第13話:火のルビーと星の聖剣
282 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/11/16 12:32 ID:E/DatSTg

~~~~´´ `´`'' ' .ソ    _ ,,,, iiii  riri  ||||   .||||||  |.|.l」. .l」L!.└'''':::::三三三!!!!!!!!!!!ii!{´
         フ'´ii   .|」 卩 .:'!! _ l」レ  !!-‐  ヒニ~ ´ ̄  ̄ ri ri ii::ii:::::!!!:!!:!!!iiiiiiiiiiiiiiiiiii[
       ヲ三_ =-‐_._ ´ ̄.=i=  ri ri   iii iii  ||| ||| .l」...l」..:ii::ii:::::'''ii''iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii{
        フ:::: ii.iii ||| ||||. !!!! l」l」....L! .L!. .''' '''   二 .ニ r‐i:ri:::;;;;;;;;:::::iiii;;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii-テ
        |:::::::'':''::iiiii::;;;;; r┐ r‐‐i r‐ir‐i  iii iiiii  |||| .|||| |_」:l」::||||||||||iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|
.... .... ...... ... .ノ:::::::.: .: .::::::!!!! ;_」 |.  ! ! :|!..:| .|」.L:! .=┘¨¨ .''''  ̄::::::iii::iii:::ii::ii::::iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii、.. ... .. .... .... ... . .
:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:「==--――――  '''''''''´  ̄ ̄ ̄_  _  r‐i r‐i  iiii iii:::::::||||||:::!!!!!::iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiヲ: . : . : . : .:: : .:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:_:_::::::::::iiii iii iii iiiiii  ロ.[] |||| |||||  l」 l」. .|._」 |_」  '''' ''':::::::||||||:::|||||::iiiiiiiiiiiiiiiiiレ'''''´i「_:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.
;,;,;,;,;.:.:.:.:.:.:.]:::::: ̄ ̄iii:::::: ri.ri ,,, .,,, .,,, ,,,  ,,,. ,,,,  r‐ir‐i  l´| |´|::::::||||!!:::iiiiii:::_::;;;!!='''´iiiiiiiiiiiiiiiii〉:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.
';';';';';';';'(こ::;;;:::ノノノ:::iiiiiiiiノ .!」i」 .||| ||| ||| .|||  .||| |||!   !_」!_」  i_」 !_」=='''''´ ̄ ̄iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii爪_:.:.:.:.::.:.:.::.:.:.
':':':':':':':':リ`iiノノノノノ二''''''. .     ''' .'''.__'''_,,'''亅 '''=''''‐ ー''''''''_ ,, 二ニ''iii´ ̄|||iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiレ'::/〈:.:.:.:.:.:.::.:.:.
:.:.:.:.:.:r‐':::::{ノノノノ厂 ̄`三ニ ー――iii-iiii‐―ri‐=iiii'''´ ||| ̄|||  ||| !!:::::::iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiレ'´/iiiiiiiii、';';';';';;';';'
';';';';';';〉リノノノノノノ`¨iii==-H P P  iii .iiii   .l」  iiii   三 三   iii iii:::::::iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiレ!!'´::::'ii´iiiiiiiiiiiiiii|_;';';';';;';';'
州州〉ミノノノノノノ_::::||||||:::||| !! l~|.l~| r‐i r‐i  r‐i r‐i.  「¨| | :|  ||| .|||:::::::レii!!!!'''''´''''´iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiレ.久;';';';';';';
州リリミ、川.|.|.「ミミ=;;;;;;;;_」  !.」.!.」 |__|.|__|  |__|.|__|  .l._」 l.__」  レ ´ ̄ ̄iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiレ'/iiiiiiト、;';';';'
;;;;:::ノノノii|.|.|.ト、」::.::.::.`ー-- == ,,,___二二 _ 二二二二ニ==‐'''´「||:::iiiiiii::::iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiレ' /iiiiiiレ'久;';';';';'
::::::;;;;;::::::::ヽ川i7rミ=; H H 二 ニ:::||:|||:::|:||::::::||::||::::|||::|::||::|||::::l_」:!!::::;;;;::::;;;;;;;;;:iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiL!!!''''´, イiiiiiレ'/爪レ'`;';'
l|l|l|l|l|l爪_<ノノノ |||||| ||| .||| ::ii. iii 「 ,,, ̄,,, ̄'''',,,, ̄ロ ̄  r‐i r‐i ト、iiiiiiiiiiiiii:::iiiiiiiiレ'''´_ , イlゝ'''''´, イ;';';'ヾヾ==
|l|l|l|l|l|l|l|l|l'´`> `''''' .'''    .'' .iii __|||...」||   ||| ,,,,、 _,, l._」,,!,,,! |iiリ|「 ̄三〒〒i''´||||||三彡'壬''´;';';'''''''''ハ....:....
l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|liiiiー''''''''   ,,;;;  '''''''''''''''''''''''''''iiii_,,    _,,,,,,,,, ゞ、|:::ミ〉F'''''"""  ̄`゛゛E'''''''ミ;';';':.:.:.:.:'''':.ゝ'...:.....:
|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|ヾ;;;;;;;;____三三三ヲ'´     `'''''''''ゞ  '"´‐-:: :::::''''"  ミ  _,,冫 `ヽ;';';',....:....:....:....:..
l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|iiiiil|l|l|l|l|l|l|l|l|ii;;;,,,,,__;;;;,.... ....   ,,,      ====-  ,,;;;,,,;;.   ̄    !、_,,....:....:....:...:...
l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|liiiiiiii;;;;;;;;;,;,;,;;,;,;,;,;,;,,,;iiii;,;,,,,;;,,,   〉;;;  ~~~ ,,;i,,,,,iiii;;;;;;;,,  ヽ 、、 \......:.....:....

───────魔女の塔──────

283 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/11/16 12:32 ID:E/DatSTg



.      , '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:., : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.: . /.:.:.:.:.:.:.:\
    <,____/: : : : :/ : : : : : :, : :.:::://.:.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:、.:.:..ヽ
        /.:.: .:.: .:./.:.:. .:.: .::::/.:::::;ィ:イ.:.:.:.:.: /.:,:.:.:.:.:.:,:.:ヾ、.:.:.:',
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.::::::;ィ.::// j.:.:.:.:..:ハ.:l:::.:.:.:.:l::.:.:'.,\.:',
.     /.:.:.:.::::/.:.:.:.:/.:.:.:.:.:::∠フ7=ム__j.:.:.:. /___>L、:::.:.:.ト、.:. l ヽl
    /:::::::::::::_/.:.:.::::l.:.:.:.::::/ ,ィfてT、 ¨|.:.:.:./.,ィ┬N.ヽ;::.:.|.ヽ:.:l
.     ̄ ̄ ̄/:..::::::_|.:.:.:../ く  辷ヲ   |.:.:∧ ヒ_ヲ 〉 ハ::.:|  ',:|
        /::::::::/r|.:.:.;イ        |.:/  、    ト∧:l  v
       ,::::::::::ヘ !|.:/rl|        V  /     l.リ. リ
       i:::::::_;、-ト|厂`            '    l
       レ'´  |:::::`ーヘ        ,、‐-‐、   /    それにしても・・・・
           レ' |:::::ト|,\       ー‐    /
             |,、┴===キ、.       /   , -‐ri  ワグナスが王様、いや女王様だったなんて。
           r='´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|. `' 、  /L、-‐'´   ||
           |:::::::::::::::::::.:.:.:.:.:ト,     ̄   |    -o‐ ||
           |:::::::::::::::::::::::.:.:.:| \      |         !|
           |:::::;、-―――┴---┐    \___|ヽ、
         r‐┴'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ー―--―\: : : : : : : ̄ ̄|
        _r--―――.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ー―‐--―‐\: : : : : : : .:.:|



         , -‐ァ
        /  fア                  , ‐ァァ1
        _{、 V⌒ヽ- 、_           / / イ|
       /´こスへ.   \ 丶 `> 、     / // //
      /{/´⌒メヘ \丶 \ \  \-―/ /_/ , //
     / |/´´,厶ハ  |  l  ヽ  l l  |\/ /   / f/  模範的な騎士に見えたのはブラフ・・・・!
    ,' /ハ / ___Vハ |\|ヽ   ヘ   l  l∨ / ,  /
    | /{:| ムf´ , `ヽ斗ャヤ´}\ | l |  V // /l
    |ル八 〔」 -‐ _ |V  /ヘヘ}|l リ  ∨1xイ/
    レノイく.__ゝ' __,ノ〉》/yメィrセレ| / U }厶こ>、__
     l / l´`ゞこ彡イン´ ヘt::ノリ //  /i  /|_廴._ \  私もすっかり騙されました。はわっ。
     |,/|  ヽ\lハt::〉´    /イ/ / l l///   _  ̄\
     / l  ∧,小、  }     /,. イ  ,  ム壬三ゝ/ :\_/
     /  l {/_l |:::ゝ `-一  └ノ / /: : : : :/ ,   : ', `丶  仕方がありません、敗者は敗者らしく
   /,'  /ハノ'´ゝ廴::::> 、 __ . ィ´///: : : : / /i| l  : l :: : :
  //j   //     / \__/ -‐'_ . イーヵヘ' /jリ! l  : l :: : :  私の弁当のおにぎりを進呈しましょう。
  リ  ヘ. !’     / f/ _! { ィ≦´  / `ヽj| ∨レリ ,   : l :: : :




         ,  ――‐く⌒',
     /⌒フ     、 、.Y
    /  .イ /__|\|__ト、| |ミK
    |   V _  _. | |∧ヽ   いや、ブラフというわけではないんですが・・・・
       | |)|じ  |じ | |)| ヽ_〉
       V ト、 、  "厶イ´
        r‐‐t.7ll7 l      そもそも騎士あがりだったことは確かですし。
        f^vノ  /  ハ
.          人ノ{  /  / |_
        ` ‐>/  /ニ|ニl
 |二|  __ <__/___/  ( _
 |二| ヽ::::(:_:_:_(_r、/ヽ__|_ヽ    それはそれとして、おにぎりはいただきましょう。
  ̄   ヽ::::::::(:_:_:_:_:_:_:_:_:_:):ヽ
       ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        ヽ,,.. --- ‐‐‐ ''''  ̄

284 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/11/16 12:33 ID:E/DatSTg


           ___〃⌒ヽ
         '"   ″ ヘ.`丶、
.       /             \   およそ1000年以上前・・・・
.     /           }    ヘ
    / l /〃   /    ,′   ,  ',  まだ神話といえる、三邪神率いる魔物達が蔓延る時代に、
    |  | レ / //リ   ,ハ  }  }  }
    |  | |7ナナー‐ ,ハ /ナj7リ / /  バイゼルハイムの原型となる集落から1人の少女が現れ、
    {  | | 'テラ7「 |//  {ラ::l`{从/
    }  | | ヒ:::ノ     ヒ:ノ V    人々をまとめあげました。
     、 ', ',⊂つ      ⊂フ|
     〉,ハ > .  'ー‐   イl |((   それが今のバイゼルハイムに繋がっています。
    /  ∧ マえ.〕、¬{´l | |rー--┐__
.   /  /:::∧ ヽトゥ'7Z「}ソT |{.   ノフ7



                       _
                      '⌒ヽヽ
                   ,.  -- 、 ノ丿
               ,.ィァ'´__   ,..  ⌒ヽ、
              ,イf/ ´    /   ,' l  ヽ
             /ハハ` ー- / /// ノ| l ', ,',
             N1',: ヽ. __ / //フ7ト| l|ll
             {Y:. 、  /7 '´ハ ̄圷j/j,ハj′
             Yハ:.:. ヽ{,',' ,'/  `゚┘ {
          厂  ̄`アl\:.、li  l:!     __ /
    _,,. --―‐|:: :. /ノノ  ゝ|l: /|l、     /  ___
-‐ ''"´ , ‐''"´ ̄`¨ア´ ̄.`` <ll:.{_j{  r―‐'__,∠:;ニ:;ム‐ァ¬ァ=ュ、
--‐''"´  __ __/.:.:.:.:.:,. -=   Y「 ̄`llア´/ / / / ,∠,ニ、=、}ヽ
     //⌒ソ:.:.:.:.:/.:,. -‐==''ア¨ア  / o ! o | o |o_{_rく\ヽ._V|
.  <_/   /.:.:.:.:./:/.:.:.:.:.:. . ''´.:.:/{  {__j--へ ̄_込Λ_}ー}´}__}」
        { .:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.  :. .:.:.:.Λ        ,.イ | / >L}__}_」__}ヽ
         \.:.:.:.:.:―-.:__,. -‐ァ¬¬\     /l:.{o{ {__{_|:::::}__厂`¨〉
          `ヽ、:./´:.:.:厂 ヽ、    `¨¨´/ |、「ヽ}_,ハ::::Lノ__/
             \__/   / \,.、    rj^ヽ_| `ヽ.込.」::::|ノ
              ヽ  _{   `^ー┬'′ / |       |::: |    彼女の像は塔の地下に今でも飾られてます。
               | ̄  ヽ.    |   l |       }》《{
               |      |    l   | |       |::ll::|
               ヽ――┴―ーr亠r‐┴イ.     |:;ル:|    初代女王を称えた女人像として・・・
             /¨了|:::::::::::::::::::: ゚}]又[{゚__|入 _______〉ハ〈____
             / / ` ̄  ̄ ̄ ̄|‐' ̄'‐|/ ̄ 三ニ=くfYf,>=ニ三  ̄\
            / /            |:.l.:.:.:.:.:| / ̄`Y⌒)lYl(⌒Y´ ̄\ |
.            / /          |:.:l .:.:.:└'     Y〈八〉W     `┘
          / /              |:.:.| .:.:.:.:.|     |八Λ八|
.            / /            |:.:.:| .:.:.:.:.|    [_ノ{ }ヽ_]
         〈_/            /:.:.:.l :.:.:.:.:.\    |:;ハΥハ::|
        / /`` ー- ..,,____  o /i:.:.:.:.:.:l :.:.:.:.:.:.:lハ o |ヒ{(⌒)爿
       / /             ̄「:.:l :.:.:.:.:i :.:.:.:.:.:.:l :.Τ¨|:::/Υ.',::|',
.      / /              |:.:.:l.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:l :.:.:| |/:::Π:::',| ',
      / /             |:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l :.:.:.|. |辷'' `コ| ',
.     / /             | :.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:| :.:.:.:| |:;.ィ不ト;:|  ',
    / /             | .:.: |:.:.:.:.:.:| :.:.:.:.:.:.:| :.:.:.:.|.|{>i人i<}|  ',
.   / /               _」.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:| :.:.:.:.:.:.:l :.:.:.:.:||: /Ц', :|   ',

285 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/11/16 12:33 ID:E/DatSTg



            /     __
          /'  ,.-‐ ´: : : :`ヽ、
          ー=,=-: : : : : : : : :`ヽ.
           /: : : : : : : : 「r: : : : : : : : : :、:ヽ   そういえば、そんなのがあった気が・・・・
         /: : : : : : : : : : |:{|: : : : : : : : : : !: i
        /イ : : : : : : : : : : |:\: : : : : : : : : ヽ:!
       ´ /: : : : : : : |: : ,イ:ハ : `i、: : :、: : : : : :ヽ、  俺は修行時代あんま地下にはいかなかったからな。
         ,':,: : {: : : : ハ: :|、i| |: : ト、:|、:|、: :}: : : iヾ、
         |ハ: : | : : 、|-Vtッミ、ヘ: :| ーkッ、|ヘ:|: :j: }
          ヽ|:、:ヽ:| `ー '´  ヽ! `ー'´ } ;イ; !
           ヘト、ト.ヽ """  |   "" u |//|ノ   それにしても、聖女像でも女王像でもなくなんで「女人像」
             i`ヘ     '       /:´ハ|
             ヽト:`、  ,:‐:‐:‐、  ,.': ;イ!    なんだよ?
              ハ: :iヽ.  ̄ ̄ /{;イ、'
            __/! ヘ!  \__,/   ! i`i 、
         , : '´: /: |  ト ヽ      /  |: ヽ: `ー- 、 _
     __,..'´: : :/: :| ,イiヘ、  `   //7.、| : :ヽ: : :  :`: 、




        __,..-─ー-、 ________
       ''´  ,_ -‐' ´´/ \     `丶、
         ./    ./          ヽ
        /      {        ` i   `、
       /       {          i   .ハ  継承の儀に必要なため、そう昔から呼ばれてます。
      / /       {       、  l  |  l
     /i {   ,  .| 从   | .l  ヽ  l |  l
     | i l   | l l .l リ ハ  l .ト、  ハ  .| l  |
      l l   l l ハl.,─、\l\l,,─,i、〉ハ| |  |
      ヘハ ヘ ヘ.|.fl〃//::::j  .〃//::::ゝ-| |  |
       `ヽ \ {i.lト//;;::ノ ̄`V./:::_ノ l}l  l  |  ・・・・ぶっちゃけ、北斗ですから・・・・
        .|` .|ヽ|l ` ̄   '   ̄  l/ j i .|
        .| .! | |ト、    -     イ|  i i  |
        .} .l .| .|| `i>、 _     , イi .| l/ l .|
        / l  .l || | <__l ` ''. ´ l`>i i l /  l l
       ./ _l_ /.,||∩`、 >'ー v イ }/_ i  l   l |
      //.:.:.`y´-イ.}.:.:.:_>ハ从V/_:..:.l l´ ̄`ヽ l
     /.:.:.:.:.:.:.{ ─i l/ /(゜)`ヽ、ヽl  l.:.:.:..:.:.:.:`、
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  ーi |ー' /.ll \ '; l  l:.:.:.::.:.:.:.:.:.ヽ
    .l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ  人___ 〃lゝ___ / l  l.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:}




            r─────-、、
            |          .:.:.::::.`ヽ,
            |____.:.::.:.:.::::::::::::::/
          _ノ_____  ̄``丶、/
        r'´     _ __ _  ̄``丶〈_
        ヽ,. .:.:.:.::::::::::::::::、::::ー- 、  \
        /.:,.::::::ハ:::::ヽ::.ヽ::.\.::ヽ:::.\/
        /::/.::::::|:::ト、:::::仁ニーミ:::|:::::::::|  またメタな台詞を・・・・
        |.::|.:.::|_ノノ´`ヽ` ◯ `1::|::::::l::|
        |.::|:::::K´ ◯      |//::/:/
        ヽト、::::ヘ         /::/:/   するとナニ? 柊はその継承の儀ってのを
          ``1:ヘ  r─っ , イ::/,イ
           |/|.:::>r‐r<  |/イ´    受ける必要があるワケ?
            |.::/^l/l:/_/⌒ヽ
            |/ , ィ´y'´   ,r=ヘ
              // /介1  ,fj.:.:.:.:::.\

286 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/11/16 12:34 ID:E/DatSTg

  |ヽ_/ヽr'( ノ(/|                  ,,、-ー ―- 、,
、,r、|          `''"(               ,、 '"   つ     `゙' - 、       lヽレレヽ/l_イ_
               ゙''イ           /       と      ヽ,  \―'
                7        /    "" ー          ヽ  ノ
  ┃ よ. こ あ     /          /     ,ィ  rニ             ', <    思
  ┃. く  と の     (     /:|   ,'/lrレ"(゙("(                  l つ    い
  ┃ 思 を 時     >  / :|   ,'| (,,(゙,,r--ー―-==;z 、    r、r、    | ろ    だ
  ┃ い    の     ,イ  / : :|  ,'l゙ミo 〈" :,,、-ー 、;;Y /:|`゙''ー、ノ ノ .jY、  | )    し
  つ だ          |  / ::::::|  l|゙ミo  ヽミ::゙' ゙゙ー-ノ :/ /::,、;;; 、`' 、ソ ノリr }∠    て
  // せ         ,「 / ::::::::|  lヽ(。/-yーー-ミニ;;"ノ', :}::゙ -2,,゙i,l::::゙l"彡 リイ ろ.    み
  ・・           ( / ::::::::::|.  ,':::| |::::: | 、:::| ,,、::〉:::::''ー゙'、''- 、;;彡'",,,/イ う     ろ
            _(_,/::::,、- 、|  ,'::::| |: l| l: | | l:: |;;/ :/ r,ァ":::`゙>ーーイ) ,, イ /     //
)          / ''ーx三=、-\' ::::|ll| |;|.l |;;| l: |;;;/ / ./;;/ / /フ:::  ::イ::://_    ・・
レ"フ/~| _ ,、 ,/ _彡"´ ̄  ヽ:ヽヽlレl |;|.l |;;| l |;;;/ / /;;/ / /// /〉 :::/ ::/  ̄∠__     ( ̄
  :::::,、-|/ ,'"V .N'''"/-ー-、"゙   } l|::|ヽ: ', |;|.l |;| l |;;/ / /;/ / /// // :: /::::/  /|   /::::|   /ヽ|
:::/´  ,,、ノ  _/::l :/ー '''''''゙ .::| ::ノ:/::リ:::ヽ:゙j;|.l |;j l |;/./ /;/ /,///:/;/  /::: / ./::|  / : ::レ'"W"
/   /ノ',/:::::::| {      .::j-彡"::ノ::l|:: l'':::ヽ|:ヽ;|;| l /;/ ,//::///|イl|::/ /::::|  /:::::::::/
   j/ :::', ...::::| ::' 、,,,,,,,,,、-'===彡'"::/::: ',::::::::::'ー-、゙::::::゙''::∠/;;ィ'": //;;|ノ ./::::: | /:::::::::/   //
:::.........Y ..:::::l  ,,;;;| :: :::::::::::|~ヽ:::"/"" 三ミ ',::::::::}}::::::::::~''ー'''"´::::::::ヒノ:/ノ /::::::: | /::::::::::/  /:::/

    受けるしかないだろう柊蓮司ぃ!

    継承の儀は後継に相応しいかどうかを見極める試練の儀!

    それを通過できれば、さしものラオウとて認めざるを得まい!






         ,......-――--.、
      ,.r:'´::::::::::::::::::::::::::::::`"'''ヽ.、
     /:::;;:;:;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
    /:/!/!/!/:/:/;;:/!;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  それは願ったり叶ったりなのだろうが・・・
   /:レ/:/:///,l/レ,:/ l:/!//::::/::::::::::::::::::::::::::'、
.  /::::':::レ/;!//, /l:/i レレ/l:/:/:::::::::::::::::::::::::::::::',
  i:::::::::::/:::':':l//:::/:!/!  il:/:/:::::::::::::::::::::::i:i!:i!i!:',
.  !:::::::::::i!::::::::::'::::/::|::|i/:'/:/:、_リ!::: /!;!:::::i!l:..:iN::::!
. l::::::::::::i!::::::::::::::::i!:::::::!!:::i!:i!,ォ/N/ l!|:::/'l!l!||:l!:::l  決めるのは柊だ。
 l::::::::::::i!::::::::::::::::i!::::::::::::i!:〃{!`i'゙r ミ、|/,':::l!:::::;イ;!
ヽ、:::::i!:::::::::::::::::i!::::::::::::i!:l! ゙、{;:;/ ゙'/,':::::;::::/ /
   ヽ::i!:::::::::::::::::i!:::::::::::i!:l!,___ ``__,....{:::;/!:/
    ` 、::::::::::::::i!::::::::::i!:l!  `゛゛゛´ ', ! /
     | `ヽ、:::::i!::::::::i!:|       /l
   _,'    `ヽ::i!:::::::i!:!    ̄`´::::;'
  /`<_       ヾ!:::::|:ト、._,.ィ´:::::::::i
,.く    ``ー- 、_  ト、::|:|   ヽ:::::::::l  それから、そろそろ仮面を取れ、緋室灯。
--\      /〉 {ヾ;::||`ヽ   '、:::::!
-―-.\   /' l丶ri\!' iトヽ、 ヽ|
     '\ ,/   li  |,人_ l|

287 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/11/16 12:34 ID:E/DatSTg



           ,
          (    ,. -――― 、
           `>': : : : : : : : : :ヽ:`ヽ.
          _/: : : :iヘ、: : : :ヽ: : : :\:ヽ.
         /ィ,. . . ヘ. .ヽ、 . . :ヽ: : : : 、:i  どうせ受けないと、ラオウ達みてーな反対派を
        ' /: : : : : : i ヽ: 、: :\_:__:.Y: : :、:\
      ___i: : : : : : : ト、: |ヽ: ;ヽ;≧:、L|: :、:、i``
    _,.ヘ、:::::|ハ: :|: : :ヘ|ニ;トト, \、"ゞ‐'`リ: :ヾ`、  納得させられねぇんだ。
 ̄ ̄     i:::::::::ヽ:i:ヽ: :i` `¨   ヽ    l:ト; :j
       }:::::::::::::ヽ!:ヘ:ゝ   l      i':':;'
    ,..-ャj:::::::::::;.-'`ヘ!ハ、  _    ,':ハ}   やるしかねーだろ・・・・
-‐ i´-、    ̄ ̄     }>、  ̄` /iム.
  !: : ヽ.ー:‐、――-- 、/  }ヽ. ,. ' /  i.、_
  ∧: : :ヽ、:ヽ: : : /ヽ.  | 、  r'-、  |:、:` ー-- 、 __
 /i: ヽ.: : :ハ: ;. : : ,イ , ヘ. ト、ヽ 」 //\ !: ヽ、: : : : `:7ヽ.
./: |: :| : :| : i:j: :/: レ': | |`ト---r'//  |: `: : ヽ: : : : :/: : !
: :j: : !: : !: y': \_;. --| ヽi: . : j//  ト、: : _/: : : : ': : i





          /
     _   ,/_,,...、、、    「仕方ない」感MAXですね柊(マスター)。
    ´  ~ヽ、/' ,、、 ヽ
      /::ヽl /:::i l::ヽ l    もしダメだった場合には、反対意見などビームで焼き払い
     /-ー―‐ァ.l l:::: ヽ
     /::/'     ヽl l:::::.:ヽ i   なかったことにすればいいのです。
     ;::l!  kos.  l! ::l:::::::!::i
     ト、! mos ノ!::リN::::: :i:!
    、ヽ、二_二ノレ'ヘ|:: :::|il
     ヽ、二_二ノ/ナり:: :::レヘ
       ̄ト、/リ ゞ='タ| ::| .. }
             /リ| ::|::ノ
         ''    /| ::|":l  人口がちょっぴり減る程度なので深刻に考えないでください。
    ::..、    ̄  /::l :::|:::: l
    :::: ミ`ヽ、_ ..::"ゝ::! :::::|::::: '
     (=) , ‐-、(=)! ::::::|::::::           ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
       ;;;;ゝ-'';;;‐=;;l ::::::|:::::::::         /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /;;/元l;;;;;ト/::::::::|` ー -‐       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
      〈ノ:|  |ヽ〉/::::/リ、          l:::::::::::::ゝ−−−− ι
        `ー'  /::/ヽ ヽ         |::::::::::::)  ◯  ○ (  そんなことするまでもねぇ。
          /'"  丶          ,l::::::::::::η  |||||||  ゝ
                          ゝ---η.   |||||||  ゝ
                            /≦ ヽ .|  | ≧
                            { l  l |* *| | l  術で言いなりにすればいいのよ。
                            { .l  l .|  * | .| l
                           /  l  l | * | l l
                           l ---l  l--  -l l
                           |   `^^    `^




   ,.-― ,--- 、
  ,:.'.:.:.:.:.:.:.{i'.:.:.:.:.:ヽ.)>
/.:.:.:.:.:.:.j:.:ヽ=='.:.:.:ヽ.
/イ.:.:.:.:i|;ムレ' |:.:ム、|l:j:.:.:}   すいません嫁達の意見が素晴らしく怖いので、
{:.:.ヽ:.l -ー |/-、 レ:.:N
 ト、Nヾ    |   |:l/     命がけで試練に挑もうと思います。
 ヘ:ト-、    '   /'
  iハ| ` 、  ̄ , '
__rへ、_ ` 〔、_ _
: l :ヽ、 |‐--| ∧`:ー、
: |: : : ヽト`ー'|イ: :ヽ: : \
.: :.>': : :| 〉ー{ l: : <: : : ヽ

288 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/11/16 12:34 ID:E/DatSTg



           /    〃                      \
           /   /                  /             ヽ
          ′   //         !   /     〃               、
          ,   ィ/|          | / |   /{/               ,
.         ,′ / l{' |.     { ─-| / │ //| |'    |           ヘ ',
        /   { ⌒ト、   从 / j/  `lメ、 | |    '|           |
.        /    ∧、{| \ヘ{ V    │   | |  / | j          } !
       /   / ヘ. |   l\ ===ミ 、    | |  /ナメ、}     i   .′i
      /   / /  `l|   |      `     |//jノ ,′    |  ′/
.      /    / /   l|   |                =ミ、   ′     | /
.    /   /   _ァ‐-|  │                 ヾ/    イ リノ
   /     '  // ト、 /li   │    丶._  ´   <.__  ノ// '′
  /    ,厶∠... | `¨|i   | \      ` `      ,ハ//´ レ′
 /  /..:::.::.:::::..`ヽ  |    |、  \     ,..r  ´  |  うふふ、乗り気になってくれて嬉しいわ柊。
/ ,/..::.::.::.::.:::::::::::::::..\|    |て /ト、`r l |  丿|   |
 /..: : :.::.::.::.::.::::::::::::::::::::..\ │ `スrく}r‐┴く  |   |  でもその前に・・・ワグナス様にお話することが。
'/.:.:.::.::.::.::.:::.:::.:::::::::::::::::::::::::::} | /  }\j::::.:::.::..\   |




           ,. ‐‐‐‐ ァ´        \ー┐
          / ´ ̄>            V ヘ
.         //  ./    .  ト、  \     iX 〉
         レ'  /   .  l .| \  ヽヽ  j//〉   私にですか・・・?
           i   l __l__,|   ヽー 土|. l||'/〉
           | l . !´ l___|    レ'::::::「 l|| く
           | i、 V ,ィ´:::::ト、   八r;::|  l||  }
           | Nヽjハ 入rj      ` |  l|| メ
           从 i  ハ""´   .    ""|  l||  \
             | i l > .    、  /|  l||\_/  まあ、承りましょう。
             | l |'儿 >  __.イ__ ,リ /リ  〉
             | .ル |____/_j ̄|| ̄  レへー '
             レ'´ |  \___八_     / 7ー 、
            /⌒`|   /L.j\` ̄´ 、 レ'´ ̄',  その話しというのは一体?
            |   }/ / / Vハ \   V!.    |
            |  / /   / o〉 l.  ',  ヽ   |
            |  i  \ /  /  |_____〉  } / ,'





/           l              |   |
            |   : :   |: :   : : |   |
| |   |   |、 |ヽ  : :|  |\: :  : :|   ト: :   では、お話しましょう・・・・
| |: :  |: : ¨T弋|- \ : :|\-\---|   |_: :
ヽ ヽ: :|: :\|《下;:_ \| r rァ=マ=z | : : K'}:
 \ト、: :\ : :!、 ゞ夕     弋ゝダ | : : レ/:
    \| `ト-`          ¨¨¨   | : : |': :   あなた方、七英雄の知らない話。
       | 人   ` ____,        | : : /: : :
       |  /:> ._   ̄    _, '"]: : /ノ: : :   貴方達が封印された後何があったかを・・・
    , =三| /三ニん> .__, 、 '"   /: : / 人_

289 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/11/16 12:34 ID:E/DatSTg





      かつて・・・英雄ミルザがサルーインを封印した後──────



      ミルザが築き上げた古代文明は、一丸となって七英雄達に反旗を翻しました。







      ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、
     j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)   ミルザは死んだ! もういない!
 r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  )rテ-┴- 、
 `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ.
  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,  我様の恐怖支配から開放されたんだ!
 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l
 ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ
 W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l   七英雄を倒せ!
   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
    ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  世界を俺達のものにするんだ!
.    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;






             /. : : : `ヽ: : /: : : :\
                / . : : : `ヽヽ:l://. : : : : :ヽ   我々人類の誇る勇者ミルザと七英雄は邪神とアビス
            / . : : : : : : : : Y : : : : : : : : : :.
            .: : :/⌒\: : : : l: : : :/⌒ヽ: :.:i  を駆逐した・・・・! これは人類の勝利である!
            | : :|    ::....、: l :, .'     '.: :|
           : : :|     ::::`´      ': : |
           '. : |_    ...:::::::.  '" ̄   |: :'  しかし、その勝利をもたらした栄光たる力は、彼らのみ
                〉, { ー―u‐ァ.::ィ r―u‐ァ |/、
             {う l / ̄::/ | ヽ ̄`ヽ |う}  独占すべきではない!
               V∧ .:::::::〈 |      リ /
               ヽJ.   ::::::ー、l_,.     ,ィ′
                 Y:.、 ::::::. __,    /|   その同化法の技術をもって人類はさらなる高みに・・・・
              l  \:::::.` こ´   / ,|
               _/|\  \::. l    イ/卜_   全人類は不老不死を得て神となるべきなのだ!
          _,. -‐<_} |::人>=.≧ー≦=人::::| {_>‐- .、_
    _,. -‐<_>  ´   乂:::::::三V} | {V三:::::乂  `  <_>‐- .、_



   同化法と英雄達の力を恐れ、またその力を我が物にしようとした人々は、

   帰還した七英雄達をだまし討ちのようにして捕らえ・・・・

   そして、この魔女の塔にて過酷な人体実験を繰り返したのです。

   それはワグナス様、貴女も知るとおり・・・・

   最終的には、七英雄はその形を保たぬ肉塊のような姿に合成され、次元の狭間に封じられました。

   貴女がたが知る古代文明の所業はここまででしょう。

290 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/11/16 12:35 ID:E/DatSTg




                  //                 \  \  l|
                 //         〃          ヽヽ   ∨\
                //   〃 〃  〃 ||   |l      ‖‖   |  ||
                //   〃 l |l  |l /∧ ‖ |l  ll  |l ‖   ト、∧
                | |l  |l |l ||  || ‖ |l |ハl  |l  |l ‖   | |〃
                | ||   |l |l ||  || ‖ |l |l |l   |l  || ‖   | |《  ええ。
                | ||   |l 廾=|-」、|∧||  ヾ、|! |l_」斗 'i|´||  l| | 》
                Vハ  |l || z=≠≧、   ヽ/,z≦示z、||  l| |《
                 |ヾl|ト|| 《 |L:::j::|l``    ´´|L:::j:::l| 〃|  l| |/  それからのことは、復活してから
                 |l lトハ  lL辷」!      l!L辷j」  ||   l| |
                 |l  |lハ                 l||   l|/
                 |l  |lトハ      {{        /z||   l|   断片的な遺跡からの記憶をたどって
                 |l  |||‐人               /'´ ||   l|
                 |l  |||  __\    ´ ̄    /ー、,||   l|  おおよその仮説を建てたに過ぎません。
                 |l  |||//7/iヽ、     ,. イ|ト、`\||   l|
                 |l  |||////_」==>=≦zr‐zl|_ ヘ  ||   l|
                 |l   |||////ム____|__|__|| }_ト||   |l〉
       _____   |l  川 ̄ ̄ ̄ __    ,、- 、 ̄\| 〃
     /」==== =z\ |l 〃/|       \ハヽ  {{       | /ー 、
    //           ヾ>イ|//ム<三三≧z、\ハ  ヾ=ヘ   ィレ   |ー──‐--、






        〃/                    }                  ヽ
       / /            i         i    }           |       ,
       ' ′          l {      i     |          |      ′
      l |            | '      i |  | l   }       |
      | |      {    ∧ ヘ     ムrヒ 7"{「 ̄|       |   では、ここからが・・・バイゼルハイムが
      | | /      |   {/ __' {      '_jノ _厶ニL _ |       |
      | |'{      | ィ'{「 __`j八    / ノ ;ノ乙心jノ|   /   r: 、  秘密裏に伝えてきた古代文明の末路と
        | .    {  ,   l ァァぅ, ハ  /   ‘;::::タ刈 |. /    ′ |
        {. ',   ∧ '.  |〈{ {:::hム  ∨      ー '' ” | /   ル ) 从     i  なります。
.          ‘. / ,ハ ヽム 弋:k           j/     ハ /  }   i
           )' /  V{ ハ    〈             /     厶ィ´      i
          /      \ ',       __       ,     ′│        !
                /  人      `´     /     .′/ |         !
               /  /  > .     /       /}丁厂   !     l
              /  /  /    >-=''" ̄`丶、/ j j  ′  i   │
.              /   〃    /..:::::::::::::::::::::::::::::..\ リ j ′   !     |
             /    /   /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ j/    i   │
.              /    /   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.∨    i    |

291 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/11/16 12:35 ID:E/DatSTg




               _,..----、_
              / ,r ̄\!!;へ
             /〃/   、  , ;i    サルーインは勇者ミルザの犠牲によって討たれた!
             i,__ i ‐=・ァj,ir=・゙)
             lk i.l  /',!゙i\ i
             ゙iヾ,.   ,..-ニ_ /    この神話と七英雄の伝承を切り離すのだ!
             Y ト、  ト-:=┘i
              l ! \__j'.l
              」-ゝr―‐==;十i      _,r--――、
             .ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_____
     ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦__ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \
    ∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i  /       \\(_.人 ヽ._ ヽ
    レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ / /       ヽ-ゝ. \   /
    レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  / /         ,(  \  ノハ
    レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /  ヽ._        ,ター  '",〈 !
   /゙" ,r'" .l‐=ニ゙,「l ! 「 ̄!. /./   ー=='       .l.ト、. -‐'"/!.ト,
  /   .ト-  ゙ー―┘!└‐'='-‐"   ヽ._/   、     トミ、 ̄ ̄._ノノli\



  彼らは、自分達の醜い裏切りが後世に残るのを恐れ、徹底的にサルーインとミルザの戦いから

  七英雄の物語を廃するような情報操作を施しました。

  彼等の伝承そのものを消し去るのが不可能とみて、それらを曖昧なものにしたのです。

  七英雄が何故「七英雄」なのか、それについて諸説入り乱れるようになったのはそれ故に・・・






 '⌒l}了ヽ: : /: : : // : : /: : |: : : }: : :ヽ: : \: : : \: : : ヽ
 x-ァ'_/: :/: : : : // -‐/ :‐/|、: :ハ : :|: : }: :\: : : ヽ : : l
  / ノ | : l: : : : /イ: : :/斗=ミト: / -}‐ 、|: /: : : : ヽ: : : l\|
  ,'    | : |:: : : : : |:/〃 f:゚j /  ァ=ミ|/: : : : : : :',: : :|
  |   /: ハ: : : ヾ:|  ヾ  ¨      f゚j } / : : : : ハ : j
  |  ,イ: : : _:`ト\: :\    ....      ¨ リ:/ : イ: :∧l: /
  |/ ∨:./⌒|: : :| ̄人 ヽヽ      ../イ< j:イ : ∨  それはちょっと無理がありすぎるの・・・
     ヾ{{ .|: : :| (0::)        │ │  | : : l
      \ム: :小         __    八: |  | : : |
        ヘ: :.ヽ \       `´ /l: : : |  | : : |  っていうか、感謝の気持ちの欠片もないって
         \: \   、. __/ │: :│ / : :,′
     r-=ニニ.土\:_ヽ_/____    /: : :/ /: : /
     ヽ __  ̄`ー──- ニ二≦:/ / :/    大人ってすごく汚いの。
   / ̄    ¨二._       ∠、  '´
.  // ̄ ̄`ヽ     ミ=-  _/´  ヽ
  l'´      \        ′    ∧
  |          ∨             ∧ |



  当然人々の中には心あるものたちもいました。

  世界を救った英雄達に感謝し、彼らに対する非道をよしとしない者達が。

  しかし・・・

  永遠の命という餌と、七英雄達への嫉妬に狂う沢山の人間達によって黙殺、虐げられ、

  あるものは殺され、あるものは英雄達のような人体実験の犠牲となり、

  残ったものも生きるためには口を閉ざすしかなくなったといいます。

292 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/11/16 12:37 ID:E/DatSTg



                       
              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、    自分さえよければいい。それは当然の考えなのだよ。
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ. 
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,  所詮、人間など誰もが自分のために生きているのだ。
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i,  
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,  
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、  英雄達は、我々のために世界救ってくれた。
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l 
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,    あとはもう用済みなのだ。
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ  世界は我々のもの・・・
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
           `" ト、    " `    /   |   英雄達に出しゃばってもらっては困る。
              | 'ヽ.   .|    /   .|
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |  我々は、ミルザと七英雄を利用して、世界の脅威を
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___  排除したのだ。これは我々の勝利だ!
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"



    七英雄から奪った同化法により、永遠の命を手に入れる術を知った古代文明の主たちは、

    自分達の栄光が永遠のものとなることを信じて疑わなかったでしょう・・・・ですが・・・







             _ / :::::::/ L _ 」   、   f´
         r ≦¨   ≧``'' 、`丶\   ,゙-‐ `,,,,_
        _ 」_,,..-一=-、.,    `ヽ`ヽ<;;;/、;;;r ´ ヘ,,,_   ほう・・・なるほど、貴様の意見には頷けん
       /               ヘ 、 ヘ;;Vヘ{     ヽ
      /                ハ `ヽVVヘ      }  こともない。
.      {                 ハ   \Vヘ       l
.     .{                 }==- 、ヽ/V    l
      V                }   _,,.;;;;;=ヘ   ノ  世界も民も、所詮は王のもの・・・・
       ヽ     _,,..-一=- ..,,__ノ.''"~´  }}ヽ ヽ= ゝ
        ヽ-     ,,..-≦  ヘ;;/      }} } ;;;{_ {  君臨せし支配者の血肉となるべきモノ。
         V _,,..-≦  /     /、_ _,,..-一='''"ヽ>、}
           ヘ   >´     /;;;;ヽ`''=-、`丶、 ̄ヽ} }ヘ=- , 完全無欠の絶対王者のもとでこそ、
            ゝ=´     ./;;;;;;;;;;} ヘ ≧丶、`丶/ ノー 〈
              ヽ    /;;;;;;;;;/   }、    >´ };}ヽ\ ハ  愚民どもは幸福と栄誉を享受できる。
               〉 _ /;;;;;;;;;;;/   };;ヽ > ´   };} };;;;ヘ.ノ
               \;;;;;;;;;;>´   } };;//   /´ノ;;;;;;;;;}´
               /V        ノ/  ≧=- 、 一´=´ノ  故に、王の命に背くことなど愚劣よな。
               / 乂 _ _ ,> ´ \\   Vヽ



    そんな驕りたかぶった古代人達の前に─────

293 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/11/16 12:37 ID:E/DatSTg

   サルーインを倒した偉業をもって神として迎えられた・・・・

   英雄王ミルザが帰還したのです。


                             斗、,ヘ
                         /⌒Y /  `ヽ        _,,..='''"~´
                   斗≦ ̄//    `ヽ   \_,,..-'''"~´_,,..-一='''"~´
              斗孑 f/;;;;;;}  /     ノ乂. ヘ    ハ'''"~´
      _,, 斗孑≦´// レ /ゝ=´ / 、_,,..'''"´   >ハ    ノ
斗孑 f「  ムマ圭/ Y,//..,,_ {;゙=〈 <, ='''"~``''= / リ  /ヽ
`ヽW f´   ムマW イ/< _.ィ´ r=- > 、    ,<r-- ´    }ヽ
     炸淤i if ィイ/ 会 斗~``''=ー-一='''"´~``¨¨  ゝ~```'' =、| ヽ
!垈 }会 斗孑゙ ¨ ´                      V, < >=- ヽ
¨´                                   V _.ィ´; ; ; ; ; ヽノ
                                 V; ; ; ; ; ; ; ; ; ∧_
                                  乂; > ´    `ヽ
                                   /   _ _ _  ヘ
                 ,ィ            _,..- 、 {,..-一- 、.,`ヽ: : ≧ヘ
                //_,,.._.ィ´/_,,..- 、 /     ヘ..≦; ; ; ; ≧ヽヽ: : :/
              / /    /''"~/_.ィ´`ヽ-‐- 、 ハ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;ハヘノ
            ∧f ,f        _.ィ´  l; ヽ ヽ  ヘ  }; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;ハf
            N f l    /        l; ; ; ;ヘ ヘ ハ }; ; ; ; ; ; ;r<¨´ さて・・・貴様等に聞こうか。
            }{   l  /     _.ィ´ ,/l; ; ;| ヘ`ヽ ハ}; ; ; ; ; ;/
            {ヘ   l /    _.ィ´   ,/ |/  ヘ  ヽハ; ; ; <  我の国と、我が友に・・・・
            Y`ヽ!/ィ´'"´'"´/       |     〉  .ヽ´
             l        ‐-、>.、  ,ノ   ,/     ヽ
             }\  _,..-ー≦  }  }/`ヽ/  > -‐ ≧ ゝ、  一体ナニをしてくれた?
              エェ   ニエ;jノ  ゝ /  /   /   _,,..-  ≧ 、
              ゝ/        f¨´ハ /   /    .ィ´=<     `ヽ
               \- 一  /ゝニ゙/   /   .ィ´<             ハ  許さんぞ・・・・!
                 `ヽ _ / { ; ; ; /    f  ,f'/               ハ
                      { ; ; f   {  /       /        .ハ
                      { ; ;f   {         /            .} この雑種どもがあああ!
                       { ; l   .V                > ヽ
                       V    V              /   /ヽ


   ミルザはサルーインとの戦いで命を失い、そして復活するまでにあった悲劇に、憤怒しました。

294 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/11/16 12:40 ID:E/DatSTg



 ..:::         ::... ヾヽ     \ヽ             /                  \
..::            ::::  ヾヽ     ヽヽ           /                     \
、.              .:: ::.  ヾヽ     ヽヽ..::::::::::::::::.....   /                     マニェ,,_
 `'' -.ヘ         ::.  ::   ヾ     ..:::ヽヽ      ::::::./        ./              、ヘ
`ヽ、  `i       :::. .::       ..::::::  ヽ~!    :/.       /              i    ヘ ヘ
   .`ヽ、/        :::.......    ....::::     i \   〃i.   i  /. / /  / i   i ,    .i  .i.  i i
             :::  :::::::::::::  ::::     ^¨i |   ノ   | ,{ /|/| /| ハ   l ハ ハ .,|   i  l! |
            ..:::.................   :::.        ~   '''´| .r-| .ハ.ムテ=x<.ノ/ | /|/_,,リr'i´ハ  ハ i リ..::::
           ..:::     ::::::::::.... :::.           .W.ハN .i!`.ゝ-'-`ヾv |/ ィ弋ソ_7 i!/! / }/:
ヽ.         ....::::         :::::.... ::::..        ..:::::::{ 〈                / }/ ..:::
  ` ヽ 、   ...:::             ::::.. ::::::::.................:::::::.   \ヽ、         i,      .,'/::::::::..
- ,,_  ` ヽ 、_   ,ュ  ,,        ::::..            `-ヽ        /     .,'    :: ::::....
    `'' - 、_  ` ''' ´ ヘ_||         :::              ヘ'.,    __,, ,,_    ,r'  .,、 ::   ::::...
     ::  `''ヽ、  r-' i         ::::              ヘ|.\        .,イ ri ./:/  ::.    ::.
     ::      \ 7 ノ        :::               |  `ヽ、   / | |:!'::/   ::.     :
     ::      !/| |         ::          l'''''¨¨¨''''''''''::::ーi  ` ´   |,,,,|;i/     ::...
:::::::::::.........::       ヾ-       ..::           |::::::::::::::::::::::::::O |.      |:::::::f¨'''''i     :::::...:
      ::::..              ..::              ,rL,,,,,,,___::::::::::::O:::|      |:::::::|.P::::.|      ::::
       ::::..           ..:::      _,,、r-::''¨´:::::::::::::::::: / / ::ー┴-┐    !ヽ、| P:::」      .:::
        :::::.......       ...::::::::: _ _,,、r- ''¨´:::::::::::::::::::::::::::::::.//::::::::::::: |::::|     |~i:::::ヘヘ`''::-:,,_..:::
         :::  :::::::::::::::::::,r::'´ ̄:::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::: |::::|     .| |:::::::::ヽヽ:::::::::`:''::
─、         ::       /:::::::::::::::::::::::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::::::// ::::::::::::::::::::: |::::|      | |:::::::::::::ヽヽ:::::::::::::
─'.         .::     i::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::// :::::::::::::::::::::::::: |::::|\     | |:::::::::::::::ヽヽ::::::::::


     ミルザの怒りは天を裂き、地を砕き、みずからが築き上げ・・・そして奪われた

     己の国を完膚なきまでに破壊し尽しました。



     生き残ったのは、古代人達の所業とは全くの無関係だった短命種・・・今の人類の祖先たちと、

     そして、あくまで彼等の所業に対して抗議や抵抗をし続けていたわずかな古代人の生き残り

     のみでした。

295 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/11/16 12:40 ID:E/DatSTg



                        ,ィ  _,.. ィ
                    ,ィイ/イr '´ ,/-─イ,
                  /レ'  / /  /    ,/  '7
                  |  / ,i /   ,  ,/  / ,/
                  |ヾ  l { !  / /  ,/ ,.イ  フン・・・我という絶対君主がいなくなった故
                  { ヽ、ヽ ヾ、 { // ,.-イ / |
                  | 、|``丶-、',.r '"   !/ /ノ  仕方ないとはいえ・・・愚かな最後を迎えたものだ。
                  |, |           _, ヽ_,!
                  rヽ!Tt-..、   rヒ.:フノ fヽ
                  ヾヽ ヾ ='`   ´  ̄   ノソ  短命種ども、この世界は貴様等にくれてやる。
                   ゝヽ    |!     /Z
                   [__|`\  ‐=‐   /l__|  せいぜい貴様等は我の怒りを買うような、愚かな真似
       _ -─‐--<`\    ,rェ─'l 丶 __,. ' |`ー‐ッ、   ,. -‐ 、 ____
     ,r' ´      `ヾ、   \/ ヽ,rェ|   __  |¬,/  | ,/   ,r ",. -' ´ ``丶、 はしてくれるなよ?
    ,! ` 、       \   \ ヽ;;;;フ´_rュ、 `く;;;;/   /   /,.         `丶
    |::.    ,         、   ヽ、∨  `i::「   ∨ /   , '            ,. -'´|
    |:::.                i, l,  |:|  / /             ,.  '..:::::::::::| この地上は・・・いずれ
    ,l::、                   l  l   ||  /  l           ,.    ..::::::::::::::::|
   /_ `                  l   l  | /   |              .:::::::::::::::::::/ 我が友が還ってくる故郷
  ∠__` 丶 、            /`'=、ゝ._,.ィ.;=''"|             ...:::::::::::::::::::イ
  /        `丶、       ノ_,.. -‐';:::::::;'- 、 l            _____,!  なのだからな。
/     `ヽ、ヾフ ∠::;丶、   ,. '"    !::::::!   `\      _,.r':::::>、    :::::|
────‐---` 、/   {/`ー'       l^Y^l     ` ----イ  ̄ ̄  `丶、 ::::l、
::::::::::::::::::::::::::::;r'´     |:::.         /    l        :::| ヾ`>     .:::::| ̄ ´
:::::::::::::::::::::::::ノ       l::::        / /lヽ l         .:::/ヽ、     .::::::::\



  ミルザは彼等の王に返り咲くことにさえ興味を失い、天界へと引き上げました。

  以後の文明を奴隷だった短命種の手で築かせるように、古代人の末裔達に辺境の一都市を与えて。



  このバイゼルハイムは七英雄ワグナスの故郷であり、そして彼女たちを裏切った背徳の町として・・・

  ワグナスが還ってきたときに、彼女から奪ったものと、そして真実を伝えるためだけに残されたのです。

296 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/11/16 12:40 ID:E/DatSTg




      | l |  ト、 ヽ \    ヽ \  //、 |、ヽ l \ヽ!\     ヽ \ lヽ  ヽ 、
      | | |  l ヽ \ \   \、 /イト.ノ l ノ `ヽ,   !ヽ\    ', ハ ト、!,  | \
      ! l l   ! \  \ ヽ`、  \ `-‐'´        \ ! ヽ     V/l |     |ノ
      | !l ハ.  |  \ 、\ \`ヽ、_\             ヽ ヽ   | | !   |
       ! | l |、 lハ  l\ ヽ`ヽ.\  ``            l、ハl   l  il   /|
       !| ヽヽヘ ヽ\ヽ \ \|`ヽゝ              / l |ヽ  |   //
       ヽ \.l\ l ヽ|  lヽ|        ,. '´      / /' l ! !  |  //   /
        `   ヽ' `ゝ   | `ー-、   '´          イ/,ヘ. !| |  | ,/   /

    そうですか・・・・全く彼らしい。

    私達の仇を取るという意思はあったのでしょうが、それ以上に王として、臣民

    全てを誅したというわけですか。

    それがみずからの手で国を、自分が護った世界を滅ぼすことであろうとも・・・・・。





       i   ,          | l_Lムニミヽ、 .!   .! i           '
       | i i    八    lV ィ'て乙(`ヽ l    ! i    /    ,′
       | | |      \  |  h( ィ'リ  ヽ  f'うミメ、 .'  } i /
       | l 从       {ヽi   `ニ´´    ヽ hr!Y´ '   ' レ′古代人の伝承の中には、
       | i   八 ヽ、    !               lcリ | /  / 八
       |    i イ\j\  \           '  |ノ  / /  次元を超えて異世界に逃れた・・・・
       i   ! {  l  >ー ヽ          _     !厶イ /
       i   ヽ、`ー |   |           ´ ’   ハ  /   という説もありますが、あの神が
       '     `ア,|   |              .イ  |
      .′     // |   | へ、          イ l  |     そんなことを許すとも思えません。
      .'      /   |   |     .>ー ,---rく {  l │
.     /     /┌厂l   | ` ̄ ̄'L./   ノ   |  i  |     何処までも追いかけられるでしょうね。




       |              \
      , -┴==――-  .. _        〉
.    //´             、 、 /
    { /   , -‐ァ===‐- .._   ヽ ∨
    \/  /   /, {     `ヽ  !
    , '   , '    // ハ   |  ト、 |  もっとも・・・
   /   /_, / //∠=ヽ、 }   lハl
   l / { ,ィf´ ノノ 7f_j`ゞV   } |  その結末自体が、裏で糸を引いていたボクオーン、
   j∧ 「{kツ     ゙ー'  /   ,′i
     ヽ{   `    u. ノ   / /  そして創造神マルダーの掌の上だった可能性もあるけどね。
      八   ´`     ー=イ  fl /
      ハ\     ...::::::|  jハ{
       \{` ー‐、.:::::::::::| /
         `    」::::::/j /\
          /x=く  ´ _f〜、




        ,. -    ̄  ‐ ,   , - 、
      /           \,' , -、ヽ
     /  /             ヽ   i i
.     / /   Λ          ', i/
    / / /  / v^v|  l       !
   .! //.l  /-─-/ l /l /    i  それは、やるちゃん達が戦いの中で得た経験から
   .!    l l.,.--- '、 レ  !/i /  i
   l   ./| l ""    . '"ヽl/.i /  導き出された推測ですか?
   |  / .l l ヽ   、_   /! |/
   |   ,'| |/へ、  __,..イl i |    貴方達のこれまでの戦いも聞いてみたいものですね。
   ,'  ,-:::| |iヽ、 ~〈ヽ_ | | l |  ( ::)
  ,'  /::::::::| l:::::ヽ 不.:::::`レ'   | ( ::)
  ,'  /::::::::::| |:::::::::/^ーr ̄ ̄i |
 / /::::::::::: | |::::::/   ノ、__ノ .

|

297 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/11/16 12:40 ID:E/DatSTg




                   _      ___
               rァ二-‐ー‐‐- ._ // ̄ ̄ ̄ヽ
             rア´         /' ヽ、
            rソ  //          ゝ、
           人  //  / / // i  i   ヽ
           〉i //  / / / /  !  i i | i i |  そうですね、お話しましょう。
           〈i レ | /レハメ、 /| /ハ/ l | i i
           ∧  M/fT〒z レ レナ__メ i //i | |
           丶〉  !  |ヽヒソ   f´jラ/ i /!/ | !  ところで・・・・私から奪ったもの、それは・・・
         / ̄∧ |  !     ,`´ / //レ' レ'
    _,. -‐  ̄ /  /ヽ | iヽ  ‐-  /レイ
  ∠ __ ´ // / rL| | `r -‐ '´ !  |
     〉//  /   { i |`ー' Y   |  |‐- 、
    ∠-〈 〜レ'‐ .,ノ、 rり_」Lィヘ ̄ |  ! .,., \   やはり、火のルビーだけではなく、私の剣も
    /  `´;:' ' ' ' ' V' | ミミ () /∧' ''レ'  '' .,. `'ヽ,
   /   ,.;:'    i  Vo.,.,.,  () ,., 'oヽ、     ;:;  } あるということでしょうか?
  /    ,;''     i〉 /   ゙'゙'゙,.└= .,.  ヽ    ;  ノ
 { ー _.;:__     i i/    /  ,)ミ ゙ヽ,∧   ;   /
  i    ';,  ̄    L   /   j ヽ    i ヽ _ _ i  サルーインを倒した時手にしていた剣が。
  ヽ    ':;,      |`‐-V      i    |  Y´` `>





      , /   ,.-――――--.、
     ((  ,..'´: : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
   _ , >': : /`: : : : : : : : : `ヽ: : : : : : :ヽ
    / : / : :|: :i:! : : : : : : : : : : :\: : : : : :ヽ  ワグナスの剣?
   /: : : /: : : l: :{:|: : : : : : : : : : : : : \: : : : :!
   !: : :/ : / : |: :ヾ:、 : :ヽ : : : : : : : : : :ヽ : : l
   lハ: i: : :!: ト:l: : |:`:\:_, \|: : : : : : : i、:ヽ :l  お前の武器っていえば、神槍グングニルや
    ヘ|: : ヽirミ! : |、:_l|ヘ|ヽ : | : : : : : : :!: `ヽ!
     lト、:ト、|ゞハ.:| ヽ|ァォ‐、`| : : : : | : j : : : i  神風剣だけかと思ってたが・・・・
       ` l / ヽ  `゙'   ! : /: ;ノル': : : : !
        、ヽ        l/レ' ノ/': : 、:ヽ〉、
         ヘヽ.ー 、      / ̄ l: : : :ハノ  ヽ、  あとは炎の剣か。
          ヽ. ̄    , イ    ノイ/>'´    /ヽ
            ー ' ´ \ . '´  ̄´    /. . .
              _,.'´        /. . . . .
             /         ,.< . . . . . . .
             !    ,.-‐ '´ . . . . . . . . . .



      /`, '" ̄ ̄`゙ ヽ__
     </ ./  i    ヽ ヽ
.   <'/  l  /l ,l l、 ヽ、ヽ   人類の脅威となってからは、私には相応しくないと・・・
   </l  -l-/__l/ { / _ヽ_l_l,-li
    /'l  l' ○  l/ ○,l i/,l
    >,l ⊂⊃      ⊂⊃l   探そうという発想すらなかったですからね。
   / /,トl l l         / l
  ヽ,_/ヽl`lヽ 、  ' _ -‐'l l
    `゙' ヽl_/"i`゙‐┐-〈`゙゛l/
       l;;;;〈_;;;;;;//-,二、
       ヽ__;;;;;l_l / /`/{`゙h,  仮にもあの程度の装備と戦闘力で、真の破壊神に
        /`‐├>-_/__//ヽ/ミ
      /`‐、_-‐';;;;,-――//_'-'  挑むなんてことはしませんでしたよ。
     /,    /;;;;;;;;;;;;l‐'"`゙- 、 ヽ,
   / `ヽ,/'l;;;;;;;;;;;;;;l      〉〈
   〉-、__/;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;l      /._/  正直私の剣は、ミルザのレフトハンドソードさえも
   /-,-、‐-、lミ___l    /-‐'ヽ
     /`゙゛ヽ-i、-‐,-l   /'`゙゛l   はるかに突き抜けた領域にありましたから・・・
     ` ̄ ̄"    ヽ_ノ ̄`'"

298 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/11/16 12:41 ID:E/DatSTg






           /:::::/::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::ト::::::::ト:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::
           /::::::,':::::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::lハ::::::|ハ:::::::::ト、:::::::::::::::::::::ハ::::::::::
.            /:::::イ:::::::::::::l::::::::/  ハ::::::::::::::::::| ハ::|  >、::::|ニ≧x::::::::::::::::ハ::::::::
         /:イ l:::::::::::::::|::::::≧x  ハ:::::::::::::::|  .N≦公、::l_    \:::::::::::ハ:::::::
        イ   .l:::::::::::::/|:::::/ ,≧x、 ヽ::::::::::::l彡イ不示卞心     \:::::::ハ:::::
            |::::::::::/ l:::、イハ不示x V:::::::l イ人升 シ イ    リ. \:::ハ:::
            |:::::::/  l::lハ ヽゞ孑 }'"`V:::::l,,,,,  ゝ==イ"     -‐/\ハ::
.              |::::/   У:',  `゙"'´l  ヽ:::|            、__∧::::::::
            |::/   /::::::::',    l    ヾ、            l   ヾ//::
            l/   /::::::::::::',    |                 ハl  //::::
               /::::::::::::::::>、  ゝ ___ =-‐=ニ、         | .//::::::
              /::::::::::::::::::::::::>、   ヾ-‐テ< : : \     イ     //:::::::::
              l::::::::::::::::::::::::::::::::>、  Y{{ : : : : : //   イ   / //::::::::::::
              |:::::::::::::::::::::::::::::::::/ ヽ 人ゝ--‐彡   /    / //:::::::::::::
              l:::::::::::::::::::::::::::::://  ヽ ニニ=  /      / //::::::::::::::::
              l::::::::::::::::::::::::::::{{  φ ゝ--- イ  l    / ヽヽ:::::::::::::::

  レフトハンドソードさえはるかに突き抜けた・・・・・!?

  見たい! そして研究して分解して開発して量産してみたい・・・・っ!





                   .,. -─- 、
                  /,;:;:;;;;;:;:;:;:;:`ヽ
                 ,'.:..:.:.:.;;;;;;rrrr、:.:.:ヽ
                 l::;ィ'´;;;;' `ヽ。-、ヽ.::!   おい、お師様・・・・
                {ミレ'"´. ,.. ¨¨`,ィ;;彡.
                {ミ!. i i::i l.:::! l:l .l:! l;;彡  そんな剣があるなんて、聞いたこともないぞ。
                 iト、i i:::iノ:::l/::l/::!ノ:::|
                 ヽ入     `VY           /l /l
             ト、    `1 ミヽニニ彡'´ L、、、,,_   _./ レ' ..!
          ト、. ! Vl ,..ィ´.:j! ',::,,,,,/ ,::′ ,' `ヽ`ヽ`Y´.:./l  ``ヽ  このバイゼルハイムに継承
          | ヽ| 〃/.:.:.:.j!...',;,,/ ,::′,,,,,........リ ノ.:::l / .l.:.:.:.:./ト、
        ,.ィ´ヽ ノ/ /  ;;;'''゙゙゙゙`,.''''゙゙゙´    {: :i i!.::! ゝ ' /.ィ´ `ヽ されているのはルビー
      ト、/ ト、, ´/ ./:::''  .人 ..:;;′ .人   .:i: :.! i!:::!.:.;.ィ彡'´ ;;   .゙、
      l ハ  V.:.:.i  / ,::   `Y´.;;;′ `Y´   .!,..ィ"´`ヽ〃;;;:;:;:;:;:;;:;゙゙゙´: . だけじゃないのか?
      l/.::',.:./.:.:.:j. /''"´   ....;;;;;   人    (,,、、`Y.. ):::V´     : : :
      {  V「88j/     ...;;;;;;; .:.:`Y´     (´ _ノ(.. )::::::',、、、,,,__....: : : :
       〉;; ぃ.::.i l..... ........:.:.:.;;;)。k、ミヽ      (´ _ノ(.. ).::::::!: : :.:.:.:.;;;;;;;``
      /;;  .い.::i l;;;;;;;;,、、 '''゙""´   ..`゙゙゙゙゙'''''''''´( _ノ(.. ).::::ノ: :.:.:.:;:;;;;;;;;;;;;;;;
      ,′ノ人 jりi ;: : : : :''''';;;;ゞ ::;;   ...:.:.:.: .: .: .;;:i1 i爪ツ"´.:.:.;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

299 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/11/16 12:41 ID:E/DatSTg



     ./            |       l    l   l   .l   |
     ./             |     .|  |    |   |   l  |
    ./          |  .| l     |  l    |   |   l  |  当然です。
    l  |       .| | |  | l    .|  l ヽ   |   |   l  |
    l  |       .|、 |_|_ | lハ    .| l\ヽ._l.、 .l   l  |
    l  |      ‐| ヘl i \|. |∧ヽ  .|ヽハ ヘ \.l `、|  .|  |  あの剣は継承するものじゃありません。
    l/ヘ ヘ ヽ`、 |/下 ゝOヽ`l ヘ \ l ァィfゝO マヽ .l  l  .|
      ヘ ハ  \ ヽ{〈 !'l  oj |i`  ヘ  ヽl .l ki´ ol.,l >l  l  .|  このバイゼルハイムの魔女が、持ち主に
      .ヘ ヘ ヽ\l ゝoー.'ソ        ゝoー'ソ/ .l  l   |
       f |∧ ヽ .\.  ̄´          ´ ̄   .|  i l  |  返却するその時まで、隠し通すもの・・・
        | \|トヘ丶ヽ        '        ./|  |ノ  |
        |  | |   人       r__ ァ      / .l  | i   |
        |  i. |   | ゝ_             イ .|  .| i    |
        |  .i |   |  i`>、_      _.<、 i. .|  .| .i   |
       |  i  |   .| .i' __>`|  >-<´ .| <_ i .|   | i   |  このバイゼルハイムは、そしてルビーさえも
       ,|  i  |   | |<__,-、|       |,-、_> i |   |  i   |
      イ_ ,i--、|  .| .i `、 i `-、_ .__.ィ'へ冫 / i.|   |  i _  |  伝説の聖剣を護り抜くためだけに存在し、
     / ̄.:.:.:.:.:.:.`|  |''"´.:.:`、 / ''"´! `ハ/_/`ー-.|   |''"´:.:.:.:\|
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  |.:.:.:.:.:.:.:.人  ,.--、/_/:.:.:.:.:.:.:.|   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\  力を蓄えてきたといっても過言ではない
   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  |.:__, -‐─./{ 0.}\─ 、:.:.:.:|   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
  ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  l´   /  .ゝ_ノ  .\ ヽ.:|   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ のです。








 ::::::::::::::::i::::::i:::::::::l::::,'i::,l:::,l::::::i l:,:::::,l:::::::::::::::::::::::!
 ::::::i:::::::::i::::::i:::::::::l:::i-;i+:i-:::::i-l!l:::i、 l::::::::::::::::::::::i
 ::::::i:::i::::::l::::::l::::::::l:::i il l::l==l:j=l!l:::i, l!::::::::::::::::::::i   なるほど・・・・・
 ::::::l:::i::::::ト::::::i:::::::!l:l イ i;;。(,,,)i イ /l:::::::::::::::::イ;
 :/i:l`i!::::i!l i::::ト:::ll!lj  `゙゙ ─" '   イ:::/::::::::::/l:,
  ij l!:::iリ,,,i:::l'lヾ=、、_      / i::/:::::::::::;' i;
  -−iノ´ ヾi |     ̄ ゙ー  ./:::i/::::::::::::,' .j    この都市が魔法研究都市であるにもかかわらず、
丶         .|〉        イ::::i::::::::::::::,'
 ::::\      ___       /:::::::i:::::::::::::,'
 :::::, -\   ´ ー `   /−、::::i:::::::::イ:,'      妙にゴツい男どもや戦士詐欺な連中が多いと思っていたが、
 ,' , t-.i 丶      イ |--、 `i::::::::/i,'
 /  i l   ` -  ´.  l /ヽ i::::::/ j       こんな秘密があったとはな・・・・
./  .i l             l /  Y::::/




           ,r-_、  ,.. 、
          /' ,-、ト、/'⌒ヽ、
          ! / /\V,ハ\ |!ヽ、 て
          /! /.ィア ̄トァl ',l| \ て
         / /__ {.___ノ.__l l  、 ヽ
         〃 {_{\    /リ| l │ i|  じゃあ、柊がここの空気にあてられて北斗化したのも!?
         レ!小l●    ● 从 |、i|
         ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
      /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ ,.- :|l|ト>,、 __, イ//  /│
.        / /A lYヾゝ|○人.{ヘ、__∧|
       ヽヽ', トトj  ‖ /,イヾ:::彡' |

300 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/11/16 12:41 ID:E/DatSTg




       |  \     i   |     /  / | |   i    | 、|  i i
       {    `、   {  |,    _| ,イ /l |  i |    l  |  | l
       ヘ    ヽ  !  |/     /|`メ|」 i λ  | ト、 ト、 i |   l |
  ,-‐、     ヽ.   `、  i   l     kラZ'ミ、|.ハ  l'}/_,斗|ヘ.ト、|   ! l
  '、  `ヽ.   \   ヽ ,|  |、   | 辷_ク   ヽ.| ' 彳ニ;リゝ|  |! |
   \   \  ヽ  `´ !  ヽ|ヽ. |       ,   ゙ー'   |   |l |
    `ヽ、   `' ´           〉、、|`,. -― 、 , --、      /|   |ハ|
       ``>      _,.  ,.ノ´    _ノ i  ̄ i     /ノ」   | l
      ,.-'     / ´   /    ,. <´  {.___」   ノ"´ |  | |
  ,. -‐ ´    ,ノ/     _ ,. ィ':´: : : Y`i 、  `  ,. '| | |   | l
 〈___,. -‐'>、_  _,. '      |ト、: : : :ヽ「|`l`.=、'´/7-ト, | _.|   | |
        |/  ゝ.´        |} |: : : : : ト、ヽ‐ヘ>|7-、/-‐'´: :|   |ヽi
        N ̄`∧           k,.|: : : : : |:.:;>、\v'ノン-、: : :_|   |: : ヽ.
        }-―{:.:ヽ       / |:. : : : :j、_/ /´´ト、ヽ- '´ |  |: : : : ヽ.


   そう! 我が流派の守護星は北斗七星!

   バイゼルハイムが守護する伝説の聖剣の名と力の象徴たる星!

   即ち、七英雄ワグナスがサルーインを倒した聖剣の名は─────




                /  ,' ,     、  ヽ
               .//  / .l  | | i | ヽ ヾi,
              // /i ,i .|| | | |'、 ヽ `i|
              " || | |/ |゙、| 、|゙i、| ゝ__|, |リ
               |゙i、|了而i゙'‐  ‐´而"i |リ 'i,i
              .|| ||`゙'‐"    ゙''‐'" ||',  l|.|
              || |:'、     '     l''||,  |リ
              || ト、'i,__,.--'''ニ'''_  /_,||'i  |
              リ| |/´ト‐-、´\ヽ‐、' ` リ ゙i. l  _,-ニ==ニニ'゙/
              _,リ/i´「`\, ゝ´i | ,l`'ヽ‐-リ-‐'´=ニ==、‐7
         , -'`ゝ´// | |''三ヽ、丶_、,ヽ'、,`'i, ヽヽ''‐'7‐--、_ `'
       /´ / / i' i。レ'\,___|`'/´ '''ヘ-゙‐_l  ゙i, ゙i,゙'、、   \
      /   | l゚'-‐'´ ヘ  ̄l|、/   /`''' | ‐-i 、,l i`;    \
    /     |       ̄"'‐'`'i'''''''i゙‐-‐‐'.,L,__| . l ‐l、|     \
   /      丶         ノ|:. .:|`'=、ニ‐´ `''‐-、_| |       〉
   \       \       ,ノ. |:.. .:|  `‐ 、__,, ‐´ '`' , '    /
     \    `'‐‐`'ッ--、‐ '´  |::. .::|    ,、'´`i´" -'´    /
      \_  ,-‐'" /  / \0. |::. ..:|  0/ヽ,  ゙i、;,   _,, ‐'
        `'''''' ‐゙/  / ____|-‐-|__  ゙i,  ゙i,,‐´""´
           __,,, -‐ '''"ニ‐-、,.  || _,, -=`゙ニ',''''‐-ト;,__
          l゙、 _,, -'´  __,, ---'''--- ,,__  `'‐-、,_ /l
         丶丶_,, -‐'"´__,,,i‐'"".〈〉`゙゙゙゙‐i,,,_`゙゙'''‐- 、,._//
          丶| _,, ,-'""i-‐| |i´`'i i'´`i| |'‐、l`' ‐,、,,_ |/
              L,‐´_,,, | |ニ='、 ,''=ニ| |,,,__`゙'_,‐゙
             _, -"´Ol゙.|'||  | |  ||'|゙lO`゙゙'‐、_
           ,,-'"  O |::| || ... ∨......|| |::| O  `゙'、,
          /       |::| |`‐、. ,,‐´.| |::.|      `',
         /       | | `゙‐、_.,‐゙´ | |       'i、


       ─── 七 星 剣 (エクスカリバー) ───

301 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/11/16 12:41 ID:E/DatSTg




  __,冖__ ,、  __冖__   / //          \:::;イ '   、       ヽ `ヾ;:;:;:;:;:;:;.ヽ
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ /           /  , :!:i トヽ、 `ヾ.、 __.. :. V  ::::V;:;:;:;: 〉
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    /             , ' .:' .;' :ハトヽ`ヽ`z≦=ァ  ::::l   :::::V /
  __,冖__ ,、   ,へ    /  ,ィ          /イ.:i :/::メ、_! \ ´'トtjハ `Y :::l :. :::::::「
 `,-. -、'ヽ'   く <´   7_//         ' l.::|レ'.:イrft!i    ヽゞ‐'   ! ::;' ::::i::::::}
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>     /           Xイ ::ハ ゞ'、         /,:イ  ::::|:::::j
   n     「 |      /             ヾ V!   r=ニヽ     '´}::! .::::;':::/
   ll     || .,ヘ   /               `T   l    |    l::! .::: ':::;l
   ll     ヽ二ノ__  {               |l.   |  _. |    l::!  .::,'::/
   l|         _| ゙っ  ̄フ            ト   Y´:::::〉   /;イ :i::/レ'
   |l        (,・_,゙>  /                |i \  ゝ-'    '´7 .:::ル
   ll     __,冖__ ,、  >                l :::::>、 __.     ! ::/'´ヽ._ ,ヘ__..ィ、
   l|     `,-. -、'ヽ'  \               リ! ::::i::ハ:!  _! /l:/    r-' /-!/`ヽ
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ   トー .              ', :::l'   「 レ'   !'    _〉、/ _ノ,:,:,:,:,:
   ll     __,冖__ ,、 |                   ハ::::!  ,イ!「jト}!\    !_ / 7,:,:,:,:,:,:;:
   ll     `,-. -、'ヽ' iヾ               ハjzY/ / { iト、  \  ヘ/ Y´,:,:,:,:,:,:,:;:
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ  {                  r' V/ / {`i´} ハ   〉 ,'´_j,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:
. n. n. n        l                    } ハV/ {`i´}  ヾ='   ! r',:,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:
  |!  |!  |!         l
  o  o  o      ,へ l         なんでカタカナでルビふるのさぁっ!?

302 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/11/16 12:42 ID:E/DatSTg



    ということで、キリがいいし投下はここまでにしときます。


    まあ体調が苦しいんで毎日投下できないとおもいますからあしからず。

303 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/16 12:44 ID:73nPy6kk
乙でした 朝夕の温度差が激しいから気をつけてねー

304 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/16 12:45 ID:20biVwzQ
そんな所まで突っ込まなくていいのよ蒼星石


305 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/16 13:03 ID:vQ.SGkkg
乙でした!

格好いい締めだったのに蒼星石で吹いたw
こりゃ我様もレフトハンドソードと呼んでねーな

後カズキも自重しなさいw

306 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/16 13:27 ID:jcatcBkY
乙!
ああ、成程!「七英雄が帰って来る」の伝説はどこから来たんだ?と思ってたら、こういう事だったのか
しかし、蒼はもう…すっかりツッコミが板についちゃって…w

307 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/16 13:28 ID:vfa6j3z2
乙です
古代人も相当ゲスいが相姦関係を見るに
創造神の外道ぶりが良く分かる構図ですた

今朝頃からめっきり冷え込んできました
体調管理にはお気おつけください

308 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/16 13:31 ID:96jTlQG.
そうか、古代人の行動の裏に詩人がいても不思議じゃないな

309 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/16 14:10 ID:l2ikCjGk
七星剣
>>298のカズキ

……ゴクリ

310 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/16 14:16 ID:73nPy6kk
どっかで聞いたことあるフレーズと思ったらノヴァ教授の台詞だわアレw

311 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/16 14:47 ID:3u9XFLag
乙〜

七星剣かぁ… スターバーストするとLVのアイコンに変わるんだよねぇ>RS3だと
メガボルトも使えたりしてw

312 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/16 15:02 ID:u/HJeP4Q
>>311
LV七星剣がデフォかもよ
何せ使い手が使い手だ

313 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/11/16 15:07 ID:E/DatSTg


  >>311 >322 もちろん考えてますよ。

  勝利すべき黄金の剣(スターバースト)と約束すべき勝利の剣(スターストリーム)はw

  余談ですが、攻略サイトによると、変形前はイビルアイ程度の攻撃力ですが、変形後は

  準最強片手剣である龍鱗剣の1.5倍の攻撃力(全武器中ぶっちぎって最高)のようです。

314 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/11/16 15:08 ID:E/DatSTg

  約束された勝利の剣でした失敬

315 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/16 15:09 ID:3u9XFLag
カズキンがワグナスの七星剣を基に
新しい剣を作ったら…
>スターバーストできる普通の七星剣
>七回しか振るうことしかできないバ火力の七星剣(or七支刀)
ができそうだな

316 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/16 15:45 ID:6dKkBFuo
乙ー
カズキンなら普通に量産しそうで怖いなw
2最強のアレは作れたのかねそういや

317 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/16 17:27 ID:wIheT5vc
乙乙
ミルザー、友達帰ってきたぞー、その大半の知り合いはイイ奴らだぞー、戻ってこいよー

七星剣w 北斗だw

318 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/16 19:14 ID:swoVI6II


319 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/16 19:49 ID:6.oqXSEs
>>317
い、いやー
知り合いが総変態化してる現状、戻らない方がいいんじゃないかな
美しい思い出的に考えて

320 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/16 20:26 ID:7V2U0tR2
乙ー
やっぱ予想通り七星剣だったかwww

321 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/16 21:20 ID:L0XfHFHo
>>319
・・・その時の感想が、変わったなお前等,か、変わらないなお前等,なのか微妙な処だよな
こいつら昔から根っこは変態だったに一票

322 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/16 21:23 ID:7V2U0tR2
ぶっちゃけ今我様帰って来たら柊殺されるんじゃないかと(ry

323 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/16 21:35 ID:AZGb.7ps

>>319
我様も実は変態だったなら問題ない

324 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/16 23:58 ID:7UX9C8VM
七回攻撃の「しちしとう」とか出ないカナ?w

325 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/17 01:00 ID:sjM42JoE
ワグナスが七星剣装備したら・・・
ウルトラワグナスとか?(笑

326 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/17 01:03 ID:qy2tEzyg
さすがにそれをエクスカリバーとは読めんw

327 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/17 01:07 ID:/kO4osrQ
七星剣! この文字を良く見てくれ>>326! 七という字を少し傾けるとどう見えるだろうか!
そう、Xだ!カリバーとはそのまま大剣という意味を持つから、余った星だけ抜いて読んで見るとどうだ!

エクスカリバーになるんだよーーーー!!(AAry

328 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/17 02:05 ID:Uy0GCEUo
>>325のひよっ子野郎はどこだ!?ぶっ殺してやる!!

329 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/17 12:29 ID:gRi0CKFk
>>327
na,nandatte--11

330 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/17 21:43 ID:kLWh67Co
どうでもいいが、我様がレフトハンドソードを思いっきり右手で握っている件

331 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/11/17 21:53 ID:rdtVkSgs



    >>330 あれはレフトハンドソードじゃなくもっと別の武器だとおもわれる。

    というか、レフトハンドソードは今アルベルトの手に渡ってるんでミルザの手にはありません。



    今日は投下できるかどうかちょっと微妙なのでその連絡・・・・まあ、日付かわる頃に、ほんの少量・・・

    たぶん10レスもないですが、きりがよいところまでかけたら投下するかもしれないです。その連絡を。




    余談ですが、某リア充なやる夫のスレで、おっぱちゅりーの彼氏が気になるとかおっぱい星人な彼氏ならいいとか

    言い出したのは・・・・その、私です(//)

332 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/17 22:02 ID:/kO4osrQ
我様のメイン武器っていったらアレだろ?フードプr ソードオブカシナートで(ry

333 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/17 23:02 ID:ljbhX.bk
>>331
その妄想を叩き潰す!
相手的に考えてw

334 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/18 01:39 ID:Tl9iEEhk
時間にルーズすぎるなー…待ってたんだがちょっと限界だ。寝るわ

335 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/18 03:38 ID:HohmgeaQ
>>334は早とちりだな
>>1は日付が変わる頃とは言ったが
それが何日とは言っていない・・・!
その気になれば1年後、2年後でも可能というわけだ・・・!

まあ冗談はここまでにしておいて、気長に待っております

336 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/18 19:13 ID:cvBfbDVQ
そもそも、書けたら投下するかもしれない としかいってないんじゃね?

337 : ◆0fSQB6GAyY[]:10/11/18 20:55 ID:aQntcsCw


    >>334 >>336  その通り。「かけたら投下するかもしれない」として言ってません。

    そんなわけで昨日は投下できませんでしたが今日は投下します。

    本編だけじゃなくて外伝で思いついた話とか近親●姦パーティーっぽい話しとかそういうこまごまとしたものも書いてみたいなぁ・・・・

    本編終ったあと書こうとしても次の話を書きたいという誘惑があるし、ほんと思いついたときに・・・


    そんな自重しろなことを考えてる今日この頃です。


    ともあれ21:00から投下開始でやんす。

338 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/18 20:56 ID:2MdVm99Y


339 :名無しのやる夫だお[sage]:10/11/18 21:00 ID:nYHMPQjI



前話   目次   次話

inserted by FC2 system