見事にお付き合いに至った。

  純粋な秀吉に執拗にエロ行為で染め上げて穢した張本人。
  とにかくことあるごとに秀吉といやらしいことをしようとする。愛があふれて
  ハイパーモードがとまらないようだ。

  秀吉を一人前の男にすることが何よりも楽しみで、ルイズを喰うようにけしか
  けたのも彼女。嫁多数は男の甲斐性と考えてるらしい。
  そのうちさっちんも毒牙にかかることだろう・・・南無。

  現在はアバロンの外人部隊の元締めをしているが、ほとんど秀吉の嫁として
  アバロン王家入りしているので、ここで紹介しておく。

  自他共に認めるアバロン最強の戦士であり、元ネタとなるTRPGセッション中も、
  成長が自重せず臨界突破した秀吉をもっても、ついに最強の座を譲らなかった。
  ちなみに、エロ的な自重しなさも特にかわってない。

  ちなみに故郷で暮らしていたころからえっち漬けの生活をしていたようで、やる夫
  の性癖についてもどうという反発はない。

773 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/24 10:36 ID:7Hu4VqN.

                _ ,,. ---- 、                    /
              _/´       ` ヽ、_         _人_   /
            /   /         \     `Y´   /
           /   /  i  /    |  ヽ  ',         /
           ,'  !  !ヤT Tト   /」_ !  ! !|    *  /} *
           !  |  |ィ チテト V/リ __ `ト、 ! リ     * r/ / _i_
       人  !  ハ  | ヒrリ    だ} 〉リ ムイ        /ム'^7  !
       `Y´ /  ∧ ヽ.    、 Vソ 厶イ\      ! /yヘ!
  . * *   /  / ハ  ヽ r ‐ ァ   ハ.   \    |   / _!_
    , -‐ ' ´   /r―‐!  ヽ.  ' _. ィ  \   \  /`ー‐<.  !
_!_ /      r―ヘ:.:.:.:.|   |7 「\|`::个‐ュヽ    )〈 ヽ_人  *
.i /  /    /:.:._:>'’   |く女}|:./ ̄ ̄ _, 孑'  |    ノ   ;
 / ./     /:.f´     __人:.:X!:|    〈:.\{`ー-|    | ̄\ *
./ /     /〉:∧    /―――⇒リ人    \:.>‐:| ,ハ  |   \
/    / /:.:.:.:∧   ∨:.:.:.:.:.://\\  ー ` ̄ ̄ ノ ∧\   |
V   /  /:.:.:.:.:.:.:∧   \:.:.:.:/|! !  iヽヽ、    _/  |::::::::::\/
人   |  /:.:.:.:.:.:/:.:.:}     ∨  i!  }   V:::>‐<_    ノ:::::::::::::::\
  }   厶 イ:.:.ト、___ノ   !  |    \   \::::::::::::::: ̄ ̄::::::::::::人::::::
ー'  /:.:.:.:.:.:.:.ト、>―  /  /     /` ー‐-、>--、__::::::::::::::::::`Y´:::::
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧__   /_/      |    />-、_>―‐ァ‐-、::::*::
/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:<__,.  イ:|      / ヽ /:.:/\:. !: :. :. :!:.:.:.:.:|:::::::
:.:.:.:.:.:.:.:.:./:::::::::::::::|     |::|      厶:イ´:.:/\:..:.:7ー ‐−く:.:.:.:.:.|:::::_!_
――‐ '::::::::::::::::::::::|     |∧     /ー‐:.r: ´\:. :. :<、:. :. :. :/\/::::::::!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|     |::::::\  /:. :. :. | :.: へィ:. :.:.>--く_/::::::::::::*
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    /::::::::::∧厶_:>く:. :. :. :. :. ∧/    \:::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    |:::::::::厶{ハ  \厶r―-、_/        ∨:::::*
::::::::::::::::::::::::::::::::::/     |::::::厶/:::::::\         \    / ̄ヽ::::::
:┌─────────────────┐
 *秀吉の嫁 ローザリア廃棄王女/ルイズ
└─────────────────┘

  ローザリア三姉妹姫の末っ子。
  内乱において亡命派の旗頭だったが、派閥が速攻で壊滅し、自信は
  混乱の中で奴隷承認に捕獲されてしまう。
  殺して剥製にされるところを話を聞いて怒りが頂点に達した秀吉によって
  助け出される。

  その後はシグナムの策略もあり、秀吉の嫁としての地位をアバロンで確立した。
  故郷に戻るチャンスもあったが秀吉の王妃になることを選んだよえだ。
  すっかり秀吉にハマっていて、いまや奥さん気取りであるからここで紹介する。

  我侭なところはあるが、ちゃんと帝王教育を受けていて、秀吉の王として
  抜けているところを支えているようだ。
  ちっとも自重しないシグナムに対抗すべく、秀吉一家のツッコミ担当として水銀燈
  からぢごくの花嫁修業を受けている。

  ちなみに水のアクアマリンの所有者であるが、もっぱら秀吉と使いまわしている。
  それ故か、別の思惑もあるのか、アルベルトは執拗に彼女の返還をアバロンに
  迫っている。

  元ネタからしてNPC。しかもメインシナリオにおけるローザリアとの対決の導入
  に使った重要キャラ。
  NPCの頃は印象が薄かったが、本スレでは出番を増やして自己主張している。

  本編ではシャッタースタッフを最初に使ったキャラであり、
  これにより生命の杖の量産と大量所持が横行した。
  全体回復は実に生命線です。

774 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/24 10:37 ID:IwhCc2r.
>第三部に出番がある予定。

なんと!

775 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/24 10:43 ID:7Hu4VqN.
                   イレ'^!
                x<   ;  /
            _ ,/: : : 〉/;:ハ/ ̄ `丶、 ___
           /, :´ : : : /;:;:;;;':/: : : : : : : : ヽ : : : : :く二ニZ
.       /: : : : : : /'"´:  ̄: : : : : : : : : : : :\;;-‐;;:'"/
.      /: : : : : : / : : : :/:/: : : : : : : : : : : : : : :マ;;'/
      ,′: : : : :/: : : : : /:: : l: /: : : : : : : :ヽ: : :丶: :〈
.     : : : : : : :/: : : : : /::: :{ |│: :/: : │: : |:: l:: :|:: : :',
     i: : : : : :/ : : : /:/:l::::八! |: : {:: : : j:: : :|:: |:: :|:: l: :|
.    l: : : : .:,':: : : : l: |l::|::::|:::j/|: :,'!:: : /l:: ::,':: j: : |:: j: :|
    j: : : : .:l :: : : : l: |レ∨|:‐ト|: ハ:::.:!│:/_;.イ:: /::/: ,′
    ,' : : /.::,'!::: : : : l: L二._Y_V`ヽヽ{ 匕W レイ::/} /
{ ̄ ∨: : /.::/::|::: : : : l: |l代ぅ:歹 ̄`  弋歹^ア/:イ/
l:::::::├<.::/:::,'|::: : : : l: |   ¨¨^      `¨ ,':: : |
l:::::::∧::::::::`ヽ:|::: : : : l: |         〉   :::: : :|  ほうほう、王家というからには
'::::::::::::}::::::::::::: `l: : : : l: ト、    、   _,   イ::: : : :!
:::::::::::,' ::::::::::::::: |: : : : l: | 丶、   ̄   . 个:!::: : : :|  王族とその嫁で固めてきたか。
::::::: /::::::::::::::::::::|: : : : l: |   /ヽ、_, ィ升=、| :l:::: : :│
ヽ/::::::::::::::::::::∧: : : :l: |  ハ/   ∨ヽ }:l::::.: : :|
::::::::::::::::::::::::::::::::∧:: : l: |>rK ヽ_/⌒V!.:l::::.: : :|
:::: ::::::::::::::::::::::::::: ∧:: l: |/∨ 〕 `\  /j :j::::.: : :l  次はさしあたって王宮関係者かや?
::::::::::::::::::::::::::::::::::: ∧ l: |  厂\   ∨V.:,':::.: : /
::::::::::::::::::::::::::::::::: /::/\|  仁 二>、_ノ |,:': .: : /
::::::::::::::::::::::::::::://::::::::\ |/巛〉\/  |:::.: : /
::::::::::::::::::::::://::::::::::::::::::::\〈》》》〉\ j:.: : /



           ,  ────  、
       /    / ⌒ヽ ⌒ヽ   \
      /    , -|   ・|・  |- 、  ヽ  作者が昼出かけるから、みんなが期待する
       /  /   `ー ●ー ´  \ ヽ
      l  /   ─    |   ─   ヽ  l 特別編のほうが先になるかもしれないけどね。
 .     |  l   ─   |   ─    l  |
   , ─ 、l     ─    |   ─    |  !
   l    l     , ─┴─ 、      l / 終わりも見えてきたし、頑張ろうか。
   ヽ、__ ノヽ  /        \   l/
     ヽ   ヽ━━━,−、━━━━く
     \    /   ヽフ   \   ヽ

776 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/24 10:43 ID:7Hu4VqN.

                                   -‐…‐-
       Yヽ          )ト、         .  ´               `ヽ
        }ト、\           /'|ハ        , '                      ヽ
       }>.:\\   ___/j^|' ∧        '                       l
       }>.:.ー=匕´     /j^ |/ ∧     |                       |
      >ー=ミ    ^⌒ヽ | ' ハ      |                    |
     〃'            `ヽ V  ハ    |                         |
.    〃'      /'イ     ハ Vi  i     |                   ∧∧∧!
    /' '     /  j ノ  }   i i     |     |               ト′   ′
   { { i l‐{-{、 イ i ハ   i | i  i !     |                  ト′     ,′
     Y i xミ、 ノjノjノ`>xノリ i  i !    |             ト′     ,′
.      V从圦心    ^fう心/   从l      |       ! _    ト′     ,′
      i  ハ ゞ゚,     ゞ-゚/  j∠. i l      |     j/   ヽ  }       ,′
      |  i人:::: 、__  :::.:/ /´  `ヽ:、   |     /      Y        ,′
       |  i i个ト ` ´   イ ,′    Vヽ  |   /      }      ,′
        | i从 し'⌒ 爪// i       ∨ハ'⌒j   ∠ _     ,′    /  父上、いっそのこと
.      | / | i|      !i 从        Vー=ミー=彡   `ヽ.  ′     /
.       | i | il 〉    !i  i     /     ヽヽ`ヽ   ∨      ,′>>757 の期待するように、
     || ! i|/     从 |     ,′      iハハハ    :.     {
      || |从        Y     ,         |/  } i!     i !    N わっちらも解説しながらの
      | | / 人ヽ   八 j    ∧       /  丿j    从   N
      | { / ,介 ー<_`j   {iハ           .イ   /  ヽN  交尾プレイを披露してみては?
      Yi./ /i i|    |  ,′  ハ 厂 ̄ ̄ 厂   リ   /    )
      Y { i i|     | ,′  ,  /!     ,′   (   /⌒ヽ






       _,,,...-――-,,.._     (  き  バ
      /::::::::::;' "Y'"ヽ_;;::\   ( み  カ
    /::::::,. -‐i  ・l・_,ノ _,ヽ::i  (  は  か
   ,|::::/ー-  ` "●  _,,_`i  (
   |:::|-‐     |_,-、 、_  }  ノノヽ人__丿
   |:::i,,,-'"       _,ノ  ` i
    i::i、       、_,)    /
     ヾ >、_____,,,ィ.
     ,i :::: ̄ ̄,=(t)‐、'':::::i

777 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/24 10:43 ID:IwhCc2r.
頑張るって… ナニをですか!?

778 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/24 10:44 ID:7Hu4VqN.
  ということで、エロに期待してくれているところ悪いのですが、
  今回は書きかけていた紹介の続きをきりがいいところまですませましたw

  これで心置きなくエロが書ける・・・と、いいなぁ。
  いろいろあって遅れても怒らないでくださいね・・・・・!

779 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/24 10:46 ID:IwhCc2r.
乙&把握

アバロン王宮の面々は壮観じゃのう
各キャラにツッコミ所がありすぎてツッコミが追いつかないぜ!w

780 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/12/24 10:46 ID:7Hu4VqN.
>>773 自信→自身 奴隷承認→奴隷商人

781 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/24 13:19 ID:TxOC7PL2
>ちなみに作者はまだ許していない。

どんまいw

782 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/24 16:44 ID:biS2WQ7.


なんかすごいネタバレがあったようなw

783 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/24 18:16 ID:NcEIV.Bc

ばらしーの出番があるのか、俺の嫁きらきーの出番にも期待してるw

784 :名無しのやる夫だお[sage]:10/12/24 18:48 ID:tA5y3.hk
乙でしたー。
ばらしーの出番があると言う事は次の舞台はアロン島か?


前話   目次   〜クリスマス特別記念 俺達100%エロいおまけ伝説。〜 へ   次話

inserted by FC2 system