やる夫のファルニア王国戦記 #003
242 :鬼畜王陛下 ◆EFI9gDIYJk[]:12/09/07 19:19 ID:Ds1T/9jk
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 やる夫のファルニア王国戦記  序章〜やる王子は母子相姦を続けるために下克上するようです/後編〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




   シロウと計画を語り合ったその翌日、やる夫は自らの足で第六騎士団詰め所へと訪れていた。


                             ____
                          ,. '" ( . ,.-、 ヽ "丶   いやー急に尋ねて申し訳ねーお。
                        ,..-, 、   ヽゞ-' ノ    ヽ
                       /ゞ-' ノ .   `i ⌒    .ヽ   ナカジマ第六騎士団長。
                      ./ ⌒ i´  人   `j       }
                      |   `‐r‐' ` イ         |
                      |      |     |    .、_ ノ __   /ヘ
                      \   ヽ___/ // : :/. : ニ{ ` /  /
                        \      _ノ;;;;;;;: :i : : : :.{¨V  \:Y
        __                  ヽ`ー―"</ ,ィ'"´ : : : : ∧ \  ∧
       ( `、               _/イr;;;;;/У: :`ヽ、 : : : :i { ' 、  ヽ  `ト
   r-、  ヽ ∧、             { : :ノ/〉-{/ : :/ : : : : : :i :〉、 ヽ    ',
   } r-、  〉、 ヽ            `、| :i,';;;;/ : : :/ : : : : : : : ィ:( \ _ヽノ  }
   } }  {_/ {   {、           }λ:|;;;;/ : : /. : : : : : : : : : : ヘ  . : : : :  r
   } }  {r-、 ,'⌒  ',          /:'〈:'|;/ :./ : : : : : : : : : : :V: :.`ヽ : : : : ._/
   ヽ}、 .i  { r-、   人ュ、       ./:λ',:r :./ : : : : : : : : : : : : : :'、: : : : 〉二ニ
     ⌒}、└i 'ト ィ ノノ:.`ヽ、     /. :} : :i : ,' : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ : :{
       ⌒--へ  // : : : : \   r'´`.i : : Y : : : : : : : : : : : : : : : : : : :V : V
          ',ヽニノ : : : : : : : :ヽ人ミヾ', : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :V : }

   王位簒奪は確実に手の届くところまできている、とはいえ、時間は自分達の味方では決してないのである。







         /
     イ  //  _ - ―――--、
    / | / //            `ヽ、
    | V   "                `ヽ
    l                           \
   _ゝ                       \
  /                      lヾ゛  l ̄
∠イ/        /l  ハ ト、 |\ト、 ト ,h ト トlゝ
  /   /  /イ / | / ヽ| \|   ヽ| ヽ|V゛ |  いやぁ、最近第六は暇で閑職も同然ってところですわ。
 / ,イ /| /  レ'  |/ 、     ,ィ'´二二ニミ l三|
 |//  V ,-――----ュ   く∠-‐´―-、   |ヾ,|
    | ,、彡''¨ ̄二二 ̄    ====z _   | /l|  王子がわざわざ尋ねにきてくれるなんて、一体
    | /ヽヽ  / ̄`ヽ      ヽ、   `  l> /
    V  |ヾ} "        |       ̄  /l ,/   何があったかビビってるくらいで。
      ヽl          |         |  |イ
       ヽ\,       |         |  l |
        `l ヽ    ヽ  ‐   ヽ  ! j |
         l ! / _ -―― ̄l j   / .!
          \ ヽ ヽ r'´ ̄ ̄`ノ   イ   |
          |i \  `ー― ‐´  // ノ ヽ
          ハ,  \______,/ .//   |
          | `\ー---------‐ フ  ,ヘ /
            l ト、 `ー-、__ _/ // /
          ヘ ヽ \    ./  ̄ヽ  V  /

243 :鬼畜王陛下 ◆EFI9gDIYJk[]:12/09/07 19:20 ID:Ds1T/9jk
                       _  -‐-  、
                     , ´       ` 、
                   /               \  第六騎士団は暇・・・そうでしょうな。
     ,. -‐'fフフ           7                `、
    /   r‐´ r‐、         /                 ヽ  でも、貴方はなかなか休みもとれないん
   ノ  _/_ 」  .l      |   ー‐-‐'   `ー‐-─     !
   i   _ _ .) ,'       |   ( ー‐) '" ( ー‐ )   !  じゃねーですかお?
   !     `{ ノ        ヽ     ,    !          /
   |  ー ― 、}´; ̄ ̄;` ー‐-/;:;\  ヽ_人__,ノ`   /,.,.,.
   l   ,.-r /;:ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;ヽ_ ` ー     __, イ:;ヽ:;:;:;
 /i!    〕〈:;:;:;:;:i:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;:;:;!  \ _ー‐_,./  i:;::;:ヽ:;:;  本来の職権を越権した部隊編成と、
´:;:;:!ヽ _∠);;',|:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;ト、 /!;;;;;;;;;;〉、 ,,.イ:;:;:;:;:;:ヽ
:;:;:;:;:ゝ、_  /;;;;ノヽ:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;ト.`'  ヾ--〈  V  !:;:;:;:;:;:;:;  軍備費用の計算・・・その提出をも
:;:;:;:;:;O /`:;´/;:;;:;:|:;:;l:;:;:;:;:;:;/└-、:;_:;」    !;;;;;;;!     |ヾ、:;.-‐
:;:;:;:;O:;':;:;:;:;/:;:;:;:;:;l:;:;:!:;:;:;:;/:;:;:;,.-‐´:;:;:|    |;;;;;;;;|     !:;:;\_:;:  行っている。
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ 、:;_:;_:;:;:;:;:;:;:;/:;:;;:;:ヾ:;:;:;:;:;:;:!   !;;;;;;;;;!   /:;:;:;:;:;:;:;7




           __
        /l/ /-―――- 、
      li  // /         `ヽ
      | V                \
     _ゝ                  ヽ   ・・・・まあ、そんなこったろうと思ってましたよ。
    /                    ヽ_
  ∠,イ                   ト'゛  言っておきますが、俺は上の命令に文句も言わずに
    /  /   ,イ ∧ト ト, ト ト, i iヽ |
    /  /l // |/ リ ヽl ヽj _リVl彡.|   従っただけですぜ?
    //l  |/       _,-二―‐" lh ,〉
      V' l z二二ニく   ̄,-┬ァ    リ_/
        {l  ー‐'     `二´  / .j l
        ヽ     |         | | |ヽ   まあ、俺の「独断専行」として罰することになったんなら、
           l\    |         | ノ / l
         ヽ !  / ヽ ‐  \  //  l   せめて俺の首一つで満足してくれませんかね?
          \ ヽ に二二ノ //   j
            l\`     //  /
            l∧ `== ´イ rヘ /
            V  /⌒\   V /
            l  ハ__/ \  /
             V ! l jヽ / ヽ/
                |  |




             ,,..-――-..,,
           /          \
          /            ヽ   いや、あんたのお陰で今の軍が空中分解しないですんでるお。
         /      ___)   ヽ- l
       /l       '´   _   r  .l
      / ..|       t''j"´    =='' ',   その功績を称えて、名目上も軍備の運用が可能な将軍職に
    /`ヽ、__.',      `¨¨´   ヽ   l
   ./   \ .ヽ.     (_ノ--'  ノ   昇進させてやれこそすれ、罰するなんてとんでもねー。
   /     /-‐| \、 ____ ,,..-<
  ./    ./   l l  \    | r-ヽ  `ヽ
 /    l    | ヽ   .>、 r'__..>>   |
./     iヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
'      l  、  < ´  .i  |  i  | |  |
\   / _,,-ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
  .ヽ∠-''"ヽ    ヽ  i  .|   i  |l ..|
        〉    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|

244 :鬼畜王陛下 ◆EFI9gDIYJk[]:12/09/07 19:22 ID:Ds1T/9jk
             / /                 \
           ⌒/ ,  / / /  、 、      `く ゝ
             .レイ .// / /| ハ ト、 トト、       ミゞ
               |イ/∠/_ |/ ヽ|  __ヽトVゝ  |
              |ハ⌒ヾゝ z‐,,'´-―-ゝ ∨r|l /   お心遣いはありがたいですが、
                 | `ー }  ー-‐'  、 | l/
               _ト ` ´ ,′ ヽ '′ / r‐'∧    俺は今のくらいの立場が称にあってるんでね。
      _  -    ̄   ∧  {__    __、 { l ハ  >‐┐
     /           Yゞ=ニ二´ノ}/ /イ  ./   `ヽ、   将軍職なんて辞退させて・・・
    ./l               |.ヘ `       /   /      `ヽ、
    / !      _    ハ r>―‐<    /  __     `
    |  |    /  ``<  | | |   ∧   / / / / ^i
    | |   /|         ̄`ヽ 〉--イ .∧ / / /  ,イ  /ヽ  >
   .x| ____,/ l| 、         ^ヽ\ |   ソ'  ! ,| ./ し'/  |/
  「 ̄ / /  \ \    、 ト、 ∨ :|  ′ ./しヘ ノ‐<|_/|
  /  /|  |、    ∨j `>.、 \ヾ} | :|     /::::::::::::::::::::::::/´ ト、
  | /| l \ fj /    \ |_j__ハ |  /::::::::::::::::::::::::/   / |




                 ,  ´ ̄ ̄ ̄ ̄ `  、  事実上、将軍どころか司令長官も同然の仕事を
        , ‐、_,-、.     /              \
      r.イ .    ト.、.,.:′                ヽ  こなしておいて、よー言うわ。
      ヽ     / / 、    ,    、       ',
       }    ノ ,′  ̄ ̄ ̄       ` ̄ ̄ ̄  .i
       .,′   ,′ .l 弋● ̄ ノ     弋● ̄ フ   |  これで核心したお。あんた脅されてるな?
      /    .;'  :|.  ヽ― '       ヽー―′  .!
      ,'     i   .l       ,       ,      .,′  娘さんとの関係をバラされたくなければ、
     .i      | _..,∧     ゝ-r‐^ー‐r‐'    __./ 〉
     ,イ    .}ト,Y.:.:.:丶      └―‐┘    /.:::/ ̄ `ヽ  言うコトに従え・・・・そして、昇進の話が
    ./|   .:  ||::}:l::::::::::::::}≧.  _____ /.:::/ {       ',
   〈    l::  〉l|:|:::::::::::.\::::.\       /.:::/_.:::∧_    ,!  あったとしても、蹴り続けろ。
    }、    ノ: /::リj'::::::::::::::::..\::::.ヽ.__.;:〉-イ´ / イ:..     イ=ヘ
   リ∧   .イ/:/.::::::::::;::::::::::::::r>ミ三三'/\ \/ヽ.` ー=彡ヘ_〉  こんなとこかお? 全くあの産廃が・・・!
   |}l八_,.イノ.::,.:.;.:.:_;/.::::::r=彡'::::::}互{'./.  \/  〈_ミ三ニ彡ヘ_〉




           __
        /l/ /-―――- 、
      li  // /         `ヽ
      | V                \
     _ゝ                  ヽ
    /                    ヽ_
  ∠,イ                   ト'゛
    /  /   ,イ ∧ト ト, ト ト, i iヽ |
    /  /l // |/ リ ヽl ヽj _リVl彡.| 何のことか、わからねーな?
    //l  |/       _,-二―‐" lh ,〉
      V' l z二二ニく   ̄,-┬ァ    リ_/
        {l  ー‐'     `二´  / .j l
        ヽ     |         | | |ヽ
           l\    |         | ノ / l
         ヽ !  / ヽ ‐  \  //  l
          \ ヽ に二二ノ //   j
            l\`     //  /
            l∧ `== ´イ rヘ /
            V  /⌒\   V /


   表情が硬くなった。娘とのことは、できるだけ白を切るつものなのだろう。

   だが結局、それを弱みとしてつけこまれたのだろうことは容易に想像できる。

245 :鬼畜王陛下 ◆EFI9gDIYJk[]:12/09/07 19:22 ID:Ds1T/9jk
              ., - ―===- .、
            /         \
           /             \
           j    .:.:::::::::::::::\_j   \   あー、警戒心もたせたみてーで悪いけど。
           |   .:.:::::::::::::::::::r‐ミ'/⌒}   ヽ
          ノイ     .:.:.:.:.:.: } ノ _ ム  .|  別に娘さんとのことを糾弾しにきたわけでもねーから。
 ̄`ヽー- 、 __ /了|´    /   /ノ    ヽゝ .|
.ヽ:..:..:..丶:..:..:..}:..:..::| |     {____/       { |
:..:..l:..:..:..:..:..:..:..!:..:..:..|  l    く`{        i .|  むしろ、やる夫はあんたの味方だお。実は・・・・
:..:..:l:..:..:..:..:..:..:l:..:..:..:.|  l    `ソ_       }_/
ー..、`ヽ:..::..::/..:::.::.::.:.l   ヽ >≦--.、ヽ      /
二:..ヽ:{:..:.::.:>ー::´::| /ク′:..:..:..::.::.\ヽ  /



                                          -‐ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヘ
                                       /´             ヘ
                                     /´                `ヽ、
                   _,,、 _               /                     \
                  t匕ア::-‐< ̄ ‐-       /   / ̄`ヽ                  ヽ
               イ.:〆.::〆     ` 、   \  /                            ヽ
             /I7.:〃.::/」           \ \ \/     /   ヾ                     i
            / I7.:〃.::/」     \       l  ヽ  i     { ―-   ii                   i
           /  {{l:::|l|::::l}}    l |  \     i   l i     ゝ    ツ                   i
           ′ {{|:::|l|::::|}} |  | ト、 / ` 、   |  | /`     ゝ    ´                  /
          |   {{|:::|l|::::|}} |  | X\  '、 \人 _|_ i       ヽ                    /
          |   {{|:::|l|::::|}}  、 ∨ヽ _,,;;;;;彡,,    ii        }          _______/__
          , /  {{|:::|l|::::|}}  \ヽ ´´ ̄        !\____ノ       _,ィ"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         / / ,  小:.ぃ::.マ} _  \\,"""    - ´i  \⌒ ̄ ´      i´ __,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
        / / / / l >=rf<⌒ヾ  \           ;    ‐- ____ iヽ! <_ 〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
        / / /    | {:{___ノハト =='\ ー一      . イ l|l|l|!|l|l|l|l|    ヽ ! .',  !∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
    \、 / / / /   | `¬1|  |:|\ \\  ー 〔_  | |l|l|||l|l|l|l|     ヽ.! ', >__〉:::::::::::__,::::-―'" ̄ ̄~=-⌒ヽ
     〉三≧x. /   丿   ノ:|  |:|  ヽ \\ -r=く}\ムイ ̄ ̄ ヽ       ミ;ミソゝヾ::,,-~:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;:::::ヽ
   _,,.≧ニ三三≧==三≧ト.,,_ `′  }  } \\_ノハ、`¬-、::::::::::::::\   ソ巛 ミゝ:::/::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;;;::::;;;;;;;;;;;|;;:::::;:|
≧ ニ三三三三三三三三三三三≧ュx..ノ__厶―- \::::冫   \:::::::::::::::\ |i;::;ミ ::::::::::/:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;::::;;;;;',
三三三三三三三三三三三三三三二ニ7.:::::::::::::::::.\´    _,rv\::::::::::::::::i ヾ;:ゝ:::::/:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;::;;;;;;;|


     やる夫は母との関係と、これからの展望をナカジマ騎士団長に語った。

246 :鬼畜王陛下 ◆EFI9gDIYJk[]:12/09/07 19:23 ID:Ds1T/9jk
         /
     イ  //  _ - ―――--、
    / | / //            `ヽ、
    | V   "                `ヽ
    l                           \
   _ゝ                       \
  /                      lヾ゛  l ̄
∠イ/        /l  ハ ト、 |\ト、 ト ,h ト トlゝ
  /   /  /イ / | / ヽ| \|   ヽ| ヽ|V゛ |   ほう、なかなか王子もお盛んですな。
 / ,イ /| /  レ'  |/ 、     ,ィ'´二二ニミ l三|
 |//  V ,-――----ュ   く∠-‐´―-、   |ヾ,|
    | ,、彡''¨ ̄二二 ̄    ====z _   | /l|   ひとまず、おめでとうございます、と言わせてもらいますよ。
    | /ヽヽ  / ̄`ヽ      ヽ、   `  l> /
    V  |ヾ} "        |       ̄  /l ,/
      ヽl          |         |  |イ
       ヽ\,       |         |  l |    で、あんたは、俺たちみたいな畜生どもが表を堂々と歩ける
        `l ヽ    ヽ  ‐   ヽ  ! j |
         l ! / _ -―― ̄l j   / .!    国を作りたいと、そうおっしゃるわけで?
          \ ヽ ヽ r'´ ̄ ̄`ノ   イ   |
          |i \  `ー― ‐´  // ノ ヽ
          ハ,  \______,/ .//   |
          | `\ー---------‐ フ  ,ヘ /
            l ト、 `ー-、__ _/ // /
          ヘ ヽ \    ./  ̄ヽ  V  /
           ヘ ` ┘   /      ヽ   /
            ヘ     /      ヽ ,/





                 ___
               /        ` 、  畜生って・・・まあ畜生行為だけど。
              , '              \
             / ヽ、     _,.. --   ゙ .   そうだお。やる夫みたいに母親とセックスしているヤツやら、
            /  _`__     __     ,
            ′  ̄ ̄        ̄ ̄    ,  あんたみたいに娘といたしている人。
           {  "'              、、 ∪ }
.            、     ゝ-‐ ー- '      /  兄妹とかでも子作りしてるヤツもいるかもしれないお。
            _> 、              /
            ∨/r v'´ ヽ _  「/7,<
           /V,l / \ V   」/////〉
.            ,.イ //Y〈_   ヽ.〉 く//////__
         /.:.|///ゝ、 `ヽ./ f⌒o 7¨´///}  そいつらが、罪の意識を全く抱かず家族仲欲ヌプヌプできる
         >、:ヽ/ ` `Y !  _! [`__'7´////,j
.      __ /   〉′j .イ /} } / _/ ∨//////,|  そんな国を目指すお。
     / f´ | ト、` 、ゞ / { {//   У//////|
.     { l  | |  ` ー'‐ = Tl _  〈/>z/_∧,|
     ヾ.、 | |      二 l |   `゙` </_/_j   そういえば、結局娘さんとやってるってのはガチマジだったわけね?
.          ` ┘^  .   二 //      /  ̄
              ` < {.{ 、 __ ノ

247 :鬼畜王陛下 ◆EFI9gDIYJk[]:12/09/07 19:23 ID:Ds1T/9jk
           __
        /l/ /-―――- 、
      li  // /         `ヽ
      | V                \
     _ゝ                  ヽ
    /                    ヽ_
  ∠,イ                   ト'゛
    /  /   ,イ ∧ト ト, ト ト, i iヽ |
    /  /l // |/ リ ヽl ヽj _リVl彡.|  ま、調べはついてるんでしょうがね?
    //l  |/       _,-二―‐" lh ,〉
      V' l z二二ニく   ̄,-┬ァ    リ_/
        {l  ー‐'     `二´  / .j l   別にそれで俺は後悔しちゃいませんよ。
        ヽ     |         | | |ヽ
           l\    |         | ノ / l
         ヽ !  / ヽ ‐  \  //  l
          \ ヽ に二二ノ //   j
            l\`     //  /
            l∧ `== ´イ rヘ /
            V  /⌒\   V /




      あいつも俺も、納得づくで一線ぶっちぎって・・・


                                           /.: :/: : : :/  |: λ: : : ト.l: : : :ヽ
                                        ′: l: : : : l:|-─l: :||.{: :l: :| }: : ';ハ:ヘ
もう、お父さんったら・・・私はお父さんが好きだから、        人ミ.|: : : :从=テミZl Vl Vヽ l: ::.|: .';ハ
                                         ト:ミλ: : :.弋z少     斧ミ. 八: l: : l:.l
お父さんとエッチなことしてるんだよ?                   ハ: :Y Z: :.l ::::::::.    弋zシ: :/.::l: : l:.|
                                           ∧:_ヽV::∧      ′.::::イノ: :.,': :/lノ
何処にもお嫁になんていかないんだから。                 //   ヾ:::,ヽ   __   //: //: ム.′
                                         //       Z::. 丶     </:; ':/: :l
だからら、ね。今日も・・・・しよ♪                    //       l八ヾ= `T:´ : /ィ:/: ::.|
.                       _         > ´: : :/       ノ  ヽ=ュ├‐- ミ: : : : :∧
               > ─‐-  _γ´  ヽ    / /: : :; ' ′    / /´            Y: : : : ∧
             ,..::´////////////丶 < }   /: :/: :.// V    / 八:..__, 、      八: : : : ∧
         //////////////////Y    <{: :.′//  V    ./   `¨´  ヽ   、{ /: : /: : V: ’,
         .:′///////////////// 人メ メ≠ 乂八l   V    /         ,  丶: : :./: : : :.l: :::.ヘ
.        ,:////////////////////, '      リ .ナ人  /   /   ____    :.    ヽ:/: : : : :.|.’,: ヘ
.      ///////////////',/////            ¨/   八´        Y  .′     Z: : : :.l  ヾ: : ヘ
     ∧///////////////, /                /     ∧ ヽ        | , '      l: : :/:.V.   ヾ:::.ヘ
     ,′//////////////ハ                  /     ./    ’ .,__ 彡____.人::/: :/.    ’,ハ
    .://////////////////:,                V     /        人       _  ヽ; ′     V ハ
     l///////////////////|               .:     /        彡  > _ ≦.:: : ;:          Z l
.   |/////////////////λ≧=‐-  ____ - ′  ./ァ   ̄   ///: : : : /:/:./: : : :;: ゚         l: :.|
.    | //////////////// WY////////////// 7._ //     〆;′/: : : /: :イ.: : : : :; ′           |: ∧
    |//////////////// W|////////._/////Y:::::::V:::ヽ  .<l: :::l: :/: : :./: : :/ Z: : /             人′

248 :鬼畜王陛下 ◆EFI9gDIYJk[]:12/09/07 19:23 ID:Ds1T/9jk


    俺もまあ、自分の娘の体に溺れちまうようなケダモノな親父だったってわけで・・・


                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  えへ、お父さんのすっごく大きくなってる♪
                      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.            / ̄ ̄ ̄ /:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:ヽ  嬉しいなぁ・・・
         /-― 、   /:/.::.:.:.:.:./:.:.:.:.:.∠|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|―ヽ:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.〉 / \゙ヽヽ
              >/〃/:.:.:.:./:.:./:.:/  |:.:.:.:.:.:.:. _/   |:.:.:.:.:.|:.:.:.:.//ヽ、\ ヽ_}ノ\
―――――――:.:.:.:.´:.:./'.:|:イ:.:.:. /:.:./:_≠-<、:.:.:.:.:./`ー‐┼--::|:.:.:./〈  } ヽ_jノ    '.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__r― 、:.:.:.:.:.|l |:.:.:/:.:./.:.:.x≠=ミ ヽ:.:.:./} 芹下ゝ:.:.:. |:. /:.:.ヽ `ー 、     i
 ̄ ̄ >‐:.:. /  {二二ヽ:.:.:|! |:./l:.:/:.:.:.:i 込ソ  ヽ:{  込ン |:.:.:.:.:!:/:.:.:.:.:.:\      _}  ̄\
 /:.:.:.:.:.:/    \-─ヽ:.:l:.:|:!:.|/:.:.:.:/:! :::::::::     ::::::::::: /:.:.:.:.|':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、__ /   ヽ ̄ \
´:.:.:.:.:.:.: /      ―`ー 7:.:.:. |:./:.:.:/:八    ’      /:.:i:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ヽ,  >'´‘,
_:.:.:.:.:.:{ヽ    __/:.:___//__:.:\    r┐   /:.:.∧.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ <    ‘,
  _>/  `ー-ア /.:.:.////////////,`ー`ヽ、   _ ィ:.:./__ヽ:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\'.
/:.:.:./` <__//.:.:.:////////////////\ !二 ´   |:.:.{ノ//\ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
:.:.:., /     /':/ ̄///////////////////,.'::::::::ヽ_/,|:.:.{,'/////\7777=―-,、:.:.:.:∧
/'/     /:.:.|//////////>''¨´ ̄ `ヽ'/{:::::::::::::::!//∧:.:\///////////////_:.:.:.:.:ヘ
 /     '.:.:.:.!////////         ヽ::::::::::ノ' -―‐- 、'/////////////    ̄` '.
./      ':/ ∨////'〉/〉:::::::.         '.::::/          \'/////////        ヽ
′     ハ\  ∨///' /:::rッ:::::        }/            ヽ,'//////          \
|     ∧//ヘ  ∨/ /  :::::::::        ′           ∨//// >‐-   _
:、    / ∨/'}/| i {   /〉          :         ..:::::::::::::::..   i///:.:.\\:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄ ̄
∧    /  }//.:.:.! | |  / /         !      :::::::::r〈ヽ::.  ハ'|:.:.:.:.:.:.:.:.\\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
-∧    /.:.:.:.:.:.:.:{  ゝ'  !        /:.       :::::::::::〉 }:: / !|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:`ー ´.:.:.:.:.:.:.: /!     /         ´:::::::::、          /  `' //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\\:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /  ,ゝ、   / >‐  ´       \         {    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\\:.:.:.:.:.

249 :鬼畜王陛下 ◆EFI9gDIYJk[]:12/09/07 19:24 ID:Ds1T/9jk

          スバル
   あいつの胎に娘を仕込んじまったってわけです。

                   {!        |
                      !      !
                         ハ.   |     あ゛ーっ! あ゛ぁーっ♪
         ',               /  ',   !
         ヽ  , -- 、 __      '    ', ,     お父さんのち●ぽ気持ちいいっ!
          ̄ ̄`ヽ´      `ヽ    ___ .∨
        _ `ヽ-、 ',        ヾ´    `ヽー .、  いっぱい中にだしてぇっ♪
     |.',  \ヽ  ', `¨           ',      } i ∨
     i! ', ヾ_、  、ー'              i!     (_ ノ ,! ヽ 
     | i ー ’ ー’               i!      (_/ .,お父さんの赤ちゃんできちゃってもいいからぁ♪
     |. ,                     i!      (__ ノ ! 
     j/   、       U          人.        ⌒i ´     ,. - ― -- .、
    /     ',               ′  、      ,    >.:´ : : : : : : : : : : : `:.<
.   /     ',               /    ヽ     ハ /: ; : : : : :; : : : : : : : : : : : : \
   ′     :、               ',      /,..ィ': : : /: : : : :/: : : i: : : : : : :',: : : >.:´ヽ
            ‘、                   ',    /:::/: : : ;: : : : : :; : : : ::|: : : :i: : : :'<ミi }: : : :∨
  ,          \               __/:::::::/: : : :i: : /: : :ハ: i!: : :'; : : :|: : : ::} ヾi}: : : : :∨
  i           :、          >.: /:::::::/: /: : :j: /: : : ! ';{ ヾ: , : : :|: i:乂|  i!: i: : i: : ∨
  .j              },    ,.  -―=彡イ/:::::::/: : /: : : //: : : : |, -|!‐''"ヽ: : |: |ヽ: !`゙ 、!: |: :.|: :|、:∨
        i        ハ      /: : : : : :彡,≦=--<彡 /: |: {: ハ!,.ィ==ミ  '; :!: |,ィ=ミ、 |: :|: :.i: :| ヾ
 ,     j       ./ .∧ ,. -=彡: : : : : : :/       ヽ:{: :.j/: { く 泛沙   ヾ: "乏沁 》: i: : |: :|
             ′ ./: : :/: : : : /,          jハ: : : |              ,: :l: : :}: :!
               / /: : :/: : : 彡イ /       u         '; : :| /i/i/i/i/  ' /i/i/ /: /|: :ハ:}
            ,  /: : ,.イ: : //:ム.ノ                 '; : !     r ー ,  .ハ' !/  i!
      ___  イ ,,:彡イ /:./ 〃 ./        __        }: | \   八    ソ .イ: /  \
         //    {:/   ,          ,. ´    、    j:/   >'ノ    jiイ: ::/     ヽ
        --=彡     ,j/  /      /       `ー ..、    -‐ ≧=- ≦ // 、   U   、
                  /  /      ,/     J        ヽ ´            ',  ヽ  __    ',
               /      / ヽ              }           }   }'      }
                         _∠   >            ノ、           !  ,′    ,
              {     ´    `  ー-  ≧  __ イ  > - 、 __  __,ノ  ,
               、                   ー- ,> ´    、ヽ ヽ        /
                     >  、                        ヽ ソ      /     /
                    ー― --    -== 、 __,.ィニ -<       /     /

250 :鬼畜王陛下 ◆EFI9gDIYJk[]:12/09/07 19:24 ID:Ds1T/9jk
            __
       _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
     ./      U       \
    , '     ___     __ .ヽ   なんかこう、イメージ絵だと
   ./    (  ●  .)  ( ● )  '.,
  /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,  娘さんのほうがノリノリっつーか・・・
. .,'                        .l
  l   U.    (     人    .)    .l               ギンガ
  .'.,        `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'  まさか誘ってきたのって娘さんのほうじゃ
.   ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     /
    ゝ、               /
    | ̄ ̄ ̄ ̄l     .-┬'''"´|
   /\ /' , ̄\     .| /::|-.、
  /     ヽ:::::' ,  \    / ゝ::::|.  ヽ
/.       |::::::::l__` y '__|:::::|   ',
/        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    l
        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    |
.        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   .|





         /
     イ  //  _ - ―――--、
    / | / //            `ヽ、
    | V   "                `ヽ
    l                           \
   _ゝ                       \
  /                      lヾ゛  l ̄
∠イ/        /l  ハ ト、 |\ト、 ト ,h ト トlゝ
  /   /  /イ / | / ヽ| \|   ヽ| ヽ|V゛ |
 / ,イ /| /  レ'  |/ 、     ,ィ'´二二ニミ l三|  ノーコメントで。
 |//  V ,-――----ュ   く∠-‐´―-、   |ヾ,|
    | ,、彡''¨ ̄二二 ̄    ====z _   | /l|
    | /ヽヽ  / ̄`ヽ      ヽ、   `  l> /
    V  |ヾ} "        |       ̄  /l ,/
      ヽl          |         |  |イ   まあ、王子の話はわかりました。
       ヽ\,       |         |  l |
        `l ヽ    ヽ  ‐   ヽ  ! j |   俺もギンガをずっと日陰者にするのはしのびない・・・
         l ! / _ -―― ̄l j   / .!
          \ ヽ ヽ r'´ ̄ ̄`ノ   イ   |   その国づくりに、一枚噛ませてもらいましょうか。
          |i \  `ー― ‐´  // ノ ヽ
          ハ,  \______,/ .//   |
          | `\ー---------‐ フ  ,ヘ /  なぁに、今までも俺が軍を動かしてきたようなもんですし、
            l ト、 `ー-、__ _/ // /                       ・ ・
          ヘ ヽ \    ./  ̄ヽ  V  /   産廃に全く気付かれずに、やる夫陛下の望むように兵を
           ヘ ` ┘   /      ヽ   /
            ヘ     /      ヽ ,/     出せますよ。



     _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
   ,r'        \                  ・ ・
   / ⌒         ヽ,  期待してるお。ナカジマ元帥。
  ( ●)    ⌒     ..i
  i.     ( ●)    .|
 . \(_入_ノ      /   早速だが、最後の一手をうつ為に、ちょっと兵を貸してほしいんだお。
    \______/
    ./ゝ/ノ:::::::::::::::::\
    |ノ//::::::::::ヽ,::::::::::|
    |^::::::::::::::::::::::|:::::::::|   実は真っ先にあんたに話をつけにきたのも、それが狙いでね。
    |^::::::::::::::::::::::|:::::::::|

251 :鬼畜王陛下 ◆EFI9gDIYJk[]:12/09/07 19:25 ID:Ds1T/9jk
           __
        /l/ /-―――- 、
      li  // /         `ヽ
      | V                \
     _ゝ                  ヽ
    /                    ヽ_
  ∠,イ                   ト'゛
    /  /   ,イ ∧ト ト, ト ト, i iヽ |
    /  /l // |/ リ ヽl ヽj _リVl彡.|  ほう・・・?
    //l  |/       _,-二―‐" lh ,〉
      V' l z二二ニく   ̄,-┬ァ    リ_/  まさか、即決起して城を押さえるんですかい?
        {l  ー‐'     `二´  / .j l
        ヽ     |         | | |ヽ
           l\    |         | ノ / l
         ヽ !  / ヽ ‐  \  //  l  それもまあ、不可能というわけじゃねーですがね。
          \ ヽ に二二ノ //   j
            l\`     //  /  ただ、そんな博打を打つよりかは・・・
            l∧ `== ´イ rヘ /
            V  /⌒\   V /
            l  ハ__/ \  /
             V ! l jヽ / ヽ/
                |  |





                    -  ̄ ̄` - 、
                 /ー、         ヽ  あーいやいやいや、説明が足りなかったお。
                , -、     ヽ、_     ハ
               ノ!o }  !、_         ',
              / >    o`ー--      }  確かに決起するときは電撃的に城を押さえるつもりだが、
              { /    ヽー- _  _   !
              ヽ`ー〈   }     イ´  ヽ j   さっきの今でいきなりやるわけじゃねーお。
               >、  ー'    (  , イ⌒ヽ' |
               <  7ヽー-ァー-ヾ/    .ハi
      r='ヘ      /ヽ!:::{ <´    ハo     i
      ∨l∧     ノ  / 7::`->  /    j     /   あんたらに手を貸してほしいのは・・・
       ∨l∧  _/ j / /:;':::〈-イ     〈    ..|
       ,イ )ヘ}-' / j /:::;:r´        !   ...|
       ! ⌒)ヘ  ノ /:::::;/        }   ..|
       ヽ ´ノヘ/  /::::::/       ヾ /    |




                        -―-
                     /        `
                    '            \   教団本部に拘束されている・・・
                   /              、
                  '                 }>            ・ ・
                /  \    /       イ  「聖母」聖白蓮の救出だお。
                /_i ( ●)  ( ●)   /:/
                \ `ー、(__人__) r―. . ´三.人
                 \三ヽ`⌒´  !三三三/= \ 
                   )--},不 ̄ )--―´三/三\
                  ア)yし'- ニニィ三=|三ア三三三\
                /ニ7^}:ア´/// /三ニレ'´三三三三=.ヽ.
.             ___∠三=/ /::|/////三ニ/三三三三三三= l
         /三三三 〈三/ /:::::|///三三/三三三三三三三= |
        /三ニr====='=./ /::::::::l/三`==┐三三三三三三三= j
     .  /三三|三三≡/ /::::::/三三三三|三三三三三三三=./
      /三三=|三三=/ /:::/三三三三/三三三三三三三=/
.      |三三ニ |三三/ //三三三三/三三三三三三三ニ=/

252 :鬼畜王陛下 ◆EFI9gDIYJk[]:12/09/07 19:27 ID:Ds1T/9jk
ここまで。
ということで、先に聖さんと接触するかと思いきや、先にゲンヤさんを味方につけたのは、こういう理由です。
ゲンヤさんは階級的に特進しまくらせる予定なので、箔と実績をつけるため。
そして、聖さんの身柄をこっそりではなく、やる夫の名の下に大々的に確保するために、騎士団動かします。

253 :どこかの名無しさん[sage]:12/09/07 19:28 ID:yJ/I1EQ6
乙っした!

こういう決起前の有志(勇士)たちの姿や邂逅もいいね

254 :どこかの名無しさん[sage]:12/09/07 19:29 ID:RDlicPuI
乙でした!

やだ、また続きが気になっちゃったw

255 :どこかの名無しさん[sage]:12/09/07 19:35 ID:ozGxQFcY
おつでした
陛下絶好調ですなw
某所のあれに触発されましたかw

256 :どこかの名無しさん[sage]:12/09/07 19:37 ID:RDlicPuI
>>215
分からないでかw

先日シャルの近親話書いたばっかりで何を言うかw

257 :鬼畜王陛下 ◆EFI9gDIYJk[]:12/09/07 19:40 ID:Ds1T/9jk
ははは・・・しかし、やはりこう絶望っぽい空気を出すのは苦手というか、
一度転がりだしたら皆殺しエンドとか、北斗のように無惨に飛び散るところまでいくから陛下は・・・
やる夫[ピー]スレさんとか大好きだという私の隠れた性癖が発現しないように、できる限り明るい話を書き続けるのですよ!

258 :どこかの名無しさん[sage]:12/09/07 19:40 ID:tz0ytImk

やる夫えらく優秀だな
でも敵も無能ばかりじゃないだろうからはてさて

259 :どこかの名無しさん[sage]:12/09/07 20:13 ID:YjHESPbQ
乙です

敵も馬鹿じゃないというけど、やる夫たちの言動からすると少なくとも止一派はダメそう
まあ、どんなものでも「名目上」の主君や公式こそ絶対!って忠義ものは居るけど
せいぜい、銀英伝でラインハルトに滅ぼされた貴族連合軍程度しか粘れないような気がする

歴史上、並国から大国になってるし
えるふ以外にニンゲンや獣人もいるなんて説明もあったし
止を倒したあと、反近親相姦の宗教とかそれを奉じる国々とかと戦うのが本編になりそうな予感

260 :どこかの名無しさん[sage]:12/09/07 20:30 ID:LF9So5tc
>>241
いつの間にかどっかのスレのように

「エサだぞ」
「ぶひぃ!!」

みたいな訓練された読者になりそうだからヤメテ(´・ω・`)

261 :どこかの名無しさん[sage]:12/09/07 20:39 ID:DX9NerVk
なむさんくるー!?
こいつは盛り上がってきやがる乙

262 :鬼畜王陛下 ◆EFI9gDIYJk[]:12/09/07 21:54 ID:Ds1T/9jk
今度は近親とは関係ない発言してなんか特定された!? 何故だ・・・!

263 :どこかの名無しさん[sage]:12/09/07 21:57 ID:CWgpjJk6
いやバレバレだからw

264 :どこかの名無しさん[sage]:12/09/07 21:57 ID:ozGxQFcY
近親相姦オーラがにじみでているのではw

265 :どこかの名無しさん[sage]:12/09/07 22:10 ID:Peo4Ruzc
やる夫スレそんなに見てなくてもわかるぐらいでしたよw

266 :どこかの名無しさん[sage]:12/09/07 23:09 ID:dSHijKKo
配役的にあの人よく使ってる人なんて少ないからねえw

267 :どこかの名無しさん[sage]:12/09/08 00:51 ID:HQvDfHZU
聖の相手は誰だろ?
シロウはでたからない夫か?

268 :鬼畜王陛下 ◆EFI9gDIYJk[]:12/09/08 01:00 ID:vcDt6hZI
んー、とりあえず今日はもう寝よう。
でも丁度よさげなところまではかけた。投下していい?
明日はちょっと朝投げられる余裕なさそうだし・・・

269 :どこかの名無しさん[sage]:12/09/08 01:01 ID:pKDa1TW6
おk!


前話   目次   次話

inserted by FC2 system