やる実たちはイケナイ親子のようです #049
813 :鬼畜王陛下 ◆0fSQB6GAyY[]:11/05/10 08:54 ID:w0FFCh3c

   〜ほんぺんそのよんじゅうきゅう まじめなむすめさん〜

814 :鬼畜王陛下 ◆0fSQB6GAyY[]:11/05/10 08:54 ID:w0FFCh3c
                  / ̄ >―───―-
             , -ー─ |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : `丶
             |: : : : : : l: : : : : : ヽ: : : : : : : : : : : : : : : \
.           |: : /: :.:|: : | : : : : l\ : ヽ: : : : : : : : :\: :ヽ
          j/ : /: :.|: : | : : : : |ー\‐丶-: : : : :.ヽ: :\ハ ┼
          /: : : / : : |/|l.: : : :.|   _\ }\: : : : : l: . : |:|
           /: : : / : : ∧ :八.: : :│ 行う示_ヽ: : : j\: |:| _人__
        /: : : : | : : ,′'x=ミ、 : : l、  |j:_ハ_jW:.ヘ : / : :j/:| `Y´+
         |: :/| :│ : | /イノ'ハヽ :{ :>弋_Yソ |│:.Vヽ: : :│ +
         | :ハ: : ヽ:小'{iヘ_Yソfj⌒ヾ、 ''  ̄  ,| j: : :! } : : |
         ∨ ヽ: : ト{ ハ ゞ'´/tー'^ヽ`ー‐ '´|/∨:|イ : :│
        ヽ   \!/\j__''_ノ ∨  }    / : : :.|│: :│  お父様、お帰りなさい。
               |: :.:ノゝ, __/⌒'<_ イ.: : : :.:|⊥:.:八
               |: :/: :j: : |/ ノ`ーくヽ ∨: : : : : リ'⌒\丶  御飯にしますか? お風呂にしますか?
              ∨: :/ : /   ̄ヽ_)_)‐': : : : :〃    `、:\
            / : / /7   Y '´ ,ィ’ : /: :/       |: : :\ それとも・・・
             /: : : / ∧{.   ノ // : : /: :/      │: : : :.ヽ
          /: : : /{ノ ヽ\ー/「 /! : :∧:/       ハ: : : : : :i
            /: :./ :厂\ \\ヽ∨∧ / 〃          {: ヽ.: : : :|



  仕事を終えて帰ってくると、愛娘のみゆきが出迎えてくれる。

  天使のような笑顔を見ると、心の底からほっとして・・・




  私の父親の、牡の本能がもたげてくる。

815 :鬼畜王陛下 ◆0fSQB6GAyY[]:11/05/10 08:55 ID:w0FFCh3c

   私が仕事から帰ってくると、娘は必ずその唇で、

   父親の肉棒を癒してくれる。


                             _______/   i/  \
                       _,.-‐"                ∧
                    ,ィ´                    ヘ
                    /                  i     ヽ
                /    .:/                   |      \
                /  .::/            .::イ     |、       ヘ、
              / .:::/       ,ノ  / | ::     |ヽ、      \
               /: {/  :::/    ,ィ´  / ノ |     ト | ∨ ::::      〉
               |::/  ::::/    /-‐/´ ̄  | |    j | jヽ V:::    ト、 /
                j::i  /::::{   ::/ : j::/   __  リ   / jノ \}: j ::::: | },/
                |::|  i:::::j   ::{::i: :.i  o´  ̄` ノ__,ノ r==z、 | j/};::  j
                 | ::ヽ  ::{   .::|:/: :{   ////...f={/   ゚ }:::ノ}::: /  ふぐぅ、むぅ・・・
              i:/: : \} \ .:|:::::人 ///:::/:::;ノ:/、::/::::ノ:::i:::j,ノ
                 /: :.i: : : j  ::::\{:/:i  `  ―‐ ´ __ _ `‐-‐ j::::|/
               /: : :.i: : : i: : : |:: : : :∧         /    ̄ ̄ ̄ ̄
            /  ̄ ` 、i: : ::| : : :/ ∧      {           , イ  ちゅっ、ちゅるる・・・おいひ・・・♪
.         /           ヽ、:|: : : : / :ハ       ゝ、 , ______/
        /  u           | : : : : :/: :i> 、 _ _ , イ: : i: : :/
.          ,|            |: : : : : l:: :.|    /::: :::´ : i: : :i,イ
.       /:|  , -―――――‐'|: : : : : l: :.:|   {_::::::r ―´ニ=ニ`ヽ
        ,':彡'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: : : : :イ:./   r‐ '/     `∨::ミ_, r‐..'´
      l/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、: : /l:/   / -'        ∨i   i‐z
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/,彡,r‐ヽ__ ィ'´          |ノ:|   |
      ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::///   ./             /::::i |  |
      V:::::::::::::::::::::::::::::::, イ .イ/   イ                 /::::::| }  }  お父様ぁ、お父様のお●んちん、
     |::::::::::::::::::::::::::::/ .イ./                     , ヘ::::::::::/ / /
     |:.V::::::::::::::::::ノ / /                    /  ヽ:::/ / ,'  おいひぃれふぅ・・・♪
     |/.|:::::,イ  ̄ r‐'ノ   / i             /     ヽ/ /
.       |.//r‐l l.ゝ‐‐i l l          /         l∨_
        |/.'ゝ', .i i l ̄`‐L_l         イ       :::r=l .}´
       |./   l》、} } ゝ   `―――- '´  i          :::`゚ノ i
       ヾ、  〉 ヽ \ \           /  u       / / }
        `-' i   ミ ヽ  \  u      イ       , イ/ ノ
             }    \\、 \=‐―‐=≦:::::ゝ、_  _ ィ≦//
.         /、 .   '、 `ゝ、 .r‐‐-ミ:::::::::.::::::::::::::_:::'z彡  /
       /  .ヽ   ' 、    7::::::::::ゝxr―z、―‐´ ̄ /
      /      \       '―-:::::ィ¨ヾ::::::::〉    /
     /        `ヽ、,_    /::/  i:::}¨   /´
    ./ /            `ヽ i:::i    |:::|    〈

   苦しそうな息遣いと、舌が絡みつく快感を得られて、とても気持ちがいい。

816 :鬼畜王陛下 ◆0fSQB6GAyY[]:11/05/10 08:55 ID:w0FFCh3c
 
   一発目は予告せずに、しゃぶり続ける娘の口の中に吐き出す。

   どんな不意打ちだろうと、丁寧に飲み干してくれるのがわかっているからだ。


                            _______/   i/  \
                       _,.-‐"                ∧  て
                    ,ィ´                    ヘ   そ       、ハ,
                    /                  i     ヽ         ^ <  て
       /⌒ヽ        /    .:/                   |      \        /'Y''~ヾ
      / ふ l      /   .:/            .::イ     |、       ヘ、
      |  ぐ |     / .:::/       ,ノ  / | ::     |ヽ、      \
      |  っ ヽ    /: {/  :::/    ,ィ´  / ノ |     ト | ∨ ::::      〉
      |   :  |     |::/  ::::/    /-‐/´ ̄  | |    j | jヽ V:::    ト、 /
      l.  ん |     j::i  /::::{   ::/ : j::/   __  リ   / jノ \}: j ::::: | },/
      \ っ /     |::|  i:::::j   ::{::i: :.i  o´  ̄` ノ__,ノ r==z、 | j/};::  j          \/ l l
                 | ::ヽ  ::{   .::|:/: :{   ////...f={/::  ゚ }:::ノ}::: /            {__
              i:/: : \} \ .:|:::::人 ///:::/:::;ノ:/、::/::::ノ:::i:::j,ノ     \/ l l
                 /: :.i: : : j  ::::\{:/:i  `  ―‐ ´ __ _ `‐-‐ j::::|/      /          ̄/ iヽ○
               /: : :.i: : : i: : : |:: : : :∧         /    ̄ ̄ ̄ ̄       {__        ヽ_/
            /  ̄ ` 、i: : ::| : : :/ ∧      {          , イ          ○        ゆ
.         /           ヽ、:|: : : : / :ハ       ゝ、 , ____/        ̄/ ヽ ̄
        /  u           | : : : : :/: :i> 、 _ _ , イ: : i:/           {__ノ
.          ,|            |: : : : : l:: :.|    /::::::´ : i::,イ                ゆ
.       /:|  ,             |: : : : : l: :.:|    {_r ―/
        ,': :|           |   |: : : : :イ:./  _  ‐ ' /        , r‐..'´
      l/:::|           |   .': : ::、: : /l /  , '           /
      /::::::|          |  {: : : :ヽ \ /             /|
      ノ:::::::::|         |  ゝ、: /  /          /  |
      V:::::: ::|         |   i: ノ /             /   |
     |::::::: :|          |  j/ /            , ヘ    |
     |:.V:::::|          |  /              /  ヽ:   i
     |/.|:::::,|          |/               /     ヽ '
.       |.:/|      , ´               イ        ∨_
        |/::|                  / i         }´
       |./: :|                /   |       :::r=:. i
       ヾ、 ハ                 /    . ' u      :::`゚:ノ

    どろどろの粘液を、喉を動かして飲み干す我が子の姿に、感動さえ覚える。

817 :鬼畜王陛下 ◆0fSQB6GAyY[]:11/05/10 08:55 ID:w0FFCh3c

     たっぷりと娘に精液を飲んでもらったわけだが、それだけでは終わらない。

     その大きく揺れる巨乳を使って、出したばかりの性器をがっちりと押さえつけられてしまう。


                       r:. :.- ,
             _   - ‐   ̄ /:. :.::. :. :.l,_
         , :: ::´:: :: : : :: : : , :.': :. ;: . ::.. :. :. l:. :. :`i
       , :: ´::: :: :: ::. :. :, : ´:. :. :.;, :. :. :. :. :. :. ':: :: : :i:: :` 、  はぁ・・・はぁ・・すごい濃かったですね。
      / :: ::: :: :: :: ´:. :. : .: :. :.:. :. :. :.:,:. :. :. :.: |:. :. :. :i:. :.:.:.ヽ
     , ': .:: :, ´;,::/ :: :. :.:. :: :..: :: :. ::i. :. :. :.,:. : |:: : :: : l:. :.i : :',
   /: .: .:/: :. / ,':. ::. :. :. :. . ィ :. :. :.l:. :. :. :. : :.l:. :. :. :..l:. :.i:. ::i  あ、じっとしててください。
   .i.: .: .:l.: /, ´:. :. .:/:. :. :. : i :. :. :. l :. :. :. :.: :i:: :: :: :. l:. :l:.: :l
   i .; .; ./.:. :. .: :. :. /.:. :. : / :. : :: 八:. :. :. .:/:: . :. .:. }: ::|:. :|
   l.: .: .:l:/:. : :. :. , '. :. .: イ.:.:. :. ;/  l:. :. : ∧:.. : .: /:. :.|:. ::|   / ̄ ̄\
   i:. .: .:i.: .:. :.ノ :, i, :, :/-i:. :十:´  ノ;: :.、'  i: . :./: .: :!:. :.:i   i ぢゅぷ |
   l .: .: i:. :./:. :. :.i / rォチ弐lト  /:. :./ \ i: :'.:.:. ::.∧. j    \__/
   l.: i.; .W:.. :. :. :. /:.ィ {i ::::: :::::j} , '― ´ テ弐z`ソ :ヽ :/  }ノ   
   l:. i:: .:,l:. :. :. :.:/ ::;l V辷:::::ソ  }⌒{ {i::: ::::i } : :. :.l
   ' :.! :.:.;l:. :.: /i :.:.i.゙ゝ, _////_ ノ    ゞ= " /::.ハノ   んっ、ふぅ・・・お父様の大好きな、ぁっ、
  ,'::. ':. :. l イ ::.:.:i;::.: '     ̄:::::::::::  '  `:::::´l: j:: :i   
  i :. ':. :. l:. l:. :. :.l:. :.:: ', u       , _ _    ;:: =  ―  、 ミ  おっぱいで奉仕しますから・・・・ぁ。
  i: :.:l: :: :l;,ll: / ̄ ̄ \     ィ;,;;;;;;;ミ 〃           Y´}
  l:. :.l::, ' ̄ i ちゅる? | ` ー, -'''―− - 、    u   ヽ/ヽ } }
  |:. :.l/    \__/ヽ  , '          ' 、      ゝ '
  l:. :.l          l.:.:l,:: :;゙l,i/                 '::.       ( フ  おちん●んの味、強くなって、
  「 ′     、 i::: ::' : ':    ,:: _: : .ヽ_       ゙:.     ¨,
  l  i       ヽl:. :.:l:. :i   rヽ(-゚:):,:/ .,'ヾ       ';:  /三三  きまし、たぁ・・・っ。
  l::::::i        !:. :.:l:. ,   ,’ .i :: ::::r / i         l::/三三
  ,':::::::l,        ',:. :,l:. '.  l  i` -,' / /  i     ,'/三三三
,″:::::::ヽ        ': .i .r‐ .i  i  '  ,″l  . ',     /三三三
:::::::::::.;;,!:::∧          ':: ゙ヽ i  ヽi   i  i  / .i    /三三三三  気持ち、いいですか?
::::::::::::;i;::/: : '        ヾ:j i ;.  '   l  _/ ,´  /三三三三三
::::::::::;/:::::: ,':::: ',,          丶           i  /三三三三三三
::::::::/::::::::::|:::::::∧         ' .         i /三三三三三三  遠慮しないで、出したくなったら
:::::/:::::::::::::l::::::::::; ゙ ,            ゝ       |/三三三三三三三三
::/::::::::,l::::::l::::::::::l:::∧          /      /三三三三三三三三三  射精してくださいね♪
/::::::::,i::::::::l::::::::::i:::,:. :'、        , '         /三三三三三三三
::::::::::i:::::::,:l:::::::::::i:: :: l::: ,,    /         ;'三三三三三三三三三
::::::::il::::::::::i:::;::::::ll:::::i l: :/゙、 /     u   ,三三三三三三三三三三
::::::::l::::::::/::::::::::::l::::: :l /  Y          /三三三三三三三三三三

    あぁ、気持ちいいよ、みゆき・・・!

    お前の大きくて柔らかいおっぱいで扱かれて、ちゅうちゅう吸われてっ・・・

    天国のようだよ。

818 :鬼畜王陛下 ◆0fSQB6GAyY[]:11/05/10 08:56 ID:w0FFCh3c

   愛娘の頭をなでながら、私は躊躇なく射精感を開放した。

   その口の中に、白い飛沫を強かに飛び散らせる。


       /:. :. :. :. : .: :. : .:. :. :. :. :. : .: .: .: . :. : .: .: . :. :. |:. :.::: :`ヽ
      / :: ::: :: :: :: :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : .: .: .:|.::. : .: .: : ゙:,    ヽ人/
     / ': .:: : :., ´:. :./:. : :. :. :. :. :. :. :. :. :. : .:. : .:. :. :. :i: .:丶::..: :: i     ̄ Y⌒
   , ':. :./::. : : /:. :.:, :': :. :.: .: .: .: .: .: .: .: .: イ:. :. :. :. :. :. ::!: :.: .: \: :l           __
 . /. :. / ..: /:. :., ´ :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. / |:. :. :. :. :. :. ノ..: ヽ.: .: ::.ヾ          /ー┼‐\
 /.:. :. l:./.:. :. .: :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.: -/― |:. :. :. :. :. :/ヽ::.: . :\: : :::\. ; ;      | ( ̄[,メ、 ヽ
,::i:.: :. :〃 :::/:. : , ':. :.: .: .:. : : : ´.: ,ィ --=z、 |:. :. :.: .: ./  \.: :: . .':,:: :. :\     |  ̄|  _) |
/|:. :,:..:.l :.: i:. :./:. :. :./:. :: : : :,ィ:テ:::::::::::::マ i:. :. :. :. / ` 、  ':,:. :. :.:l :. :.: .: ':, ; :  |  /    i
.:| :. ,' : i:. :.:レ. :.:.. :. :. :.: : :, ´<::::レ:::::cぅ::::::/ i:. :. :. :/     ヽ i: : .: :!: .:'; .:.: :.';     i /⌒し「 7|
:.i:. : . : | :. :l:.:. :. :.:. :. :.:/ i   `ヾ:::辷心V  |:. :. ::/       .'.:i: . : |.: : .:i::ハ:.i  /    っ |/ ,'
:.|:. :.:. ::i :. :l:. :. :. :. :イ j  ゝ     ` ― '  /:. ::イ  =-z、 |:.:l '. :ハ: : |ノ  ソ   ̄ ` 、 ?ノ
:.|:. :.:. ::| :. l:. :. :/:. :|    ` -  _  /- '´ i      ヾ i :l: : / l: :/ ;    _人   ̄
:.i:. :.: :::i::イj:ノ:::|:. :.: i し                丶     /: '.::/  j/      `)  (
:l:.:.:. ::. :. :. r'^>/^ゝ:ヽ   /////    __   ̄ ´ i:.:∨_   r'^>/^ゝ  ⌒Yヾ
:i - | ̄`l:./ // / . :.丶             / ゝ:::::::::ヽ  u  }:./ |  `l / // /
  !  Lニ_`'':. :. :. :.: :\       /ヽ  ヽ丶:::/   ノ:. | '!  Lニ_`''
   !  ,、_7 ト:. :. /''7___ ◎    i::::ゝ ゙ ; __i/  /:i : :i '!  ,、_7   /''7___ ◎
   1  |:. :. :. i  /  ___/.  ̄    `  、`,ィ;;;;;;;;;;;;ヽ :. :l:. :.| 1  |     /  ___/.
    i_」:. :. :.:| ./ /___  ___         ` 、;;;;;;;;;;;;;;;;'.   ̄ i_」ー  / /___   ___
      |:.:, ´ i___/ └┐|           ヽ ;;;;;;;;;;;;ゞ        i___/  └┐|
     /        . .:に= コ :, -:.、:: .      ` 、;;;ノ              ヽに= コ
    , '        ,: ::: ::: ::: : :{.:: =:: ァ:: :: ::        \               , ;:: :: ..   .
 .  /  し       i: :: :: :: :: :: ::` ー ' :: :: :: '.          ヽ                 .' : :: ::: :: `: ,_
   /             ':, :: :: :: ::: :: :: : ::: :: :: ::: ::i         ' .            i :: :: :: :: : : {:: =; ; :
  .'               ヾ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::ノ             '.   .'            ; : :: :: :: : :: ゞ;"
-‐└ー -   、      ` ー -- − ´                 :  i             ゞ :: :: ::_: :: :/ ; ;
          ヽ                             i  し            ` - : : ::. ィ
     丶     \                  u       !                  i
       \     \                       |                 !
        ゝ _    ヽ        ij                  i\               ,' ; :

    みゆきは、少々驚いたようだが、手馴れた様子で・・・私の亀頭を咥え、乳房で竿を扱き、

    父親のザーメンを丁寧に吸いだしていった。

819 :鬼畜王陛下 ◆0fSQB6GAyY[]:11/05/10 08:56 ID:w0FFCh3c
                             __
                          , ' ´      ` 、
              _   -  、  /           ヽ
           ,. '´        ヽ’              、
        /              '.              '.
.        /             :                 ト、
       /                  ;              | }
       ,'               i              !_ |
       i                             ハ i
       |                 '                 ! | |
       |                    i              ! |  !
      人                                | |  ヽ
       \                           .! !  j
        \                             | ,r'-'
             \                       レ'
            ヽ        /`ヽ ‐…‐- .         |
    lニニl l7l7     ` 、/ ̄`丶/          `丶.   |
    lニニl/〉        /    /              \. i     ,- 、
      _〈/       /    {                ヽ  iニニ { 0 }
     _ニL_      /     i      |     、     :'.  // ー/〉  はぁ・・・はぁ・・・♪
    `二{ 0 }  ,/      |        | i     \     :. 〈/  /イ|
       ̄ //´ /     /   ∧-‐   ::.| |‐-    \   ハ   lニ ,ニl  お父様、私に射精して
      〈/00/〉     ′´ i '.   :. ::.| |  \ `ヽ  ヽ   ト,    j/ュL
           〈/ /    {  { |_ V   :::.:| j ヽ ヽ:.   N l :.|:.:ヽ 〈/00/〉 いただいた有難う
         i /|    {  i |  ,:ヘ   :.::| '   ヽ:.::\: |: :| :.| .:.:∧    〈/
         |/ |     八:斗示テミY\ .::|斗示元テチ||:  ト――<      ございます。
         l   |  {   j{ V:....::c| }__ヾ{ V::...:cノ  }Y_l]l]:/        ` 、
         / 八 八  |ハ ゞ‐ ゚' 厂 '.  ` ‐゚'   /ノ二l |_          `   、 お父様の精液、
       /    \:.:.\ト ヘ:.:::: i!ノ ,  ` :.::__:.:. イ:.:| ̄lj ̄| |                `  、
      /       !:._l]l]、:.:ゝ  ||  r:.- 、  u ,∧:..:lニl/〉〈/           _,. -‐ とっても濃くって
     /        / ニl |_crう八-从乂人,. イ-、_!__:.:.:〈/  ―----_,. -‐ ' ´
   /        /`Y  ̄lj ̄|| VC-u{_)-、{_)C'/ / |  「 }:.00/〉 ' ´   私への愛が伝わってきました♪
          _,. {__j  / |〈/00/〉      〈__/し' {__/し<〈/      i
    _,.. -=≦ ' ´ 〈_/ {__j   〈/                   > 、_   U __,.   -=≦

    精液で汚れた父親の性器を一生懸命綺麗に掃除しながら、みゆきは上目遣いで私に媚びる。

    私はそんないじらしい娘の髪にキスをし・・・・そして股間の牡肉を再度たぎらせていった。

820 :鬼畜王陛下 ◆0fSQB6GAyY[]:11/05/10 08:56 ID:w0FFCh3c



   そして、ついに愛娘は・・・みゆきは、私の上にまたがり、父と娘の肉を結合させてきた。


   ゆっくりと、自分の体重をかけて・・・根元まで、父親の欲情の滾りを受け入れてくれる。



                      / ̄ニ=/`ヽー-─-、_
                     /,..イ´ |        `ヽ、 ミ
                  〃 /'´   |             \
                    / /   .| :        :.  ハ
                    /   i    |    、::::....  `ヽ、 ' , i l  はあっ、はあっ、どうですか?
          rーヘ     |    ' , |   i    ハ`ヽ、:::...   、::::i
          / あ {   ! l |  ::l / ヽ _,ノ ヽ  /ヽ、__ \  i:: ハ  お父様っ・・・私の、お●んこっ、
         ヽ っ |    |  i\|ハ ィチテオ‘、j z、_   :;〉 |::|: |
             ̄ ̄      ' , :i ::::ハ i ヒ.:リ i- i  オ弐z、 ハ リ /   気持ちいいですか?
                    i/::j ヾ’、 ::丿, ヽ .::::::_,ノ ,i{:::j,:::/  } }     r─ヘ 
                        ソ /⌒ゝ:丶  r-っ u´ィ::i::| |        / は |
                      //   i:::::i::::::ヾ `´ イ , |::j:::: ',::ハ       /   っ | 
                 /: ,'    /::/ ヽ::::',   , ´  -,ノ:::::ハ:::\_   `ヽ  : / 
                    /:::::/    j, '   ヽソ   ij  /::::::/:::|:::::::::::::`ヽ   \/ 
                  { { :::,'    /       ' .      (:::::::(.:::ハ:::::::i\::::}
               `ヽi    ,         Y     \::::ゞ/::..i:::}ヽ::∨
                  ).:'   i l   ,,r。   ::   υ ヾ:ヾli::/
                 ノ;:i.    .:    ''''           ヽ ヾli          __
                  (::::..l     i           .;         i         ./‐匕_\
              `ヽ:.;..,'    .人        , ',       .;;r;,       <  (乂 ) |
                ::j    .,'   !|  ill  ´ 丶.      ゞ゚  ij      \  つ |
  / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ ` 〃 ソ    /       . '     i!  =  彳           \__?_ノ
   ̄ ̄<`メ、/    /    ,'       .;      /  /   ノノ
 ー.i    / ,.ヘ_〉_  '     .'      .     /|   | 
  | 〈__/―{ 0 }     ;            / .|   |   } }    お父様の言いつけどおりっ、
   |  └‐ァ /_, ,     /       ,      .’ .i    .|    
  1'´ i く__/007     /      r'       ', |   |_,,.. . -‐i!|,ー お父様のお●んちんを包んで、
  |   |.|   〈/     ./'              ,ゝ''""~   
         /       ハ      ,'       ,r――― 、.|   気持ちよく扱けていますか?
          , ´    / .',          i!|  `ー<メ く. |
         ,'       /   i!|           ,   !   〈_,へ〉|   お、お●んこの中で、勃起してる動き、
       ノ ´    /     、 ._λ__,   /   |/----( O
     /     /   ill   ノ|.:i |::u|ゞi|!    /!`ー‐ァ /´|  !|  ill  伝わって、きますぅっ♪
 ,r―´       ,'´-‐==´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ー==-_ | |  〈_/00.
./ / .'     .i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;=一 



    あぁ、気持ちいい、気持ちいいよ、みゆき。

    お前のお●んこは最高だ・・・・柔らかくて、暖かくて、父親に甘えてくる粘膜だ!

    私は、胸を揺らして跳ねる、娘の問いかけに応えながら、夢中でその産道を突き上げる。

821 :鬼畜王陛下 ◆0fSQB6GAyY[]:11/05/10 08:57 ID:w0FFCh3c

   こんなにオッパイ揺らして、おまんこ締め付けて、なんていやらしいんだ・・・!

   みゆきは気持ちいいかい? お父さんのお●んちんで気持ちよくなれてるかい?


             _/´`\____
         /`ー-./:. :. :. :. ::. :.: `゛‐-.、_
         jノ:: /: :|: : ::. : :.i:. :. :. :. :、. :. :`ヽ、
       / :. :/:. : |: : i::: : :|:.: |:. :. :. \: : :. iヘ  は・・・ぁ、いっ♪ お父様のお●んちん、
.     / /: :. :. :.:: ::|::: |. :. :.l:. :. :. : :. :. :ヽ:. :. :. :、
     /:. :/i:. :. :. :J: !|// :. :i:. :. :. : :. :. :. :`:. :. : :゙:,  おなかをゴリゴリ削って、お●んこ
   _r‐、,.‐-=、 :. ノぅu:/ :. :.: | ::. :. : ..: .: ヘ: : :ヘj: :. ヘ
 /、ヽ (\ヽ:: /⌒ij/ : : :. :ト、: :::. :. :. : . ハ: : :∧:: リ  気持ちよくしてくれてますぅっ!
 ヘ } } l_ハ Y}:::  : :/ ∨: . :: .:| \:. :. :: :. ::λ: : ::ヘ、i  
      ノ 厂::,斗-‐ ´ヽ. :::.:l `ーヽ-::.:: :: : |:ヽ、: ::〉}l 
    :/  /:./:l, j ィfチテぇ:. :.:i テ弐うユz :: , ト、::|ヽ/ :l:'.  あ、あっ♪ お、おっぱい掴んだら、
    (   ∧: : :.ハ ゙辷cソ iヽj 辷::c::ソ ∧: ::i
   =‐  i :: l: :: :人 `¨´ ノ:::::ゝ ` ̄´ ノ/i:イ
 |    |\{ / .i:. `ー ´  ` ___ `  ̄  ' i:. 八____ ノ=ニ\  ヽ´厂|   引っ張ったらっ・・・・
 |    |: : /`ヽ|:.:: :> _   し゚  _ イ {:. i:.:}   ∨: :: :ハ    /
  l      ト=/ /l:. :r ´  ̄ i  ̄    j l:. :.:l     ∨::'  '.    |   感じすぎちゃいますぅ♪
 ,     | /:. : l/     ヽ     / {:.. ゝ    ∨   |    !
 :      |/.: ::/    y   u しい   |: : :\   '.  :|    '. 
 |   u  /: :.' /   /     J{      `丶、: : ::\  '. :: |    ::.
 |u     |: : / , ´  l     //)     u  \: : : |  ヽ::|    i
 | 。    |i://      i|    /し'   ,_  ト、  ヽ: i    !;     |  
 i     l; '       !|  /      ;'´| ゝ、\-、 Yi   |.    |  ほしくなっちゃいますっ・・・
 |    /    u    (_;  { ノ!    { |    ヽ i ト.川         .'
 |    ;              人 j|   J i |   ,.:.:::} | Y、      ,  お父様のお●んぽに溜まった
  ヽ_____{          (ノ `i{     l ` ー{:;フ′, / \     /
 / __, }::.:...、           八\_丿        /   ヘ _ ノ'  ザーメン・・・・
  _ノ_ (:;_::::::::.        /  \ '          /     \、        ` 、` 、
    ( / ノー<    _ . イ u    \         〈         \   -‐=ミx、   .' , ' ,  
.  / /)    「丁 : : : 人       \      \      .  ´       \  ヽ ヽ
     l/=‐-=ミ」_八 : : : : : \        ` 、      \    /          \
    ノ          ` 丶 、: /     ヽ  \      ` <    u            ヽ
 -‐彡:           u   ミ      ′   \       `  .         
                      \    u    \        `  ‐-=  子宮に注いでほしく、
                ij     \           \    / l l     
               l   / l l           u \  〈         なっちゃいますぅっ!
                 J  〈         '.   ,;   .'  ヽ  \ ナ‐   
                   i\ ナ‐   _、_人__ i    、   `つ ゆ
                -‐ ´    `つ ゆ    {.:.:ij:::}「 ` u  \
 --‐‐===   ̄                 ;:::;:;:;;;;{

    ああ、おっぱい柔らかいなぁっ・・・・胸をもまれると、すぐに我慢できなくなっちゃうね。

    いいよ、みゆき・・・・みゆきを作った精子を、実の父親のザーメンを
    オナカ
    膣内にいっぱい注いであげよう・・・・・!

822 :鬼畜王陛下 ◆0fSQB6GAyY[]:11/05/10 08:57 ID:w0FFCh3c


   私は娘の膣内で張り詰めていたペニスを・・・・開放させる。

   我が子に強かに膣内射精するために。


               ./ ̄ヽ            _ ,.‐' ´  :. . :. .: .:  .:ヘ 
               / ┼_,  i    //    /::. :. :. :.: .:. :. :.: ::. : :. :. :. :l ‐-、    
                .j (レ') |         , ' :. /:: :. :.: .: :. :.: ::. :. :. :. :. i: : :: : :、   ヾ
            |  :   |       ; /:. /:: :. :. :. :. :. :.:. : :: :: : : : : : i : : : :: :.ヽ
            |  :   i      //:::: :.: .: :. :. :. ::: r, :.: :: :: : : : ::,':. :. i : :: .ハ  
             \っ _ヽ   ,:イ:: : : :: :i:: :: : : : :/ i,: :: : : : : : :/: : : :i:. .:: : i, ; 
              . ̄     /l:: : : : : : i::: ::; :/_ ̄ i:.: : :: : : : /: : : : :i :: :.: :l ; } }
                    :, .::´:: : j:.:. :: : ,イ: :;:フ二ミz_./: :. : : ::、 ': : : : :/:. :: :: i
                 /: : :: ::/:l.:.:: :, ' :::: :イ::んィ::::ミ/:: : : ::イ ヽ:: : / : .': :: ::i     __
              _,.-‐': :´:; '' ´ ̄ヽl:.: /: :.i:/ 弋 ::rz::ソ:: :. ィ行心ュ i: :/: :./. :: .:.l    /    \
         /:. :. :. :. :/      /:jノ::. :/:lゝ  ゛¨゚´/:::/ん::ィ:::ハ jノ :. /:. :. :.:.:i _ / /    ヽ
          _/ : : :: :./      /: .: :i. ::/ヽi xvxー " ´‘ ゞrz::ィ:' /: : :/:. :. :. :.,' \  ∧__ノ    '.
   _, -.::'_´/. :. :.:/    _:::_´::,ノ :i:/ ::/  '. u   r- , `、xx_ ノ "::: i ヽ: :: /   {    あ    '.
  、  : :. :. :/::.:. /   ,.::´ : . :. :. :ノ j/   .'` 、 `;i´    ̄´: :i ::/.:i  j:/    |    |  十   i
  ヽ : . : : ::.:./   ,':.彡`ー ´    '.        ー − イ´:::ノ/.: |       i   レ d、   ;
    `  /     /::: '/                    /:::/ ヽ.: .:i       |     あ   |
     \     i::/           `  , - ´ /:. :イ   ,' i.: :i       \    :    i
        、   j:'                       {::. :/   /:..':l. l            \   :(⌒⌒)
         、/ i                '       ヾ;    /: .:.ヽ'              \ つ\/
            丶 : .            .:         i    ∧ :. :. :.\            \/
             '             /  /         :.   / :.:.ゞ :. :i:.:..}
                Y:..::.ヽ     . '  J       '  /:. :. 彡. :/:.ノ  あぁあぁ・・・♪
                i _ァ゚-'ー ´;:             '  /:. :. :. :l./
       ___          ヽ             /   ,;:. :. :. :ノ -  _   お父様の愛情が、お腹の中に
      ` び び i   '.    ` -  `  , :: :::ヽ ,  '    'ヾj/              、 ;
\     i ゅ ュ|   l           `゚t:ァ´       i                  ヽ  広がってます・・・
  \     〉るル\   '        ___   |       |     u           '. :
    `    } ッ ッ  \ i     /.| ど/   |       |                 }  お父様が、こんなに、私に
     、  '⌒ ̄` ⌒\_,、_ , ' /く 〈.     l       i                 / ;
      ` ー ― ´ /;;,,,;;;;;.`ヾ/} ん/    l       i          ,   ´   , '  膣内射精してる・・・・♪
             /;:;:;;;:;;;:;;;i `  '⌒`     |       |__ , ‐


  みゆきは腰を落として、私が子宮へと放つザーメンの感触を目を潤めて受け止めた。

  その表情はとても、いやらしく・・・愛おしい。

823 :鬼畜王陛下 ◆0fSQB6GAyY[]:11/05/10 08:58 ID:w0FFCh3c

   存分に膣内射精を終え、ペニスを抜き取るとると、娘の膣穴から白濁が溢れ出る。

   それを隠しもせずに、娘は少し照れたような顔をして、囁いた。

          r - ― = -
          |: : : : : : : : : : : : : ` 丶 、
   rー ── } : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::`丶、
   | : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.丶
   | : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ : : : : : :: :: \
   |/ : : : ,' : : : : : : |\: : : : : : : : : :: ヽ: : :: : : : : : ヽ
   /: : : : :..|ノト : : : ::|  \`ヽ、: : : : : : :\:|: : : : : ::ハ  はぁ・・・はぁ・・・♪
 /: : : : :/:/: :.∧: : : : l   \_ : : : : : : : :: :ヘ:.:. : : : : |
/:: / : : :V : : :レィテヘ: : :.',  テ外ミz: : : : : : : ::ミ: :: : : : :l
|/| : : :/|:.: :.:.{ハ レ::ハ\|  ヒレ:::ハ::}ハ\: : : : }\: : ::l   お父様、改めてお帰りなさい。
  |:: :.ハ: : : |{ ヘ ヽ:リ、__{ァ ゝ辷ン ∧: :}ヽ :/| :::ヽ :}
  ヽ:::l ヽ: :.l人: :', ´ ノ , \    ''' 人 :V 厶イ-ミ: .:ハ
    \  \リ  `弋   _ ` ー一 ' ィ : : {' u   ヽ.: : }   私のお●んこ奉仕で、きちんと
               フ> __   イl:|: : :八    Y:: :|
            {:!: r ´  `  〃从: : : : : :\    !: :\  すっきり挨拶できましたか?
.            /: : i , ィ   /   ー=ミ: : : ヽ  '::ヽ \
            7: : :レ   / u      ): : :ハ  ':: :}: : ハ あとはお父様の好きな時に、
          〃:::/   /゚ ..:_::::::.    ー-イ : }   ':::ハ ノ
       .-=≠o ´   , '  (::ゝ:'::..ノ       Y {ノ   V /  好きなだけ私の体を使って
    /. : :/     ′                l: ;ゝ   ∨
   〃: :.〃         {  ij          从',     ∨  お父様の愛欲を抜いてくださいね?
   {/: :/:.、      八            /  ヽ .  -‐ = =――― = ‐-ミ
  / :r'..:::::}     (j  ヽ.            ,ij'   ≠                     ` 、
  !: :入::ノ           | `: . . _ . イ             ,        o        ヽ
  V(  、 u        :        J          ィ '"´               ゚:.
    ヽ   丶.      人               .o ´
        ≧‐--=彡u \  u        .  ´                         '.
  . -‐ u ゛     _ .  -‐\      / u                       o  }
/    、_  -‐ ゛       ヽ.   /              u             ′
      /                    } /                              /
 .ィ  /               /                             ij , <
 / /                   / 。 o                           ,  -‐≠ u。
{,/              / u                            ij/   /(   i
               /                             ,∠.  ..u'⌒しヽ  :
               /                             /   U ij    i_} ,
              /                   ij     .  ´    ノ       /
.          /            U      _ 。 -‐ ´      (_/    


    本当にみゆきはよくできた子だ。小さい頃からきちんと私の言いつけどおり、

    実の父親の性欲処理を真面目にこなそうとしてくれる。

    そして、私の愛を受け止めて、愛をもって父の変態精液を絞り上げてくれる。

824 :鬼畜王陛下 ◆0fSQB6GAyY[]:11/05/10 08:58 ID:w0FFCh3c



   私はすぐさまペニスを昂ぶらせ、みゆきを後ろから貫いた。

   娘に私が、父親として、男として、どれだけ愛しているかを訴えるかのように。

 ; ; ;;;;;;;;l: : ::: : : :::;;;i:                    あっ、ああっ♪ も、もうっ・・・? こんなに、硬ぁい♪
;;;;;;;;;;;;;;;l: : ::: γパ ヽ.        ━╋┃┃  
; ;; ;; ;;;;;,!: :: : :| ン  }       【┃        お父様、まだ、私とセックスしたりなかったん、ですかぁ?
;; ;; ;;;;; ;;;;;|:: : :::ゝ ッ,厂 ヽ        ┃ ・・┃  
;; ;;;; ;;;;;;;;; |:::::: : : ::_{' パ  }                       
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'、:::::, ;´{ ン  |                ━╋┃┃        
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'、二 ヽ_ッ ノ                   【┃ ━╋         |    j  i / ::    j ,.-‐'" |: l::::.j λ:`.
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ゙、;;;;;;;;三二  ̄ ̄ ` 丶 .          ┃   ┗┓・・┃   ,j    .|   〈  ,ィ'   /   __ }/j::,ハ::::::〉ハ:〉
;;\ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;; '.,;:;γ           ヽ                        /. '  i   |::(∨{ ,/  _ィ=チテ l ,';ノj/ :
;;;‐:.\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; `‐‐' ¨ ¨ヽ、       ヽ                   /:: | : ,ノ |:::ハ::ヽ. {:.: | " とん },ノ: リ
;;;;;;;;;;;;;;:\,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、 ゙゙、 ヽ         三二               /:;イ' | i'i  {/ {::.`ヽ:! o゚´弋:::ノ´、
;;;゙;;;;;;;;;;;;;;;;゙ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ \‐'`           ` 、        ノ :: :: 人 j::`::ヽ::: }ヽ、::::::ヽ::i:::|  ::: __ ノ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,::::\;;;;;;;;;;; 、 ヽ, _j:..            丶   .:,ィ彡: : :イ : : ;- = = ‐ "⌒ ヽ,: :i::::iー‘ソ´   r'⌒ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;::;;i ゝ、_ヽ_'yr'  、 ヽ   u            ̄/:. :/: :. : :.ィノ            i: / .::i     (´はッ?)
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧;;;l           '.             {:. :.l:. : ::. :{       u         ’:i :::/     ゝ,:..  ノ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i' パヽi             };            |八:.ヾ:. :.,'            / λ/  r ⌒ )、
;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;{ ン i               ;l_;;                   υソ             .':〈::`ヽ、( あっ )
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::ゝッ ,,ハ;              |≠‐-                ........::::: :;;''r       |:.:人 j::`:`−¨´
;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::;,,/ i       ━╋┃┃|    ',  ̄ ¨¨ ‐- _....:::: :::: ""    イ.i      .|ヘ:: `ヽ、::::;;).γY⌒ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/   i        【┃    |     i         ゝ            / |      |.、ヘ::   )" ( ん゙っ?)
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::,/  三二      ┃ ・・┃|     ゙!       /             '   |   ij    | :` ( j'   ゝ、_ノ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:,/     !          i      !   // .'          i   |      | ′ ゝ、|
  -‐  ¨   ̄   ̄ `        i;      l      ‘.          ノ  |      |
                      .l     l      丶        , '   i      |           /^´二j")
                        j       l    ヾ  `   ..::::.. . '、   ,ィ     , ` = =― ‐ー  ィ  ‐-},ノ
                      /     l        ` ゞ;:ァ ´  ーt;' i                      rノ
ー ─ --  _____  = ‐ イ      ノ                      ゝ       _____ _  ノ


    ああ。足りない。まだまだ全然足りない、もっともっとみゆきに、愛娘に、種付けしたい。

    お前か愛しくて愛しくて、たまらないんだ・・・・・!

    妊娠させて、しまいたい、ほど。

825 :鬼畜王陛下 ◆0fSQB6GAyY[]:11/05/10 08:58 ID:w0FFCh3c
                    ,_/`ヽ‐…‐- .
               / ̄`丶´:/:. :. :. :. :. : .: . :. :. `丶.
      _人       /:.:. :. :. :. /:. :. :. :. : .: . :. ::. : :. :. :. :`:.:. 、
      )  (     /::. :.:. :. :. |:. :. :. :. :. :. :. : .: .: .: . :. :. :. :.: .:\     人
      ⌒⌒   / :. :./: : : : !:. :. :. :. :. :. :. : .: .::. :. :.丶 :. :. : .: :ヽ   )  て  いい、ですよぉっ♪
               /.:.::. :.':. :: :. :.|:. :. :. l::. :. ::. ::. :. : 、:: :. :.:\ : :. :. ::ハ /Y⌒         ムスメ
           .,/::. :.:〃 :. : :. :,ィ. :. :. i:.:.. :ト、: :: :.  ヽ:. : .: :\:. :. :::∧     私、お父様の女ですからぁっ・・・
 _       .,ィ´:./': :/: : :. :. :.从:. :. :.l : : i ヽ.:. : :. :.:.     ヽ:. :: :::i    
  / ∧ l l /:,ィ'":: .: .: /: : : :/  V :. :. :. :i 、 \::: ::   ` . :. :. :ミ :: リ     妊娠、しても、構いませんからぁっ!
  ー'    / //. :. . : : .:イ:: /   メ. :. :. ::i  ` ー\-:.. :. :. \. : :. `ーz_  _     
 /     j/ /:. :/: :: : :/: : ' ― ´ V. :. :.:i      \:. :. :.: :.\: ` ::/  / ∧ l l 
 \      {:. :.l:. : : ::i : : i     マ:.:. i   __   !:. :. :. :. : :!ヽ: :}   ー'     好きなだけ、私とセックスしてぇっ・・・
 /        |八:.人:. :|: : ::l  ィ,==ュ、\::.i  ´  ̄ `  ヽ:. :. :. :. N∨   /    
,∧_ノ        |:': : ::.:|:. :. {'´ :::::::::::::  fヾj'  ::::::::::::::  ト 、:. :. : i. :. i   \    私に、実の娘に、膣内射精してくださいっ♪
. つ        |八:.i:∧::.:人      ノ   ゝ、     人:. \:.ノ\:|    /   
             ∨ j/ i: :トー  ´  `      ̄ ̄ /:.\:j/:.i.: i::\  ∧_ノ  お父様の精子、子宮に注いでくださいっ♪
               /:. /ゝ、     ー-      , イ´: .: .| -'―−- '、 つ  i   
  __   __    ,':.: ∧::/`:.t-   __    イ /: :. `        \   |   
 /    \/ ‐匕_\  イ   i:. :: :i    !         /:. ::. '         ヽ . /ヽ  /|       ぁうぅっ♪  き、きまし、たぁっ、
/  /      (乂 ) |    !  |: :.:.'  ヽ       i:. : :.ィ´ /         l¨ヽ _ -= -' _  
  ∧__ノ     っ  |    ヽ ,|:. :.i   ヽ,    , - |:. ::. :{'´          | '´       \  、 丿
          :  |     V i:. ノ      -    ヾ:. :.,'              |            \ {    ビュ  お父様の精子っ・・・
   ん      :  |    . ' ∨  し  、 ,      ソ      /    ::  |              ヽ       ク
         ___ノ     /         y              ,′    ::  |              ,  ビュ  ン  お腹一杯っ・・・
    っ     | `ヽ、  _ィ            /  l !             l      し |               ',.   ク
    _:  _  |-_ ¨¨ヽ\ i         ,   J              l       |  J           .,    ン  妊娠、しちゃうぅっ♪
\  ( `´ ) i      ` ー−- 、.    {      __     ___ j         |     ,            ヽ '
ノ \ \ /ノ ̄ ̄ - ---- -  -   :>-'-= 、 〈  ` ‐/´      \    u .| ..   _ ,   '′
   ー ´ −― …−


    こうして今日も私は、我が家で存分に、みゆきと父娘相姦セックスを楽しんだ。

    愛する娘が私の子を孕むのも・・・・時間の問題かもしれない。

    真面目なこの子が、それを求めているんだから。



                       〜そろそろ、終われ〜

826 :鬼畜王陛下 ◆0fSQB6GAyY[]:11/05/10 08:59 ID:w0FFCh3c
ということで、リクエストがあったけど話はもうできてたので、みゆきさんで書いてみました。

フェイトはたぶん次・・・・だと、思います。

827 :どこかの名無しさん[sage]:11/05/10 18:18 ID:vRMBpFuE
乙でした。相変わらずトバしてますねw

あと、>>799でロリコンスレ薦めようかと思ったら既に足跡を残していた件
さっすが手が早い間違えた耳が早いね!

828 :どこかの名無しさん[sage]:11/05/10 18:44 ID:mkvhHhTc
乙!ナイス大人なのはさん&みゆきさん、そしてフェイトちゃん期待!

>>812
逆に考えるんだ。
水銀燈の遺伝子率が上がっていくと考えるんだ。

あと>>801サンクス さっそく読んでみるぜ。
>>


その48   目次   その50

inserted by FC2 system